So-net無料ブログ作成

【製品レビュー】アクションカム用ハードレンズプロテクター「AKA-HLP1」、使用感レポート [ハンディカム・アクションカム関連]



ハウジングなしで使用する際に、レンズをキズや汚れから守るアクションカム「HDR-AS100V」専用アクセサリー「AKA-HLP1」を購入しましたので、簡単な使用感レビューを行いたいと思います。


 ハードレンズプロテクター「AKA-HLP1」

  ソニーストア販売価格:3,150円(税込)
   ⇒ 商品詳細はこちら

DSC03757

パッケージはこんな感じ、実にシンプル^^;

DSC03758

レンズプロテクター本体とペラペラの取説のみ。

HDR-AS100VDSC03761

一眼のレンズのようにフィルター溝がないのに、どうやって固定するのか気になっていたのですが、AS100V本体に装着用の溝があり、レンズプロテクターにある爪をその溝にひっかけることで、しっかり固定された状態で装着することができる仕組みとなっていました。

DSC03762

レンズをしっかりロック状態にすることで、相当な衝撃がない限りは外れることなく使用できそうです。

DSC03763

念のため、レンズプロテクターと三脚アダプターをストラップでつないでおくと、仮にプロテクターがAS100Vから外れてしまっても、紛失するといった最悪のケースは回避できそうです。



y_hdr-as100v_001

アクションカム上位モデルとして登場した「HDR-AS100V」の特徴の1つとして、本体自体に防滴機能を搭載していたり、三脚アダプターを使用することで付属のウォータープルーフケースやアクセサリーが無くても、本体のみで撮影するシーンが増えたこと等が挙げられます。



そうなってくると気になるのが、先端にある出っ張ったレンズ部分。構造上どう見ても、傷や汚れが付きやすそうな気がしますよね。

実際、この出っ張ったレンズ部分を何かの拍子で触ってしまい指紋が付くってことが結構あります。更に本体のまま撮影することも多くなるので、撮影中に落としてしまったりぶつけてしまう可能性も十分考えられる事です。

AS100Vを本体のみで使用をお考えの方には、必須といって良いアクセサリーかと思います。レンズに傷がつくとどうしようもないですが、プロテクターなら替えがききますからね^^



ハウジングなしで使用する際に、レンズをキズや汚れから守る


 【ソニーストア】ハードレンズプロテクター「AKA-HLP1」のご案内はこちらからどうぞ


【関連blogエントリー】
 [14.03.18 当店blogエントリー]
 ・【製品レビュー】ライブビューリモコンがセットになったアクションカム「HDR-AS100VR」、開梱レポート
 [14.02.21 当店blogエントリー]
 ・ソニー、本体のみで防滴・耐低温になり更に使えるようになった新しいアクションカム「HDR-AS100V」発表!



より美しく、心地よく、アクションの頂点へ


 【ソニーストア】アクションカム「HDR-AS100V」のご案内はこちらからどうぞ


【関連blogエントリー】
 [14.03.18 当店blogエントリー]
 ・【製品レビュー】ライブビューリモコンがセットになったアクションカム「HDR-AS100VR」、開梱レポート
 [14.02.21 当店blogエントリー]
 ・ソニー、本体のみで防滴・耐低温になり更に使えるようになった新しいアクションカム「HDR-AS100V」発表!
 [14.01.08 当店blogエントリー]
 ・「2014 International CES」で登場したSONY製品のまとめ その1





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました