So-net無料ブログ作成

Windows 8.1を標準搭載するVAIO春モデル登場!マルチフリップヒンジ採用のFitAシリーズに11.6型モデル追加!



好評のマルチフリップヒンジ採用のFitAシリーズに11.6型モデル「VAIO Fit 11A」を追加した、VAIO春モデル 全4シリーズ(VAIO Fit、VAIO Duo、VAIO Pro、VAIO Tap)がソニーより発表されました。

【プレスリリース】
従来のノートPCの使い勝手はそのままに、シーンにあわせて形状を変えるモデルに11型を追加 VAIO Fit 11Aなど、新たにWindows 8.1を標準搭載するVAIO 春モデル 全4シリーズ 発売



VAIO 春モデルの主な特徴は以下のとおり。

 ■ マルチフリップヒンジを採用の11.6型液晶ディスプレイ搭載モデル「VAIO Fit 11A」追加
 ■ Windows 8.1を標準搭載
 ■ クリエイティブで高い生産性を実現する「VAIO Inspiration Stream」搭載
 ■ 「Adobe Photoshop Elements 12」が全機種標準搭載
 ■ ワンタッチシェアリング対応のNFC搭載
 ■ VAIOオーナーメードでの選択肢の追加

11.6型液晶ディスプレイ搭載モデル「VAIO Fit 11A」

original_f11a1_002

最薄部約16.5mm、重さ約1.28kgの小型軽量サイズに加え、バッテリー駆動約8時間の連続使用が可能と、自宅だけでなく外出先でも気楽に持ち運べるので、様々なシーンでご利用いただけるモバイルノート。

コンパクトながらうちやすさにこだわったキーボードも搭載。充実した入出力端子(HDMI出力、USB3.0、SDカードスロット)も備えています。

original_f11a1_008

アルミニウムの素材にヘアライン加工をほどこしたスタイリッシュなデザインも既存の「VAIO Fit A」シリーズと同じ。天板にはダイヤモンドカットされたVAIOロゴが印象的。

original_f11a1_003

ノートPCとして使用するキーボードモードに加え、液晶画面を裏返すことで映像コンテンツの視聴などに適した形状になるビューモードや、タッチ操作を快適に行えるタブレットモードなどシーンに応じた形状の変化が容易に行える3 VIEW STYLEモバイルノート。

original_f11a1_014

ディスプレイは1920×1080ドットのフルHDに対応し、写真の細部や細かい文字がクリアに表示されることに加え、高輝度表示が可能なため、屋外などの明るい場所でも画面が見やすくなっています。

ソニーの高画質技術である「トリルミナスディスプレイfor mobile」や「オプティコントラストパネル」など、高精細で美しい写真や動画が楽しむことができます。

【VAIO Fit 11A】

 VAIO Fit 11A 2014年春モデル「SVF11N1A1J」

  ソニーストア販売価格:102,800円(税込)~
  カラーバリエーション:ブラック・シルバー・ピンク
   ⇒ 商品詳細はこちら

スペック的には、プロセッサーに「Core iシリーズ」選べないなど、エントリーパソコンという位置づけといえそうです。同じ11.6型モデルとして「VAIO Pro 11」「VAIO Tap 11」がありますので、高性能なモバイルPCはそちらをどうぞって事なんでしょうね。

その分価格も安く、オーダーしやすいパソコンとなっています。「Adobe Photoshop Elements 12」付でこの値段と考えるとかなり安いですよね^^

それ以外のVAIO 2014年春モデルの特徴

2014-01-29_062443

現行モデルでいうと、「VAIO Fit 15A/14A」以外全て春モデルに更新されています。全てのモデルで、Windows 8.1、 「Adobe Photoshop Elements 12」が搭載されているのが大きな特徴。

onetouch_index_01

今まで何故か出来なかった、NFCをタッチして撮影した写真や動画を転送できる「ワンタッチシェアリング」にようやく対応。

onetouch_index_08

Windowsストアで「PlayMemories Mobile」をダウンロードすることで、α7シリーズ等のNFC搭載カメラと接続してのリモート撮影にも対応。VAIOの大きな画面で画角を確認しながらシャッターを切れるだけでなく、撮影した画像はそのままVAIOでチェック、編集といった事も簡単に出来るようになります。

FaceBookにアップする写真を撮影するのに、メチャクチャ便利そうですね^^

2014-01-29_063836

Tap11では、別売のタブレットアタッチメント「SPA-TA1」を使用することで、レンズスタイルカメラ「サイバーショット QXシリーズ」を装着することも可能!高画質で独特なアングルの写真を、カンタンにVAIOと連携可能となります。

より詳しい「NFCでできること」についての詳細は、こちらのページにてご確認下さい。

VAIOオーナーメード



基本的には2013年秋冬モデルと変更がなく、既報の通り「Windows 8.1」「Adobe Photoshop Elements 12」が標準搭載されているのが大きな特徴。

2014-01-29_065133

それ以外の大きな変更点は、「VAIO Tap 11」で、+15,000円でauの「4G LTE」に接続可能なLTEの可否を選択出来るようになったこと。GPSが搭載となるのもメリットの1つですね。

各オーナーメードについては、後日各機種毎に記載させていただきますね。



「Fit Aシリーズ」「Tap11」が登場した秋冬モデルのようなインパクトはありませんが、まさかの「Adobe Photoshop Elements 12」には驚きましたね。普通に購入すると1万円以上するものですので、(Photoshopを使う人にとっては)実質1万円引きといってもいいかもしれませんね^^

ちなみにVAIOオーナーメードでも、「Adobe Photoshop Elements 12」を選択は必須で、外して安く買うといった事は出来ませんのであしからず^^;



カジュアルに使う3 VIEW STYLEノート


 【ソニーストア】3 VIEW STYLEノート「VAIO Fit11A/13A」 2014年春モデルのご案内はこちらからどうぞ





 【ソニーストア】VAIO オーダーメードのご案内はこちらからどうぞ





nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました