So-net無料ブログ作成

【製品レビュー】ファインダー搭載でAF性能が格段に良くなった、ミラーレス一眼α6000レンズキット「ILCE-6000L」、開梱レポート [一眼カメラ "α" 関連]



世界最速0.06秒のAF性能を持ちファインダーまで搭載した「α6000」の展示機が店頭に来ましたので、開梱の様子をレポートしたいと思います。


 デジタル一眼カメラ「α6000」

  ソニーストア販売価格:67,800円(税込)~
   ⇒ 商品詳細はこちら
   ⇒ 対応商品・アクセサリーはこちら

まずは「α6000」の主な機能を簡単におさらい。

【主な特徴】
 ■ 世界最速0.06秒を実現、進化したファストハイブリッドAF
 ■ 画面のほぼ全域をカバーする179点像面位相差AFセンサー
 ■ 動画撮影時にもファストハイブリッドAFで的確にとらえる
 ■ 最高約11コマ/秒のAF追随高速連写
 ■ フォーカスモードを自動で切り替える「AF-A」モード
 ■ 動いている被写体をとらえ続ける「ロックオンAF」
 ■ 緻密(ちみつ)なピント合わせを可能にする「瞳AF」
 ■ 3段階から枠サイズが選べる「フレキシブルスポットAF」
 ■ 有効約2430万画素APS-Cセンサーの圧倒的な高画質
 ■ 集光効率を飛躍的に高めるギャップレスオンチップレンズ構造
 ■ ノイズを徹底的に抑制し、最高ISO感度25600を実現
 ■ 新世代の画像処理エンジン「BIONZ X(ビオンズ エックス)」
 ■ クリアなパンフォーカス撮影を可能にする回折低減処理
 ■ ハイレベルに使いこなせるボタンカスタマイズ機能
 ■ 表現の追求に没頭できる有機ELファインダー
 ■ 屋外でも明るく見やすいWhiteMagicディスプレイ
 ■ 自由なアングルで撮影できる、チルト可動式液晶モニター
 ■ 表現の幅をさらに広げる「マルチインターフェースシュー」採用
 ■ コンパクトボディに収納された小型フラッシュ
 ■ 撮ったその場で、写真を共有・保存「Wi-Fi対応ワイヤレス通信」
 ■ 写真や動画をワンタッチで転送できる「ワンタッチシェアリング」
 ■ スマートフォンでのリモコン撮影も簡単「ワンタッチリモート」
 ■ アプリでカメラが進化するPlayMemories Camera Apps
 ■ お持ちのレンズでさらにズームできる「全画素超解像ズーム」
 ■ 個性的なアート作品がつくれる「ピクチャーエフェクト」
 ■ 大型センサーならではのフルハイビジョン動画
 ■ 高精細な大画面で楽しめる、4K静止画出力対応

ミラーレスならではの小さなパッケージ

DSC03194

では早速開梱していきましょう。

パッケージは、白とオレンジを基調としたデザイン。

小柄なボディが売りのミラーレスカメラらしく、パッケージも一昔前のサイバーショットと同じくらい小さなパッケージ。本当にレンズキットなのか心配になるほどに小さいですよね。

付属資料と同梱品

DSC03195

同梱資料。

「取扱説明書」「製品登録のご案内」「保証書」、Wi-Fi機能搭載モデルのみ同梱されているWi-Fi関連の資料の他に、レンズ本体のソフトアップデートについて記載された資料が添付しています。

DSC03196

以下のレンズを持っている方限定の注意書きなのですが、既に提供されているレンズ用のソフトウェアアップデートを実施していないと、AFの一部機能が使用できないそうです。

【対象レンズ】
 ・SEL1855(E18-55mm F3.5-5.6 OSS)
 ・SEL18200LE(E 18-200mm F3.5-6.3 OSS LE)
 ・SEL18200(E18-200mm F3.5-6.3 OSS)
 ・SEL55210(E 55-210mm F4.5-6.3 OSS)
 ・SEL30M35(E30mm F3.5 Macro)
 ・SEL50F18(E 50mm F1.8 OSS)
 ・SEL24F18Z(Sonnar T* E 24mm F1.8 ZA)

【制限機能】
 ・AFモード:AF-A(自動切り替え)
 ・カメラ設定:[AF追従感度]設定(動画時)
 ・カメラ設定:[AF駆動速度]設定(動画時)

DSC03221

ちなみにレンズキットを装着した状態では、ボディ・レンズ共にVer.1。

DSC03223

家にあったアップデート対象レンズと記載されていた「SEL30M35」や「SEL18200」はVer.2。

Ver.2と表記されていた場合は、アップデートの必要はないそうです。いつアップデートしたのか、全く記憶にないんですが^^;

DSC03197

付属品はこちら。

バッテリーパック「NP-FW50」、ACアダプター「AC-UB10」、ショルダーストラップ、マイクロUSBケーブル、アイピースカップの5点ですね。

ストラップが「α7」と同じような形状・デザインになっていますね。α5000のものに比べると、見栄えがかなりいいですね^^

DSC02689
DSC02691

α5000同様、バッテリーパック「NP-FW50」のデザインが少し変更となっています。

DSC02692

デザインは違いますが取扱に関しては全く同じで、バッテリーチャージャー「BC-TRW」ももちろん問題なくご使用頂く事が可能です。

「NEX-5N」以前のNEXには標準で付いていたバッテリーチャージャーですが、今回の「α6000」を含め最近の「NEX(α)」では、本体にケーブルをさして充電する充電スタイルに変更となっているため、バッテリーチャージャーは付属しておりません。

2本以上のバッテリーを所有されている方や、スピーディな充電をしたい方など、チャージャーが必要とお考えの方には、先程紹介させていただいた「BC-TRW」が必要となってきますのでご注意下さい。


 バッテリーチャージャー「BC-TRW」

  ソニーストア販売価格:5,980円(税込)
   ⇒ 商品詳細はこちら

予備バッテリーとセットになったおトクなアクセサリーキットもありますので、予備バッテリーを購入予定の方はこちらがおすすめ^^


 アクセサリーキット「ACC-TRW」

  ソニーストア販売価格:9,480円(税込)
   ⇒ 商品詳細はこちら

「α6000」本体をじっくり観察

DSC03201
DSC03202

ではお待ちかねの、「α6000」本体をじっくり見ていきます。

名称がNEXからαに変更になったのですが、見た目はほぼ「NEX-6」ですね。

DSC03209

グリップは「NEX-6」と比較した場合、かなり握りやすくなった印象。より安定した状態で撮影が出来そうですね。

NFCもそのグリップに搭載。

NFCを搭載することで、ワンタッチでスマホと連携出来て非常に便利になるのですが、この位置だと、カメラを握りながらNFCを使うのに難儀しそうですので、個人的には使いにくいと感じています。

出来るなら「DSC-WX350」のように、カメラ天面などに設置していただくと、カメラを握りながらNFC連携出来ますので、使い勝手もよくなりそうなんですけどね。

DSC03211

「NEX-6」から大きく変わったのが、2つのダイヤルキーの位置。

「NEX-6」では縦に並んでいたコントロールダイヤルとモードダイヤルですが、「α6000」では、「NEX-7」のように横並びに配置されています。

「NEX-6」使いの私が、小一時間使った感想ですのであまり参考にならないかもしれませんが、使いづらいとか使いやすいとかではなく、正直あまり変わらないといった感じ。

そもそもモードダイヤル自体変更する機会も少なく(ほとんど「Aモード固定」で使用していますから)、コントロールダイヤルの位置は、「NEX-6」とほぼ同じ位置ですので、そういった感想になったのかもしれませんね。

ちなみに装着しているアイピースは、RX1で使用できる外付けファインダー「FDA-EV1MK」に付属している大型アイピースカップ。付属のものはもう少し小さいので、ご注意下さい。

DSC03212

本体左側は、「マルチ端子(マイクロUSB端子)」「HDMIマイクロ端子」を搭載。充電をする際は、この「マルチ端子(マイクロUSB端子)」を使うことになります。

DSC03213

「バッテリー挿入口」と「SDカードスロット」は本体底面に配置。NEXではお馴染みの位置ですよね^^

DSC03208

フラッシュやマイクなどを装着し、表現の幅をさらに広げる事が可能な「マルチインターフェースシュー」が搭載されているのもこのカメラの特徴の1つ。

下位機種「α5000」では、「マルチインターフェースシュー」が搭載されていませんので、フラッシュやマイクなどを使って、より本格的な写真を取りたいといった方には大きなポイントとなるかと思います。

但し1つ注意すべき点が。

写真を見てもらえば分かるかと思いますが、「α7」や「NEX-6」など、「マルチインターフェースシュー」搭載機種ほぼ全てに付属していたシューキャップが、「α6000」には付属されていません。

無くてもいいとソニーが判断したかは定かではないですが、「マルチインターフェースシュー」は細かい端子がむき出しになっていますので、使わないときはやっぱりシューキャップは付けていた方がいいと思うのですが・・・、それにしても、こういう所をケチるのは・・・どうなんですかね^^;


 シューキャップ「FA-SHC1M」

  ソニーストア販売価格:880円(税込)
   ⇒ 商品詳細はこちら

シューキャップが必要な場合は、ソニーストアでも販売しております。880円って高いですよね^^;



以上、ミラーレス一眼「α6000」の開梱レポートでした。

AFが驚くほど進化したにもかかわらず、ボディはNEXサイズにしっかり抑えてきた「α6000」。

小さく軽量な上に連射機能も素晴らしいですので、小さいお子さんがおられるパパママにもオススメのカメラですね!

店頭(京阪モール京橋店)にも展示機を置いておりますので、実機を触ってみたい方は是非店頭までお越し下さい。

当店では店頭売りだけでなく、落下・水濡れにも対応した、手厚い保証が無償で付いてくる、ソニーストア経由での販売も行っております。気になる事がありましたら遠慮せずに、スタッフまで気軽にお尋ね下さいね^^

店頭ならではの特典もありますよ!



世界最速の美しさを
高速AFと高画質を両立した小型・軽量デジタル一眼カメラ


 【ソニーストア】デジタル一眼カメラ「ILCE-6000」のご案内はこちらからどうぞ


【関連blogエントリー】
 [14.03.10 当店blogエントリー]
 ・【先着2,000名様限定】α6000購入でカメラクリーニングキットが貰えるキャンペーン!
 [14.02.22 当店blogエントリー]
 ・【ストアレポート】α6000用ボディーケース「LCS-EBC」を見てきました
 [14.02.16 当店blogエントリー]
 ・ソニー、AFが大幅に進化したファインダー搭載のミラーレス一眼「α6000」発表!
 [14.02.14 当店blogエントリー]
 ・CP+2014、(ソニーブース中心の)訪問レポート1



持ち運びに便利なコンパクトサイズのWバッテリー用チャージャー


 【ソニーストア】バッテリーチャージャー「BC-TRW」のご案内はこちらからどうぞ


【関連blogエントリー】
 [14.01.24 当店blogエントリー]
 ・装着したままバッテリーの交換が可能なボディケース「LCS-EBB」など、「α5000」対応のアクセサリー3アイテム、ソニーストアにて先行予約販売開始!
 [13.12.17 当店blogエントリー]
 ・【製品レビュー】24-200mmをF2.8通しで撮影できる「DSC-RX10」、実機レポート
 [13.11.21 当店blogエントリー]
 ・【製品レビュー】コンパクトで充電も早い、α7にも使えるバッテリーチャージャー「BC-TRW」、開梱・使用感レポート
 [13.11.14 当店blogエントリー]
 ・「α7シリーズ」と同時購入される事が多いアクセサリーとは?



チャージャーとバッテリーをセットにしたお得なキット


 【ソニーストア】アクセサリーキット「ACC-TRW」のご案内はこちらからどうぞ


【関連blogエントリー】
 [14.01.24 当店blogエントリー]
 ・装着したままバッテリーの交換が可能なボディケース「LCS-EBB」など、「α5000」対応のアクセサリー3アイテム、ソニーストアにて先行予約販売開始!




 【ソニーストア】シューキャップ「FA-SHC1M」のご案内はこちらからどうぞ


【関連blogエントリー】
 [12.12.14 当店blogエントリー]
 ・マルチインターフェースシュー搭載カメラ専用のシューキャップ「FA-SHC1M」、オーダー受付開始
 [12.10.10 当店blogエントリー]
 ・“α”Aマウント最上位機種“α99”、ソニーストアにて発売記念キャンペーン実施中!!
 [12.10.10 当店blogエントリー]
 ・“α”Aマウント最上位機種“α99”、ソニーストアにてオーダー受付開始!
 [12.09.18 当店blogエントリー]
 ・縦位置グリップやガイドナンバー60の大光量フラッシュなど"α"用アクセサリー多数登場!





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました