So-net無料ブログ作成
検索選択

インナーイヤータイプでも最強ノイキャンが堪能できる、ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット『WI-1000X』! [ヘッドホン・スピーカー・ホームシアター関連]



完全ワイヤレスな1000Xシリーズ『WF-1000X』に続き紹介させて頂くのは、「1000Xシリーズ」の中でも個人的に一番注目している製品、インナーイヤータイプの『WI-1000X』。

昨年冬よりずっと愛用してきたヘッドホン『MDR-1000X』の後継機種として、まさかのインナイヤータイプの登場ですからね、発表された時は興奮しましたよ。

今回発表された『WI-1000X』は、インナーイヤータイプでありながら、『1000X』シリーズ特有の、

 ・強烈なノイズキャンセリング機能
 ・ワイヤレスなのに高音質

などが、よりパワーアップして引き継がれているとのこと、イヤホン好きな私としては、当然気になる製品なんですよね^^

では早速『WI-1000X』を詳しく見ていく事にしましょう!


 ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット『WI-1000X』

  ソニーストア販売価格:34,880 円+税
  カラーバリエーション:ブラック/シャンパンゴールド
   ⇒ 商品詳細はこちら

 ※ 発売は「2017年10月7日(土)」、ソニーストアでは既に先行予約販売を開始しております。





まずはワイヤレスヘッドセット『WI-1000X』の主な仕様をまとめてみます。

  • より静かな環境で音楽を楽しめる「デュアルノイズセンサーテクノロジー」搭載で、業界最高クラスのノイズキャンセリング機能を搭載
  • 3つのノイズキャンセリングモードの中からその場に適したモードを自動で選択する「フルオートAIノイズキャンセリング機能」
  • 気圧の変化に応じてノイズキャンセリング性能を最適化
  • Bluetooth Audioの最大約3倍の情報量で伝送できる、高音質コーデック「LDAC」に対応
  • CD音源や圧縮音源をハイレゾ相当の高音質にする「DSEE HX」対応
  • ハイレゾ音源のディテールを忠実に再現する「S-Master HX」搭載
  • 音楽を聴きながら、周囲の音も聞ける「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」搭載
  • 専用アプリ「Headphones Connect」に対応。外音取り込みのモードの切り替えやサウンドエフェクトのカスタマイズが可能
  • 小型高感度9mmダイナミックドライバーユニットと、小型化・高音質化を実現したバランスド・アーマチュア・ドライバーユニットを組み合わせた「HDハイブリッドドライバーシステム」を搭載
  • 首元でスマートフォンなどのプレーヤーをかんたん操作
  • スマートフォンの通知を知らせてくれる、バイブレーション機能搭載
  • 「Google Now」や「Siri」などのスマートフォンアシスタント機能の起動も可能
  • 「NFC」搭載のヘッドホンやスピーカーなどとのペアリングから接続・切断・接続切り替えが、ワンタッチで可能
  • スマートフォンやiPhone、携帯電話でのハンズフリー通話が可能
  • ウォークマンなどの音楽再生機器とスマートフォンなどの通話機器、それぞれ1台ずつに同時接続できるマルチポイントにも対応
  • 8台までの機器とペアリングできるマルチペアリングに対応
  • 長時間のリスニングも快適なネックバンドスタイル
  • ケーブルがわずらわしくならないケーブルマネジメント構造
  • 高い遮音性と長時間の快適な装着性を実現するトリプルコンフォートイヤーピース付属
  • 付属ヘッドホンケーブルで優先接続も可能


 連続音楽再生時間:約10時間(NC/BT ON時)
 充電時間:約3.5時間
 質量:約71g(本体 約61g)

業界最高クラスのノイズキャンセリング機能を搭載!



最大の特徴は、インナーイヤータイプでありながら業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現しているところ。



ヘッドホンの外側と内側に配置した2つのセンサー(マイク)で集音したノイズを、DNC(デジタルノイズキャンセリング)ソフトウェアエンジンにより、ノイズを打ち消す効果のある逆位相の音を高精度に生成することで、ノイズのないクリアな音楽再生を実現

小さなヘッドホン前後に2つもマイクを搭載し、高性能なノイズキャンセリング性能を実現したわけですね、ホント、すごい技術ですよね。



さらにこのマイクから集音したノイズを分析し、3つのノイズキャンセリングモードの中からその場に適したモードを自動で選択してくれる「フルオートAIノイズキャンセリング機能」や、気圧の変化に応じて、ノイズキャンセリング性能を最適化する機能にも対応!



スマホ用専用アプリ「Headphones Connect」を使えば、より追い込んだカスタマイズも可能。

 ・ノイズキャンセリングのON/OFF、調整
 ・外音の取り込み方のレベルを20段階で調整可能
 ・ボイスフォーカス機能 ON/OFF
 ・アダプティブサウンドコントロール ON/OFF 各種調整 ※1
 ・Arena/Club/OFFなど5種類から音場設定の変更
 ・Relax/Bass Boostなど8種類のプリセットからイコライザーの変更
 ・音楽が聞こえてくる方向を指定するサウンドポジションコントロール
 ・ノイズキャンセリングの最適化
 ・音質モードの切り替え
 ・DSEE HXのON/OFF
 ・バイブレーション機能のON/OFF

  ※1 加速度センサーにより、止まっている時/歩いている時/
     走っている時/乗り物に乗っている時の4パターンの行動を感知

これだけの設定が、アプリ内でカンタンに変更することが出来ます。



アダプティブサウンドコントロールを利用することで、あらかじめ各パターンで設定しておいたノイズキャンセリングや外音取り込みのモードに、自動で切り替えて楽しむこと事も出来ます。

例えば、

 ・じっくり椅子に座りながら音楽を楽しむ時 ⇒ ノイキャン機能ON
 ・走っている時 ⇒ 車の音を気にしたいので「外音取り込み・ノーマルモード」
 ・乗り物に乗っている時 ⇒ アナウンスを気にしたいので「外音取り込み・ボイスモード」

に設定しておけば、センサーが動きを検知し、走っている時/車に乗っている時・・などを自動で判断し、モードをそれぞれ設定しておいた値に切り替えてくれます。

『WI-1000X』では更に各設定の微調整も出来るので、より自分に合った設定にすることも出来ます。

これはなかなか便利な機能ですよね!

高音質を実現する本体設計



もう1つの売りである「高音質」に関しても、もちろんヌカリはありません。

専用設計の小型高感度9mmダイナミックドライバーユニットと、小型化・高音質化を実現したバランスド・アーマチュア・ドライバーユニットを組み合わせた、「HDハイブリッドドライバーシステム」を搭載

イヤホン自体は、密閉型インナーイヤーレシーバー『XBA-N3/N1』と同様のシステムを採用することで、クリアで深みのある低音から鮮やかできめ細かい高音までの広帯域再生と、高い装着性の両立を実現。



またハイレゾ音源のディテールを忠実に再現する「S-Master HX」を搭載することで、ハイレゾ音源の再生帯域におけるノイズ除去性能の改善を実施、バランス出力を採用することで、クロストークとノイズ改善をも実現しています。



ワイヤレス環境に応じて選べる複数の伝送レートをサポートする、高音質コーデック「LDAC」にももちろん対応

ハイレゾ音源を990kbps(従来のBluetoothAudioの最大約3倍の情報量)で伝送することで、ハイレゾ音源をワイヤレスでもハイレゾ相当の音質で音楽を楽しむことが出来ます。

他にも、「aptX/aptX HD」にも対応していますので、再生側の機器を問わず、快適なワイヤレスリスニングを楽しむことが出来ます。



ハイレゾ相当の音質(最大96kHz/24bit)に変換してくれる『DSEE HX』も本体に内蔵されていますので、MP3やゲーム、Youtubeの音声も、よりクリアで躍動感のあるサウンドでを楽しむことも出来ます。

便利な機能もいろいろと!



音楽を聴きながら、周囲の音も聞ける「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」を搭載。

音楽を聞いている状態でも外音を取り込むことが出来るので、駅のアナウンスや車の音などを気にしながら音楽を楽しむことができます。



またネックバンドに搭載されている操作ボタンを使ってスマートフォンなどの音楽再生機の曲送り/戻し、再生/一時停止、音量調節、さらには電話の着信を受けたり終話させたりなどの操作も可能。

更にSiriやGoogleアプリといったスマートフォンの音声アシスタント機能の起動にも対応、スマートフォンを取り出さず、ヘッドホン側の操作と音声操作により、電話をかけたり音楽を再生したり、天気予報などのちょっとした調べ物をすることも可能、この機能、時間を確認したい時に便利なんですよね^^



R側には、ノイキャン機能のオン/OFF、アンビエントサウンドモードの切り替えなどに使うボタンも搭載。

操作系も『WF-1000X』と統一されていて、非常に分かりやすいですね!



他にも、装着時の快適さと使い勝手を考慮したネックバンドスタイルを採用している点や、付属ケースに収納するとき時などもケーブルが絡まる事のないケーブルマネジメント構造を採用している点など、使い勝手を重視した機能も多く備わっています。

より詳細な仕様については、こちらの公式ページにてご確認下さい。



完全ワイヤレス『WF-1000X』も気になりますが、音質と使い勝手を考えると、この『WI-1000X』の方が個人的にはより気になる存在ですね。

どちらかひとつは購入することになると思いますが、実機を触る前の今の段階では、音質にも力を入れている『WI-1000X』が一歩リードって感じですかね^^

既にソニーストア直営店では先行展示を開始していますので、気になる方は是非来店されてみては?

私も明日、実機をじっくり触ってこようかと思います。

以上、全盛りインナーイヤーヘッドセット『WI-1000X』のご紹介でした。

【2017/09/16 17:44 更新】
ソニーストアで実機を見てきた様子をblogにアップしました。想像以上の高音質・ノイキャンの効きにビックリです。
 ⇒ ウォークマン『NW-A40シリーズ』と一緒に購入したいアクセサリー達(実機フォトレビュー付き) [17.09.16 記載]



ノイズからもケーブルからも解き放たれ、こだわりの高音質に浸る。ハイレゾ級ノイキャンワイヤレス


 【ソニーストア】ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット『WI-1000X』のご案内はこちらからどうぞ


関連エントリー

 ・ウォークマン『NW-A40シリーズ』と一緒に購入したいアクセサリー達(実機フォトレビュー付き) [17.09.16 記載]
 ・【速報】ノイキャン搭載完全ワイヤレス『WF-1000X』やネックバンド型ヘッドホン『WI-1000X』など11機種、国内でも正式発表![17.09.05 記載]



ノイズからもケーブルからも解き放たれ、こだわりの高音質に浸る。スマートノイキャンワイヤレス


 【ソニーストア】ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット『WF-1000X』のご案内はこちらからどうぞ


関連エントリー

 ・ソニーも遂に完全ワイヤレスヘッドセット市場に参戦!コードだけでなくノイズからも解放される『WF-1000X』!![17.09.11 記載]
 ・【速報】ノイキャン搭載完全ワイヤレス『WF-1000X』やネックバンド型ヘッドホン『WI-1000X』など11機種、国内でも正式発表![17.09.05 記載]



ノイズからもケーブルからも解き放たれ、こだわりの高音質に浸る。 ハイレゾ級ノイキャンワイヤレス


 【ソニーストア】ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット『WH-1000XM2』のご案内はこちらからどうぞ


関連エントリー

 ・【速報】ノイキャン搭載完全ワイヤレス『WF-1000X』やネックバンド型ヘッドホン『WI-1000X』など11機種、国内でも正式発表![17.09.05 記載]



スタイルも音も自分らしく。ノイズを気にせずいい音を楽しむ


 【ソニーストア】ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット『h.ear on 2 Wireless NC(WH-H900N)』のご案内はこちらからどうぞ




スタイルも音も自分らしく。スタイリッシュにいい音を楽しむ


 【ソニーストア】ワイヤレスステレオヘッドセット『h.ear on 2 Mini Wireless(WH-H800)』のご案内はこちらからどうぞ




スタイルも音も自分らしく。軽やかにいい音を楽しむ


 【ソニーストア】ワイヤレスステレオヘッドセット『h.ear in 2 Wireless(WI-H700)』のご案内はこちらからどうぞ




スタイルも音も自分らしく。いい音を楽しむ


 【ソニーストア】ステレオヘッドホン『h.ear on 2(MDR-H600A)』のご案内はこちらからどうぞ




スタイルも音も自分らしく。いい音を楽しむ


 【ソニーストア】密閉型インナーイヤーレシーバー『h.ear in 2(IER-H500A)』のご案内はこちらからどうぞ




バッテリーを気にせず、手軽にワイヤレスリスニングを楽しむ


 【ソニーストア】ワイヤレスステレオヘッドセット『WI-C400』のご案内はこちらからどうぞ




MDR-1Aをバランス接続で。手軽にもっといい音を楽しむ


 【ソニーストア】ステレオヘッドホン『MDR-1ABP』のご案内はこちらからどうぞ




XBA-N3をバランス接続で。手軽にもっといい音を楽しむ


 【ソニーストア】密閉型インナーイヤーレシーバー『XBA-N3BP』のご案内はこちらからどうぞ




音楽専用機ならではの高音質体験が楽しめるソニーウォークマンを徹底レビュー!

音楽専用機ならではの高音質体験が楽しめるソニーウォークマンを徹底レビュー!

当店では音楽再生に特化した「ウォークマン」の実機を使用したレビュー記事を多数掲載しています。各モデルごとに用意されたケースなども徹底解説しています。
是非こちらもご確認下さい!








nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 2

コメント 0

Facebook コメント