So-net無料ブログ作成

【実機レビュー】防滴仕様のワイヤレスヘッド『WI-SP600N』『WI-SP500』レビュー、『WI-SP500』はコスパ高し! [ヘッドホン・スピーカー・ホームシアター関連]



ロングバッテリーに音量調整も可能な防滴対応ワイヤレスヘッドセット『WI-SP600N』』と、1万円以内で購入出来る防滴対応ワイヤレスヘッドセット『WI-SP500』。

どちらの機種も、同時に発表された完全ワイヤレス『WF-SP700N』程スポットを浴びることがないなかなかかわいそうな機種ですが、よく調べてみるとなかなかよく出来ている機種なんですよね。

偶然これらの機種も実機を触れるチャンスがありましたので、カンタンに実機レビューをしたいと思います。

【プレスリリース】
左右独立型として世界初、ノイズキャンセリングと防滴性能(IPX4)を両立した『WF-SP700N』 “普段使い“にも調和するスポーツ向けワイヤレスヘッドホン3機種発売


ロングバッテリーに音量調整も可能な防滴対応ワイヤレスヘッドセット


 ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット『WI-SP600N』

  ソニーストア販売価格:18,880 円+税
  カラーバリエーション:ホワイト/ブラック/イエロー/ピンク
   ⇒ 商品詳細はこちら

主な特徴は以下の通り。

  • 走行音やエンジンノイズなどさまざまな騒音を低減するデジタルノイズキャンセリング機能搭載
  • ヘッドホンに内蔵されたマイクロホンで、環境音や人の声を取り込む「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」を搭載
  • JIS防水保護等級IPX4相当の防滴対応
  • 最大6時間のロングスタミナ
  • 迫力の重低音 EXTRA BASS sound搭載
  • 新開発サポーターで高い装着性を実現
  • アプリ「Headphones Connect」に対応
  • 「Relaxed」や「Bass Boost」など8種類のプリセットからお好みのエフェクトを選択可能
  • 本体左側ボタン二度押しであらかじめ設定しておいた「外音コントロール」と「イコライザー」に瞬時に切り替えることが可能
  • スマートフォンやiPhone、携帯電話でのハンズフリー通話が可能
  • 耳元でスマートフォンなどの音楽再生機の曲送り/戻し、再生/一時停止、音量の調節、ノイズキャンセリング/外音取り込みの切り替え、さらには電話の着信を受けたり終話させたりなどの操作が可能
  • SiriやGoogleアプリといったスマートフォンの音声アシスタント機能の起動にも対応
  • ワンタッチ接続(NFC)機能搭載
  • ウォークマンなどの音楽再生機器(A2DPプロファイル)とスマートフォンなどの通話機器(HFPまたはHSPプロファイル)、それぞれ1台ずつに同時接続できるマルチポイントにも対応
  • 8台までの機器とペアリングできるマルチペアリングに対応
  • SBCに加えてAACに対応、ワイヤレスでも高音質
  • スポーツ時だけでなく日常のファッションにも合わせやすい4カラーラインナップ




こちらが本体と付属品、添付資料一式。

付属品は、

 ・マイクロUSBケーブル(約50 cm)
 ・ハイブリッドイヤーピースロング(SS/S/M/L 各2)※1
 ・アークサポーター(M/L 各2) ※1

 ※1 Mサイズは既にヘッドセット本体に装着済み

充電に必要なACアダプターは付属していませんので、別途用意しないといけない点は注意が必要。


 USB ACアダプター「AC-UD20」

  ソニーストア販売価格:2,362 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

取説によると推奨ACアダプターはこちら。



今回レビューしているカラバリはホワイト。






ホワイトとシルバーのツートンカラーがなかなか美しいですよね!



楽曲操作などはこちらのリモコンを使用。

楽曲操作だけで無く音声アシストの呼び出しやノイズキャンセリング機能の切替なども行えます。

搭載されているボタンは

 ・再生停止ボタン
 ・ボリュームボタン(+)
 ・ボリュームボタン(-)



 ・ノイキャン/外音取込 切替ボタン
 ・電源ボタン

の5つ。



充電用のmicroUSB端子も搭載されています。

各ボタンの操作方法は以下の通り。


 ※ 楽曲操作


 ※ 通話時の操作


 ※ ノイキャン/外音取込 切替操作


 ※ 音声アシスト操作

完全ワイヤレスヘッドセット『WF-SP700N』ではなかった音量調整ボタンが搭載されているのはありがたいですよね!



スマホアプリ『Headphones Connect』にも対応、イコライザーやクイックサウンドの切替などがスマホで設定することが出来ます。



少しだけですが実際に使って感じたことを書きます。

【音質】
  • 悪くないです。私自身普段は『WI-1000X』を使っているので、さすがにそれと比べるとこもった感じはありますが、低音もよく出ていてイイ感じです。

【使用感】
  • コードに操作系を担うコントロールボックスが付いたことで、コードがあることでの存在感が倍増している気がします。私の場合はタッチノイズも気にりました。

【操作性】
  • 操作性は慣れればかなりイイです。なんといっても音量調整が手元で出来るのは本当に有り難い!

【ノイズキャンセリング機能】
  • 効果あります・・が、愛用の『WI-1000X』に比べると一段劣るという感じ。同時に発売された完全ワイヤレスの『WF-SP700N』と同等レベル

【外音取込機能】
  • ある程度音量が小さいと効果ありますが、音量を上げるのと比例して効果が薄くなります。

【ハンズフリー機能】
  • マイクの位置が悪いのか、私が話したことが伝わらないことが何度かありました。あまりイイとはいえないですね

【音声遅延】
  • 動画再生してみましたが、遅延はほぼ無いです。動画をみていても違和感なく試聴することが出来ます。




Bluetoothも「NFC」登載でワンタッチ設定/接続可能、スマホなどと連携することでハンズフリー通話にも対応するなど、かゆいところに手が届く便利なヘッドセット。

音声の遅延もなくなかなかいい製品なのですが、やはりコードが気になります。

価格的には同日に発売された完全ワイヤレスヘッドセット『WF-SP700N』との差額が4,000円ならば、コードがないことの快適性だけでもその差額分、幸せになれるような気がします。

1万円以内で購入出来る防滴対応ワイヤレスヘッドセット


 ワイヤレスステレオヘッドセット『WI-SP500』

  ソニーストア販売価格:8,880 円+税
  カラーバリエーション:ホワイト/ブラック/イエロー/ピンク
   ⇒ 商品詳細はこちら

主な特徴は以下の通り。

  • 周囲の環境音も聞きやすいインイヤー型(開放型)
  • JIS防水保護等級IPX4相当の防滴対応
  • 耳に合わせた形状で、突起状の滑りにくいイヤーチップを採用、激しい運動でも外れにくい高い装着性を実現
  • 最大8時間のロングスタミナ
  • スマートフォンやiPhone、携帯電話でのハンズフリー通話が可能
  • 耳元でスマートフォンなどの音楽再生機の曲送り/戻し、再生/一時停止、音量の調節、さらには電話の着信を受けたり終話させたりなどの操作が可能
  • SiriやGoogleアプリといったスマートフォンの音声アシスタント機能の起動にも対応
  • ワンタッチ接続(NFC)機能搭載
  • 8台までの機器とペアリングできるマルチペアリングに対応
  • SBCに加えてAACに対応、ワイヤレスでも高音質
  • コンパクトに持ち運べるキャリングホルダーを付属
  • スポーツ時だけでなく日常のファッションにも合わせやすい4カラーラインナップ




こちらが本体と付属品、添付資料一式。

付属品は、

 ・マイクロUSBケーブル(約50 cm)
 ・キャリングホルダー
 ・イヤーチップ(S/M 各2) ※1

 ※1 Mサイズは既にヘッドセット本体に装着済み

充電に必要なACアダプターは付属していませんので、別途用意しないといけない点は注意が必要。


 USB ACアダプター「AC-UD20」

  ソニーストア販売価格:2,362 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

取説によると推奨ACアダプターはこちら。




今回レビューしているカラバリはイエロー。

ポップなカラーバリエーションなので人を選びますが、耳垢が目立ちにくいという利点もあったり無かったり^^;

操作ボタンや入力端子などはは全て「R」側に集中していて、

 ・電源/再生停止/通話ボタン
 ・ボリュームボタン +
 ・ボリュームボタン -
 ・NFC端子



充電用のmicroUSB端子も搭載されています。

各ボタンの操作方法は以下の通り。


 ※ 楽曲操作


 ※ 通話時の操作


 ※ 音声アシスト操作



L側にはそういったボタンや端子は一切ありません。



イヤーキャップが付いていると、ぱっと見はカナル型のヘッドセットに見えるのですが、イヤーキャップを外すと昔からよくあるインイヤー型(開放型)となっているのが分かります。

インイヤー型は基本、耳から外れやすい性質がありますが、この特殊な形のイヤーキャップのお陰で激しい運動でも外れにくく高い装着性を実現しているというわけです。

またインイヤー型は、そもそも周囲の音が聞きやすい性質があるので、マイクを登載して外音を取り込む事なく周囲の人と話しながらレーニングすることが出来ます。

逆に言うと遮音性がないということなので、電車の中などでは音漏れに注意する必要はありますね。



付属の「キャリングホルダー」が以外に便利!



ではこのヘッドセットも、少しだけ使った感想を記しておきます。

【音質】
  • さすがに値段相応です。聞くに堪えないということは全然ないですが、音に期待して購入するタイプのヘッドセットではないかと思います。遮音性がほぼ無いのも今となっては少し気になりますね。

【使用感】
  • 意外と悪くないです。タッチノイズもさほど気にならないですし、激しい運動をしてもヘッドセットが外れるといった事も無さそうな気がします。

【操作性】
  • 操作性は問題ないかと思います。運動していてもすぐに操作できそうです。音量調整が可能なのも嬉しいポイント!

【ハンズフリー機能】
  • なかなか良好です。周りの音を拾いすぎるところがあるので、小さな声で話すと相手に伝わらない時がありましたが、それ以外はスムーズな会話が出来ました。

【音声遅延】
  • 動画再生してみましたが、若干の遅延がみられました。ただ口パクというわけではなく、ほんの少しずれるって感じでじっくり見ていないと分からないレベル




8,000円台という低価格ながら、高音質なAACにも対応しているのがポイント!

音質はそれなりですが、操作性や使用感は悪くなく、予算をかけず音楽を聴きながら運動を楽しみたいという方におすすめのヘッドセットといえます。

価格的にプレゼント用としても需要があるかもしれませんね!

以上、新しいスポーツタイプのヘッドセット2種類のレビューでした。

完全ワイヤレスタイプの上位機種『WF-SP700N』のレビューは、以下のページにてご確認下さい。

関連エントリー

 ・【実機レビュー】防滴仕様+ノイキャン搭載の完全ワイヤレスヘッドセット『WF-SP700N』を使ってみたよ! [18.04.13 記載]




ノイズからもケーブルからも解き放たれ、重低音サウンドに浸る。雨や汗にも強いアクティブノイキャンワイヤレス


 【ソニーストア】ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット『WI-SP600N』のご案内はこちらからどうぞ




環境音も聞きやすい開放型・防滴仕様


 【ソニーストア】ワイヤレスステレオヘッドセット『WI-SP500』のご案内はこちらからどうぞ









nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント