So-net無料ブログ作成

【製品レビュー】バッテリーと便利なチャージャーが付属したおトクなアクセサリーキット「ACC-TRBX」、開梱・使用感レポート [一眼カメラ "α" 関連]



サイバーショット エントリーモデルである『DSC-WX350』やハイエンドモデル『DSC-RX100M4』、アクションカム『FDR-X3000R』など、様々なSONY製品のバッテリーとして幅広く採用されている『NP-BX1』。

せっかくカメラを買って撮影するなら、電池容量を気にすることなくガンガン撮影したいですよね?私もその1人。

ってことで、バッテリー(『NP-BX1』)とUSB出力が可能なバッテリーチャージャー(『BC-TRX』)がセットになったお得なアクセサリーキット『ACC-TRBX』を購入しましたので、開梱の様子と簡単な使用感レポートをお送りしたいと思います。


 アクセサリーキット「ACC-TRBX」

  ソニーストア販売価格:7,980円(税込)
   ⇒ 商品詳細はこちら

本体パッケージと付属資料

DSC02553
DSC02554

本体パッケージ。結構こじんまりとしたパッケージですね。

グローバルなパッケージなのか、「日本語」「英語」「中国語」の表記が散見されます。

DSC02555

「取扱説明書」「保証書」のほかに、仕様を説明した冊子が同梱されています。

同梱物を見てみよう!

DSC02556

同梱物としては、バッテリー『NP-BX1』とUSB出力が可能なバッテリーチャージャー『BC-TRX』、マイクロUSBケーブル。

DSC02558

最近のサイバーショットで主に採用されているXタイプバッテリー『NP-BX1』。小さいバッテリーなのですが、見かけによらずスタミナもある、非常に優秀なバッテリー。

DSC02557

何故マイクロUSBコードが同梱されているのかというと、チャージャーに接続することで、マイクロUSB経由の給電にも対応しているため。

DSC02566

USBケーブルを使用する場合は、出力切り替えスイッチを「USB POWER 5V 1500mA」に切り替える必要があります。

スイッチは排他仕様となっているようで、例えばスイッチを「USB POWER 5V 1500mA」にしている場合は、バッテリーチャージャーとしての機能はOFFになりバッテリーを充電することができなくなります。逆もまたしかり。

ここは少し注意が必要ですね。

DSC02567

実際に「Xperia Z」を接続して充電出来ていることを確認。

バッテリーだけでなく、USB経由で充電可能なサイバーショットやハンディカムの本体を直接接続しての充電や、スマートフォンなどの充電にも対応してします。これ、以外と便利なんですね^^

DSC02559

バッテリーチャージャー『BC-TRX』。

チャージャー中央にある「充電状況お知らせランプ」「CHARGEランプ」で、バッテリーの充電具合を簡単に知ることが出来ます。

DSC02564

実際に同梱されているバッテリーを充電してみました。

「CHARGEランプ」だけが点灯していますよね。

DSC02569

取説によるとこの状態は、【装着直後 - 30%】の状態のようで、バッテリーは全然充電されていないということがわかります。

状況が一目で確認できるので非常に便利ですね^^

DSC02568

ちなみに充電時間の目安がこちら。

同梱のバッテリー『NP-BX1』なら空の状態から135分で充電可能だそうです。

DSC02560

先ほどの充電時間一覧表を見てピンときた方もおられるかと思いますが、このバッテリーチャージャー、実は歴代のほとんどのサイバーショットのバッテリー充電に対応していたりします。

例えばレンズスタイルカメラ『DSC-QX10』に採用されているNタイプバッテリー『NP-BN1』や、2世代以上前の『DSC-HX30V』などに採用されていたGタイプ『NP-BG1』など、新しいものから古いものまで使えるのんですよね。

私のように、新型アクションカムも使うけど、サイバーショットはちょっと古い『DSC-HX30V』を使ってるよって方には、マルチで使えるのでメチャクチャ便利です^^

DSC02562

ちなみにXタイプとGタイプバッテリー以外を充電する場合は、切り替えレバーで形状を変化させる必要があります。



さまざまなバッテリーに対応している点、スマホ充電にも対応している点など、非常に使い勝手のいいバッテリーチャージャーという印象。

最近のサイバーショットはチャージャーが同梱されておらず、本体とケーブルを直接接続して充電する方式になっています。

これはこれでバッテリーを取り出すことなく充電出来ますので便利な点も多いのですが、バッテリーを2つ以上使って使用する方等は、ちょっと使い勝手の悪い方式とも言えます。予備バッテリーを充電しながらカメラを使うといったが出来ませんしね。

チャージャーを使っての充電なら、そういった心配も無いですので2つ以上のバッテリーを使いこなす方に撮っては必須のアクセサリーと言えます。アクセサリーキット『ACC-TRBX』なら、バッテリーもついて価格的にもおトクですしね!

サイバーショット『DSC-WX350』『DSC-WX500』、『DSC-RX100M4』や新型アクションカム『FDR-X3000』の購入をお考えの方にもおすすめのアクセサリーです。

以上、簡単な開梱・使用感レポートでした。



効率よく充電するならこのアクセサリーキットがオススメ。

同梱のACアダプターに比べ充電時間がかなり短縮できます。
セットで購入すると金銭的にもかなりオトクですよ^^


 【ソニーストア】アクセサリーキット「ACC-TRBX」のご案内はこちらからどうぞ






nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました