So-net無料ブログ作成

フルサイズCMOSイメージセンサー搭載の “サイバーショット”「DSC-RX1」

35mmフルサイズのCMOSイメージセンサーを、世界で初めてコンパクトデジタルスチルカメラに搭載した“サイバーショット”『DSC-RX1』が、SONYより発表されました。関連商品も山ほどリリースされるようです。

【プレスリリース】
世界初、35mmフルサイズCMOSイメージセンサー搭載のコンパクトデジタルスチルカメラ “サイバーショット”最上位機種を発売


 デジタルスチルカメラ“サイバーショット”「DSC-RX1」

  ソニーストア販売価格:248,000円(税込)
  2012年11月16日発売予定
   ⇒ 商品詳細はこちら
   ⇒ 対応商品・アクセサリー
   ⇒ 撮影サンプル

また、商品情報などをいち早くお届けできる「メール登録」も受付中です。『「メール登録」をしたユーザーのみ先行発売に参加できる』などといった事例も過去ありましたので、購入予定の方や商品が気になる方は、下記ボタンよりメール登録することをオススメいたします。
  
   ↑↑ メール登録はこちらからどうぞ ↑↑  




有効約2430画素、35mmフルサイズ“Exmor”CMOSセンサーと大口径F2レンズを搭載しながら、「DSC-RX100」より一回り大きいくらいの手のひらのる驚異的なコンパクトサイズを実現。

y_RX1_Skeleton_img.jpg

35mmフルサイズセンサーは、NEXシリーズに搭載されているAPS-Cサイズのイメージセンサーと比べても約2.3倍の大きさ。その大きいセンサーがサイバーショットサイズの本体に格納されているのですから驚かずにはいられませんよね。

y_RX1_exmor_img.jpg

画素の配線層を極限まで低層化することで、より多くの光を取り入れることに成功。これにより集光効率を飛躍的に高め、画素単位のS/Nを大幅に向上することが出来、結果、α900比でセンサー感度を約1.5倍にアップ、常用感度ISO25600を達成し、さらなる低ノイズ化も実現しています。

y_a99_kousyukou.jpg

回路設計を大幅に見直すことで、光を取りこむフォトダイオードの受光面積を大幅に拡大。α900と比較して約2倍以上のダイナミックレンジの拡大を実現。

y_a99_Wide-photo_diode.jpg

ソニーの放送用ハイエンド業務機に搭載されている多点分離光学ローパスフィルターを応用し、フルサイズセンサー用に新開発。点像の強度分布を細かくコントロールすることで、光線分離パターンを最適化し、モアレ・偽色を低減しながら高い解像感を両立させています。

y_a99_low_pass_filter.jpg

本体に搭載されているレンズは、新開発のカールツァイス「ゾナーT*」35mm F2 単焦点レンズ。風景、ポートレート、マクロなど、さまざまなシーンを自然な画角と遠近感で、被写体をありのままに描写することが出来ます。

y_RX1_ZEISS_MTF_02.jpg

もちろんゴーストやフレアなどの不要な反射光を大幅に低減するカールツァイス社の多層膜コーティング「T*(ティースター)コーティング」が施されています。

y_RX1_T_Coating.jpg

絞り機構は、9枚羽根円形絞りを採用。常用域(F2-11)で、ほぼ円形になるように設計されているので、美しいぼけ味や夜景などの点光源を美しく表現。レンズの描写性能を最大限に引きだしています。レンズ性能を余すところなく引き出せているのは、レンズ交換式ではなくレンズ一体型だからこそできる芸当なのかもしれませんね。

RX1_9mai_sibori_01.jpg
y_RX1_9mai_sibori_02.jpg

レンズ鏡筒部分のマクロ切り換えリングを回すと、通常モードとマクロモードの切り換えが可能。フルサイズセンサー搭載ながら、最短撮影距離(撮像面から)20cm、最大撮影倍率0.26倍という優れたマクロ撮影機能を実現。オートフォーカス(AF)のほか、ダイレクトマニュアルフォーカス(DMF)やマニュアルフォーカス(MF)、MFアシスト、ピーキング機能など、NEXやα等でお馴染みの優れた機能を搭載しているので、撮影意図に合ったピント合わせが可能です。

RX1_Macro_ring.jpg

撮影設定を確認できる「クイックナビ」画面では、メニュー画面を表示すること無く撮影設定を確認可能。ヒストグラムやデジタル水準器も表示できるのもポイント。特に水準器は三脚での撮影時に重宝しそうですね。

y_RX1_Quick_Navi.jpg

使用頻度の高い機能を、カスタムボタン、AEロックボタン、左/右/下ボタン、Cボタンに登録できるカスタマイズ機能や、撮影シーンに合わせて組み合わせた設定(露出モード、シャッタースピード、ドライブモード、ISO感度、ホワイトバランス、測光モードなど)を最大3パターンまで登録可能なのは、他のサイバーショットと同じ。自分用にカスタマイズすることで、更に使いやすいカメラになること間違いなしです。

RX1_C-Button_img.jpg
RX1_MR.jpg

搭載ディスプレイは、「DSC-RX100」でも搭載された、画面をより明るくする“WhiteMagic”技術搭載の約122.9万ドットの高精細3.0型「エクストラファイン液晶」。明るさが従来のディスプレイに比べ2.4倍くらい明るいそうですので、屋外でも非常に見やすい液晶となっています。

y_RX1_monitor_img.jpg

写真の仕上がりをコントロールできる「クリエイティブスタイル」機能もさらに進化。従来の「スタンダード」「ビビッド」「ポートレート」「風景」「夕景」「白黒」の6種類に加え、「ニュートラル」「クリア」「ディープ」「ライト」「夜景」「紅葉」「セピア」まで、全13種類のモードを搭載。写真の仕上がりを設定を変えるだけで簡単に行うことが出来ます。コントラスト、彩度、シャープネスは微調整することも可能ですので、更に追い込みをかけることが出来ますよ^^

y_RX1_creative.jpg

個性的な作品作りが楽しめる「ピクチャーエフェクト」機能ももちろん搭載。「絵画調HDR」「リッチトーンモノクロ」「ソフトフォーカス」「ミニチュア」をはじめ、15種類のエフェクトを使って印象的な作品を写真と動画で撮影可能。エフェクト時に露出を変えるだけでも、また違った趣の写真になります。使ってみると意外と奥が深い機能なんですよね^^;

y_RX1_picture_effect.jpg

有効約2430万画素、35mmフルサイズイメージセンサーの搭載により、さらに高画質なフルハイビジョン動画撮影を実現。プログレッシブ方式のフルハイビジョン(AVCHD 1920×1080 60p)に対応しているので、スポーツなどの動きの速いシーンも高精細でなめらかな動画を撮影することが可能。

P/A/S/Mの露出モードでは、絞りやシャッタースピードを自在にコントロールした動画撮影も可能。ピクチャーエフェクト機能と合わせて使うことで、より個性的な映像作品づくりも楽むことができます。

y_RX1_format.jpg

より詳しい「DSC-RX1」の仕様については、こちらの公式サイトにてご確認下さい。

フルサイズサイバーショット「DSC-RX1」には、その性能を余すことなく引き出すためのアクセサリーが数多く登場しているのも魅力の1つ。以下、簡単に関連アクセサリーをご紹介させて頂きます。

y_RX1_FDA-V1K.jpg

先進の光学技術により、明るくクリアな視界を実現した、光学ビューファインダー「FDA-V1K」。ファインダー倍率約0.58倍、標準視度-1.0D±0.2D(ファインダー像)のアルバダ式の逆ガリレオファインダーです。近距離補正マーク付き。
 ⇒ こちらの商品に関して詳しくはこちら

y_RX1_FDA-EVM1K.jpg

視野率約100%、倍率約0.71倍(35mm換算)、高精細約235万ドットの電子ビューファインダー「FDA-EV1MK」。XGA有機ELの採用により、高コントラストと広視野角を実現。さまざまな状況下で、優れた視認性を発揮します。アイセンサー搭載により、ビューファインダー表示と液晶画面表示の自動切り換えが可能です。
 ⇒ こちらの商品に関して詳しくはこちら

y_RX1_LHP-1_02.jpg

DSC-RX1のレンズに合わせて設計された、バヨネット式のレンズフード「LHP-1」。金属削り出しにより、軽量かつ精密ながら堅牢なつくりを実現しています。
 ⇒ こちらの商品に関して詳しくはこちら

y_RX1_LCJ-RXB_img.jpg

「DSC-RX1」にジャストフィットする、本革製のジャケットケース「LCJ-RXB」。レンズのフォルムを生かしたコンパクトなデザイン。ボディケースを装着したまま、三脚への取り付けが可能です。
 ⇒ こちらの商品に関して詳しくはこちら

y_RX1_TGA-1.jpg

優れたホールディングで握りやすく片手でも安定する、独自のグリップ形状を採用。材質には金属を使用し、軽量化と高剛性を実現しています。非使用時は折りたためるので、コンパクトに収納できます。
 ⇒ こちらの商品に関して詳しくはこちら

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

20万円を超すサイバーショット「DSC-RX1」。

発表当時はその価格からネットでも「誰がこんな高いサイバーショットを買うねん!」なんて声もちらほら聞こえてました、作例がネット上で流出し出すとその流れが一転。購入を検討に傾く方もちらほら。

確かに流出した作例を見ると、カメラ屋2年生の私や素人の奥様でもでも分かるくらい素晴らしい作例でした。こんな写真が撮影できるカメラがサイバーショットサイズに収まるなら、この価格はむしろ良心的なのかも・・・なんて少し思えるようになったほどです。まだ作例を見たこと無い方は、是非一度自分の目でご確認下さい。作例が掲載されたサイトは、以下の「デジカメinfo」さんにて紹介されています。

【参考サイト】
 デジカメinfo カテゴリ:SONY

なお 「DSC-RX1」および関連アクセサリーの予約受付は、当店も含め全国の販売店にて2012年10月10日(水)より始まっておりますが、ソニーストアでのオーダー受付はまだ開始されておりません。オーダー受付が開始され次第、こちらのblogでもお伝えいたしますので、購入予定の方は今しばらくお待ち下さい。

SONY営業さんによると、初回出荷はかなりの少数となるようです。高額商品ですが、もしかするとソニーストアで争奪戦となる可能性もありますので、メール登録はお忘れ無く。
  
   ↑↑ メール登録はこちらからどうぞ ↑↑  



 【ソニーストア】デジタルスチルカメラ“サイバーショット”「DSC-RX1」のご案内はこちらからどうぞ


【関連blogエントリー】
 [12.10.11 当店blogエントリー]
 ・フルサイズ3兄弟「α99」「NEX-VG900」「DSC-RX1」のソニーストアでの価格が決定!
 [12.10.10 当店blogエントリー]
 ・本日よりフルサイズ3兄弟「α99」「NEX-VG900」「DSC-RX1」の予約受付開始!
 [12.10.02 当店blogエントリー]
 ・SONY「CEATEC JAPAN 2012」出展のご案内
 [12.09.19 当店blogエントリー]
 ・世界最大規模の写真・映像関連の展示会 「Photokina2012」出展のご案内
 [12.09.13 当店blogエントリー]
 ・世界初、35mmフルサイズCMOSイメージセンサー搭載のコンパクトデジタルスチルカメラ “サイバーショット”最上位機種「DSC-RX1」
 [12.09.08 当店blogエントリー]
 ・「DSC-RX100」のバッテリーにも対応したバッテリーチャージャー「BC-TRX」、オーダー受付開始!

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました