So-net無料ブログ作成

【ストアレポート】α6000用ボディーケース「LCS-EBC」を見てきました



α6000用のボディケースがソニーストアにて展示されていましたの、実際にどんな感じのケースなのか、ソニーストア大阪にて確認してきました。

ちょっと意外な使用方法を発見しましたので、そちらも合わせてお知らせさせて頂きます。


 ボディケース「LCS-EBC」

  ソニーストア販売価格:4,980円(税込)
  カラーバリエーション:ブラック / ブラウン
   ⇒ 商品詳細はこちら

※ ソニーストア大阪での商品のカメラ撮影は禁止されています。今回はストアさんのご好意で許可を頂いた上撮影しています。ご理解の程よろしくお願いいたします。



まずはα6000用ボディーケース「LCS-EBC」の簡単な仕様のご紹介。

 ■ カメラにボディケースを装着したまま、USB端子を使用可能
 ■ カメラにボディケースを装着したまま、NFC機能を使用可能
 ■ カメラにボディケースを装着したまま、三脚への取り付けが可能
 ■ ケース底面がフラットな自立するデザインを採用

材質:ポリウレタン
大きさ:約 幅127.8×高さ68.5×奥行52.5mm
質量:約55g

DSC02909
DSC02910

商品ページでみたブラウンと少し違った感じで、なかなか味があっていいですね。ボディーケースで希にある、三脚が使えなくなるといったこともなく、使い勝手もかなり良さそうですね。

ここまでやってくれるならついでにSDカードやバッテリーも、ボディーケースを装着したまま取り出せるような仕組みが欲しかったですね。

DSC02911

USB端子部に切り込みがあり、このようにボディーケースを装着した状態でも充電を行うことが可能です。

DSC02915

DSC02922

DSC02927

DSC02925

α6000に装着してみました。黒もいいけど個人的にはブラウンの方が好みですね^^

DSC02913

さすがに専用ケースだけあって、ぴったりサイズ。

DSC02914

HDMI端子やマルチ端子(充電用のマイクロUSB端子)の入力口にも、ケースを付けたままアクセスすることが可能です。

DSC_0029

NEX-6にボディーケース「LCS-EBC」を装着してみました。α6000とNEX-6との本体サイズがあまり変わらないことから、もしかしたらうまくはまるかもって思っていたのですが、全く問題なく使用可能です。

DSC_0030

ただしグリップ分に少し遊びが出来てしまいます。まぁ、専用ケースではないので仕方ないですよね。

DSC_0031

もちろんこのケースの売りである、HDMI端子やマルチ端子(充電用のマイクロUSB端子)の入力口にもアクセス可能です。

NEX-6では、これといった(純正の)ボディケースが発売されていなかったですので、今回紹介した「LCS-EBC」をその代用として使用するのもありかもしれませんね^^

以上、α6000用ボディーケース「LCS-EBC」ストアレポートでした。



カメラとマッチするデザインのボディケース


 【ソニーストア】ボディケース「LCS-EBC」のご案内はこちらからどうぞ




世界最速の美しさを
高速AFと高画質を両立した小型・軽量デジタル一眼カメラ


 【ソニーストア】デジタル一眼カメラ「ILCE-6000」のご案内はこちらからどうぞ


【関連blogエントリー】
 [14.02.16 当店blogエントリー]
 ・ソニー、AFが大幅に進化したファインダー搭載のミラーレス一眼「α6000」発表!
 [14.02.14 当店blogエントリー]
 ・CP+2014、(ソニーブース中心の)訪問レポート1




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました