So-net無料ブログ作成

4KにHDRに3D、どんな映像も設置するだけで大画面で楽しむことが出来る、超短焦点ホームシアタープロジェクター『VPL-VZ1000』! [テレビ・プロジェクター関係]



壁際に置くだけで100インチの迫力ある「4K HDR」映像が楽しめる、4K 超短焦点ホームシアタープロジェクター『VPL-VZ1000』が、ソニーより発表されました。

発売日は4月22日、ソニーストアでは既に先行予約販売を開始しております。

CES2017でも発表されていた製品ですので、個人的にも非常に気になっていた製品なんですよね。

ではどういった製品なのか、細かく見ていきましょう!


 4K 超短焦点ホームシアタープロジェクター『VPL-VZ1000』

  ソニーストア販売価格:1,980,000 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

【プレスリリース】
 壁際に置くだけで、リビングなどで100 インチ※1の迫力ある4K HDR映像を楽しめる超短焦点ホームシアタープロジェクター『VPL-VZ1000』発売





4K 超短焦点ホームシアタープロジェクター『VPL-VZ1000』の特徴をざっくりまとめると以下の通り。

 ● 超短焦点ズームレンズを搭載し、省スペースで4K大画面投写が可能
 ● 使用していない時にホコリの侵入を抑えるスライドドア(手動)
 ● ケーブルを隠し、デザイン性を高めたサイドカバー
 ● レーザー光源(Z-Phosphor)採用
   ⇒ 2,500lm(ルーメン)の高輝度と約20,000時間の長時間使用を実現
   ⇒ 全体の明暗の差が大きいHDRの映像もきれいに表現
 ● リアリティーが飛躍的に向上する、HDR(High Dynamic Range)対応
 ● 色彩豊かな映像を再現する「トリルミナス(R)ディスプレイ」
 ● BT.709やBT.2020規格のカラースペースモードを搭載
 ● 映像シーンに応じた最適コントラストを自動調整する「コントラストエンハンサー」
 ● 4K映像を忠実に描きだす、ネイティブ4K(水平4,096×垂直2,160画素)パネル搭載
 ● スクリーンの高さの1.5倍の距離で視聴可能
 ● 4K解像度(4K/60p信号含む)のコンテンツを、劣化なく高精細なまま視聴可能
 ● 高品位な4K映像を生成する「データベース型超解像処理LSI」搭載
 ● オリジナル4Kマスターに近い映像を楽しめる「Mastered in 4K」モード搭載
 ● 明るくクロストークの少ない4K画質の3D映像を実現
 ● 色バランスのズレを自動で補正する「オートキャリブレーション」機能
 ● 2D/3D専用の設定がおこなえる「9種類のピクチャープリセット」
 ● きめ細かな画質調整が可能な「11種類のガンマモード」
 ● HDCP2.2 & 18Gbpsの入力信号(伝送帯域)に対応したHDMI入力端子を4系統装備
 ● 低遅延でストレスなくゲームを楽しめる「遅延低減モード」

超短焦点ホームシアタープロジェクター初の4K HDR対応モデルで、インテリアにも調和しやすい優れた設置性を兼備



超短焦点レンズにより壁際の至近距離から大画面の映像を投写できるので、通常のプロジェクターと違い、人の影の映り込みを気にすることなく、迫力ある大画面映像を楽しめるのが大きなメリット。

設置工事の必要性等が必要なく、壁際に置くだけで80インチから最大120インチの大画面で映像を楽しむことが出来るのも、超短焦点ホームシアタープロジェクターのメリットと言えますよね!

【レーザー光源Z-Phosphorなどにより2,500ルーメンの高輝度で、迫力あるHDR映像を鮮明に表現】


ホーム用ビデオプロジェクターの光源にレーザー光源(Z-Phosphor)を採用したことで、近距離からの投射により、明るい部屋においても、大型スクリーンでの力強い映像表現と純度の高い色再現が可能に。



映像の入力信号に合わせ遅延のない調光が可能で、全体の明暗の差が大きいHDRの映像も、暗い箇所から明るい箇所まで黒つぶれや白とびすることなく細部まできれいに表現することが出来ます。

また従来のランプ光源の寿命よりも長い、約20,000時間の長時間使用が可能なのも大きなポイント。



全体の明暗の差が大きい映像でも細部まできれいに表現が可能な「HDR(High Dynamic Range)」にも対応。

4Kブルーレイディスクに採用されているHDR10方式に加え、放送用のHLG(Hybrid Log Gamma)にも対応しているので、よりリアルな映像で楽しむことが出来ます。

【4K映像を臨場感豊かに再現する、ネイティブ4K SXRD パネルなどのソニー独自の高画質技術】


劇場用のデジタルシネマプロジェクターに搭載している1.55型「4K SXRD」と同じ解像度「有効885万画素(水平4,096×垂直2,160画素)」をもつホームプロジェクター用のネイティブ4Kパネル0.74型「4K SXRD」を搭載。



更にソニーが十数年培ってきた「データベース型超解像処理LSI(リアリティークリエーション)」も搭載し、フルHDの映像も、画像に合わせて最適に超解像処理(4K映像へのアップコンバート変換)を行い、きめ細やかで高品位な4K映像を再現します。



何気に嬉しいのは、3Dにも対応していること。

映像のライティングスピードを2倍に向上することにより3D特有のクロストーク現象を極限まで低減、左目用、右目用のフルHD解像度の映像信号はリアリティークリエーションにより高精細な4K映像信号に変換されており、3Dも4K画質で楽しむことができます。

より詳細な仕様について、こちらの公式ページよりご確認下さい。



実にソニーらしい、いい製品ですよね。

価格的には私のような一般人が購入出来るモノでは無いですが、同じソニーからは、ポータブルタイプの短焦点プロジェクター『LSPX-P1』が10万円を切る価格で発売されています。


 ポータブル超短焦点プロジェクター『LSPX-P1』

  ソニーストア販売価格:92,500 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

その内この製品も、50万くらいで購入出来るようになれば、更に魅力的な商品になるかと思いますので、是非頑張って後継機を出していって欲しいと思います。



ちなみにソニーストア直営店では、上記期間、先行展示を実施中です。

私も実機をひと目確認したいと思っているので、開催中にストアで行ってみようと思います。

欲しくなっても買えないので、その分気楽に見られると思いますのでw



“大画面”の新しい提案。超短焦点4K HDRプロジェクター誕生


 【ソニーストア】4K 超短焦点ホームシアタープロジェクター『VPL-VZ1000』のご案内はこちらからどうぞ





nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 7

コメント 0

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました