So-net無料ブログ作成

新型ウォークマン『A40シリーズ』発表!DAC機能など進化ポイントをまとめてみた!! [ウォークマン・ICレコーダー関連]



ハイレゾ音源を手軽に楽しめるプレイヤーとして人気のあったウォークマンAシリーズが、『A40シリーズ』として新しく登場しました!

今回はマイナーチェンジということで、外観では色味が少し変わったくらいで、どこが進化したのか非常にわかりにくいモデルとなっています。

基本性能は先代『A30シリーズ』を引き継いでいますので、当blogでは進化したポイントを中心に解説していきたいと思います。


 “ウォークマン” A40シリーズ『NW-A45』

  ソニーストア販売価格:21,880 円+税
  カラーバリエーション:5色
   ⇒ 商品詳細はこちら


 “ウォークマン” A40シリーズ『NW-A45HN』

  ソニーストア販売価格:28,880 円+税
  カラーバリエーション:5色
   ⇒ 商品詳細はこちら


 “ウォークマン” A40シリーズ『NW-A46HN』

  ソニーストア販売価格:33,880 円+税
  カラーバリエーション:5色
   ⇒ 商品詳細はこちら


 “ウォークマン” A40シリーズ『NW-A47』

  ソニーストア販売価格:36,880 円+税
  カラーバリエーション:5色
   ⇒ 商品詳細はこちら


【プレスリリース】
フラッグシップWM1シリーズの技術要素を搭載、新ZXシリーズほかウォークマンを発売




まずはウォークマン『A40シリーズ』の主な仕様をまとめてみました。

【ハイレゾ音源に対応】
  • 音の情報量がCDの約6.5倍ある(192kHz/24bitの場合)ハイレゾ音源に対応
  • 高音域再生におけるノイズ除去性能を高めたフルデジタルアンプ「S-Master HX」を搭載
  • CDやMP3などの圧縮音源を、ハイレゾ相当の情報量をもつ高解像度音源に自動でアップスケーリングする「DSEE HX」搭載


【高音質を実現する本体設計】
  • 44.1kHz系と48kHz系のデュアルクロック搭載、ベールが取れたような透明感のあるサウンドを実現
  • コンデンサーに「POSCAP」を5基搭載、ノイズが少なく透明感のある音質に
  • 「S-Master HX」の ICに高音質はんだを採用、透明感、艶のあるボーカルを実現
  • バッテリーから最短ルートで「S-Master」の電源が通るように基板配置を改善
  • 引き締まった低音を実現する「導電ビス」採用
  • 電池部に抵抗が低いケーブルを採用、力強く重厚な低音を実現
  • 本体フレームにアルミダイキャストを使用、ノイズが入りにくく安定した音質を実現


【ソフトウェアによる高音質化】
  • 音源に応じて多彩なイコライザーから音質を選択可能
  • 豊かな低域を実現する「DCフェーズリニアライザー」搭載
  • ソニーのいい音を手軽に楽しめる「クリアオーディオプラス」搭載


【デザイン・操作性】
  • 音楽再生に特化した操作画面
  • 片手で快適に操作できる3.1型のタッチパネル液晶(WVGA 800×480ドット)採用
  • 画面を見なくても楽曲操作ができるハードウェアボタンを装備
  • 自分のスタイルに合わせて選べる5色のカラーバリエーション
  • 別売リモコンに対応


【付属ヘッドホン・便利機能】
  • 本体と同色のヘッドホンが付属(型番に『HN』が付くモデル)、ハイレゾ対応デジタルノイズキャンセリング機能や、周囲の音を聞き取りやすくする外音取り込み機能に対応


【拡張性】
  • microSDメモリーカードに対応
  • 内蔵メモリー、外部メモリーを意識せず操作可能
  • USB Audio(デジタル出力に対応)、USB-DAC機能に対応
  • ハイレゾ再生、スタミナ約30時間


【ワイヤレスで楽しめる】
  • Bluetooth機能搭載
  • ハイレゾ音源をハイレゾ相当の音質でワイヤレスリスニング可能な高音質コーデック「LDAC」に対応
  • 高音質・低遅延のaptXコーデックに対応「aptX HD audio」にもアップデートで対応予定
  • 「NFC」搭載のヘッドホンやスピーカーなどとのペアリングから接続・切断・接続切り替えが、ワンタッチで可能


【語学学習やラジオを楽しむ】
  • 再生スピードを21段階で調節可能な「再生スピードコントロール」対応
  • 任意の地点(A-B間)を指定してのリピート再生が可能な「A-Bリピート再生」対応
  • FMチューナーを内蔵
  • AMラジオの番組をFM放送の周波数で聴ける、FM補完放送に対応


進化したポイントはここ!




まずはぱっと見で分かる変化といえば、カラーラインナップが一新された所でしょうね。

先代『A30シリーズ』では、深みのある色合いから色鮮やかなものまでハッキリとしたカラーラインナップでしたが、今回は彩度と明度を抑えた落ち着いた色調を採用し、ファッションやライフスタイルに溶け込みやすいカラーラインナップとなりました。

個人的には今回のカラーラインナップの方が、落ち着いた感じがして好きですが、若者ウケするのは先代モデルのような気がしないでもないです^^;




基板改善による音質向上も大きなポイントの1つ。

ソニーのアンプなどにも使用されている、ソニー専用の「高音質はんだ」を使用することで、透明感、艶のあるボーカルを実現していたり、バッテリーから最短ルートで「S-Master」の電源が通るように基板配置を改善することで、定位向上とボーカルの安定化を達成しています。

マイナーチェンジモデルとはいえ、音質への拘りはさすがですね。



新しい機能として、ヘッドホンの外側に配置しているマイクで、周囲の音を取り込むことができる「外音取り込み機能」に対応しました。

といってもこの機能を使うには、ヘッドホン同梱モデル(型番に「HN」が付くモデル)を購入するか、対応ヘッドホン『IER-NW500N』を使用する必要があります。


 外音取り込み機能・デジタルノイズキャンセリング機能搭載ハイレゾ・オーディオ対応ウォークマン専用ヘッドホン『IER-NW500N』

  ソニーストア販売価格:11,880円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

この機能をオンにすれば、音楽を楽しみながらでも外音が取り込めるので、周囲の状況に気を配りながら音楽を楽しむことが可能に。

当然従来の機種にもあったノイズキャンセリング機能にも対応しています。

注意点は、別売で購入出来る対応ヘッドホン『IER-NW500N』のカラーモデルはブラックしかないということ。

本体とカラーを揃えたいという方は、同梱モデルを選択してくださいね!

またウォークマンをポータブルアンプのように使って、パソコンの中の音源を高音質で楽しめる「USB-DAC」機能にも対応

PCで再生した楽曲やYouTubeの音声などを、より高音質に楽しむことが出来ます。

ワイヤレス面でも、何故か『A30シリーズ』では対応していなかった「apt-X」にも新しく対応、更に「48kHz/24bit」の音声データが伝送可能な「Qualcomm aptX HD audio」も、ソフトウェアアップデートで対応、「MQA」コーデックにもアップデートで対応するとのことです。

デザインの変化だけでなく、機能追加や音質向上など、マイナーチェンジとはいえ着実に進化しているのがわかりますね!

以上、ウォークマン『A40シリーズ』について紹介させていただきました。



価格的にも買いやすい、ハイレゾ入門機として人気のあるAシリーズ。

ソニーストアを見ると、メモリー容量64GBと最も大きいモデル『NW-A47』が、ヘッドホンを同梱しないモデルに変更となっています。

確かに大容量搭載モデルを購入する方の多くは、お気に入りのヘッドホン/イヤホンを持っている方も多いでしょうから、そういった方が少しでも安く購入頂けるこの選択肢は正しいと思いますね。



 ・ウォークマン『NW-A45』(16GBモデル) ムーンリットブルー
 ・ワイヤレスヘッドセット『h.ear on 2 Mini Wireless(WH-H800/L)』
 ・オリジナルロールアップポーチ

がセットになった、『ウォークマンA40シリーズ Moonlit Blue Special BOX』が、限定数1,000台 ソニーストアオリジナルモデルとして登場!


 “ウォークマン” A40シリーズ MoonlitBlue Special BOX『NW-A45KIT』

  ソニーストア販売価格:44,880 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

 ※ 10月4日(水)までの期間限定モデルでもあります

気になる方はなくなる前にどうぞ!

【2017/09/22 18:30 追記】

ウォークマンのカラバリを実機で確認してきました!


ソニーストアでウォークマンの本体色味を確認してきました。参考にして頂けたらと思います。
 ⇒ ウォークマン『NW-A40シリーズ』と一緒に購入したいアクセサリー達(実機フォトレビュー付き) [17.09.22 記載]

【2017/09/17 08:30 追記】

対応アクセサリーを見てきました!


ソニーストアでアクセサリーを確認してきました。ケースの色合いなど参考にして頂けたらと思います。
 ⇒ ウォークマン『NW-A40シリーズ』と一緒に購入したいアクセサリー達(実機フォトレビュー付き) [17.09.16 記載]

【2017/09/12 16:10 追記】

早くもウォークマンコラボモデル登場!




関連エントリー

 ・「ハイキュー!!」コラボのウォークマン「劇場版総集編公開記念コラボレーション ハイキュー!!×ウォークマン」登場、メール登録受付中![17.09.12 記載]



関連エントリー

 ・新型ウォークマン『A40シリーズ』に早くも「ウォークマン[レジスタードトレードマーク]Aシリーズ × sphere(スフィア)コラボレーションモデル」登場、メール登録受付中![17.09.08記載]



スタイルにも、音質にも、音楽プレーヤーのこだわりを


 【ソニーストア】“ウォークマン”『NW-A40シリーズ』のご案内はこちらからどうぞ


関連エントリー

 ・【速報】WMシリーズの性能をコンパクトボディに凝縮したウォークマン『NW-ZX300』とUSB DAC機能やaptX HDに対応した『NW-A40シリーズ』、国内でも正式発表![17.09.05 記載]



ウォークマンの表面をキズや汚れから守るシリコンケース


 【ソニーストア】NW-A40シリーズ専用 シリコンケース『CKM-NWA40』のご案内はこちらからどうぞ




ウォークマンの表面をキズや汚れから守るソフトケース


 【ソニーストア】NW-A40シリーズ専用 ソフトケース『CKS-NWA40』のご案内はこちらからどうぞ





nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 9

コメント 0

Facebook コメント