So-net無料ブログ作成

【製品レビュー】高倍率光学50倍光学ズームサイバーショット「DSC-HX400V」、実機レポート [サイバーショット関連]



新世代画像処理エンジンBIONZ X搭載により、静止画や動画の画質や、動画撮影時の手ブレ補正効果を大幅に進化した、高倍率50倍光学ズームの高倍率ズームモデル「DSC-HX400V」の店頭機が到着しましたので、簡単な実機レビューをお送りします。


 デジタルスチルカメラ“サイバーショット”「DSC-HX400V」

  ソニーストア販売価格:50,500円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら
   ⇒ 対応商品・アクセサリーはこちら

サイバーショット「DSC-HX400V」の主な特徴は以下のとおり。

 ■ 広角24mmから望遠1200mmまでの撮影領域に対応するので、幅広いシーンで撮影活躍!
  (光学50倍ズーム搭載)
 ■ 全画素超解像ズームで、最大100倍まで解像感を保ったまま被写体を拡大可能
 ■ 全画素超解像ズームが動画でも使用できるように進化
 ■ 新ピタッとズームの進化で高倍率ズーム時のブレを更に軽減
 ■ 高倍率ズーム時でも、手持ちのままブレを抑えて撮影。2群防振手ブレ補正搭載
 ■ 卓越した描写性能を実現する、ZEISS社の最高級・多層膜コーティング「T*コーティング」
 ■ 撮りたい瞬間を逃さない、高速・高精度なオートフォーカス
 ■ 最大画像サイズ(18M)&メカニカルシャッターで、秒間10コマの高速連写
 ■ さらなる高画質を実現する、新画像処理エンジン BIONZ X搭載
 ■ 解像感を高めるだけでなく、見たままのより自然な描写を実現する「ディテールリプロダクション技術」を搭載
 ■ 光の回折現象による解像感の低下を低減する回折低減処理搭載
 ■ ズームも夜景もブレずにキレイな「プレミアムおまかせオート」
 ■ NFC搭載でワンタッチで写真や動画を転送できる、かんたん「ワンタッチシェアリング」
 ■ スマートフォンでのリモコン撮影も、かんたん「ワンタッチリモート」
 ■ 約92.1万ドットの高精細3.0型「エクストラファイン液晶」搭載
 ■ 自由なアングルで快適に撮影可能なマルチアングル(上下可動式)液晶搭載
 ■ 0.2型、約20.1万ドット相当の電子ビューファインダーを搭載
 ■ ズーム、フォーカスを手動で操作できる、マニュアルリング搭載
 ■ 撮影設定をはじめ、さまざまな操作をすばやく行える「コントロールダイヤル」搭載
 ■ 撮影シーンに合わせて、組み合わせた設定を記録できる「MR(メモリーリコール)モード」
 ■ 表現の幅を広げる「マルチインターフェースシュー」搭載
 ■ 撮影画像の水平出しをサポートする「電子水準器」搭載
 ■ プログレッシブ方式フルハイビジョン動画[AVCHD 1920×1080 60p]対応
 ■ 動画撮影時のブレにさらに強くなった「動画手ブレ補正(インテリジェントアクティブモード 回転方向対応)」
 ■ 動く被写体にピントを合わせ続ける「ロックオンAF」搭載
 ■ 動く被写体の軌跡を表示できる「モーションショットビデオ」
 ■ 上級者のフレーミングを自動生成する「オートフレーミング」機能
 ■ 自由な写真表現を手軽に楽しめる「マイフォトスタイル」
 ■ 写真が個性的なアート作品になる「ピクチャーエフェクト」
 ■ カメラひとふりでパノラマ写真ができる「スイングパノラマ(顔・動き検出対応)」
 ■ 地図上に撮影位置や、移動した軌跡を表示できる、GPS・ログ機能
 ■ カメラに機能を追加できる「PlayMemories Camera Apps」対応
 ■ 4K静止画出力対応

パッケージと付属品

DSC00019

こちらが本体パッケージ。

オレンジとホワイトを基調としたデザインは他のサイバーショットと同じ。本体自体が大きいので、ミラーレス一眼並の大きいパッケージとなっています。

DSC00020

本体同梱資料。

「取扱説明書」「Wi-Fi/NFC関連資料」「製品登録のすすめ」「保証書」と、特に変わったものはないですね。

DSC00021

本体付属品。

カメラが大きいので、ストラップもハンドストラップではなく、ショルダーストラップとなっています。

バッテリーも他のサイバーショットと同じ「NP-BX1」。一本で300枚の撮影が可能。

本体をじっくり見てみてみよう

DSC00022

こちらが光学50倍光学ズーム搭載の「DSC-HX400V」。

大きさだけならサイバーショットはもとより、ミラーレス一眼さえ凌駕する大型カメラ。レンズもかなりの極太なレンズを搭載しています。

DSC00024

ZEISSバリオ・ゾナーT*レンズ搭載。

ZEISS社の最高級・多層膜コーティング「T*コーティング」で、ゴーストやフレアなどの不要な反射光を極限まで抑え、高画質でクリアな画像で、かつ、広角24mmから望遠1200mmまでの幅広い撮影領域に対応しているので、このカメラ1つで様々な画角の写真を撮影することが出来ます。

レンズ先端にはフィルターを付ける溝が用意されていますので、レンズ保護用のMCプロテクターや水面の反射やガラスの映り込みを抑える円偏向フィルター、色彩を変えずに光量だけを減少させることが出来るNDフィルターなどを装着することが出来ます。

SONY純正のフィルターとしては、レンズと同じく多層膜コーティング「T*コーティング」が施された3種類のフィルター(保護用MCプロテクター・円偏向フィルター・NDフィルター)が用意されています。


 MCプロテクター「VF-55MPAM」

  ソニーストア販売価格:5,400円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら


 円偏光フィルター「VF-55CPAM」

  ソニーストア販売価格:9,000円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら


 NDフィルター「VF-55NDAM」

  ソニーストア販売価格:7,200円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

もちろん純正だけでなく、ケンコーやマルミといった用品メーカーのフィルター群も使用可能。コストを抑えたい方は、こちらがオススメですね^^



DSC00037

レンズ側面にあるのは、「ZEISS」ロゴとズームフォーカススイッチ。

ズームフォーカススイッチを切り替えることで、ピント合わせの方法を3つの設定から選ぶことができます。

AF/ZOOM(シングルAF):自動でピントを合わせを行い、ピントを固定
DMF(ダイレクトMF):自動でピントを合わせを行い、その後ピントを手動で微調整可能
MF(マニュアルフォーカス):手動でピント合わせ

レンズ先端にあるマニュアルリングも、【AF/ZOOM】設定時はズームの微調整に、【DMF・MF】設定時はピントの微調整にと、フォーカススイッチの設定によって役割が変わってきます。

設定画面に入ることなく、素早くフォーカス方法を切り替えることができるのはかなり便利ですよね^^

DSC00025

カメラ上部には、「ズームレバー」「シャッターボタン」「ファンクションボタン」「カスタムボタン」「電源ボタン」「モードダイヤル」などがあります。

「ファンクションボタン」を押すことで、α7と同じように露出補正、ISO感度、ホワイトバランス、ピント拡大など好きな機能が登録でき、ワンプッシュで呼び出すことができます。

DSC00026

NFCは本体右サイド、グリップ部手前に配置。

original_hx400v_image_nfc

ワンタッチでスマホと連携できるのは便利なのですが、位置がちょっと悪いですね。

この位置なら、カメラを握りながらワンタッチシェアリングしにくいですよね。できれば「DSC-WX350」のように、本体上部にあればより便利にスマホ連携できるんですけどね^^;

DSC00027

本体左サイドには、マルチ端子とHDMI端子があります。

HDMI端子はマイクロ端子となっていますので、液晶テレビで写真鑑賞をお考えの方は、お間違いの無いようお気を付けください。


 イーサネット対応 HIGH SPEED HDMIマイクロ端子ケーブル「DLC-HEU10A/DLC-HEU15A/DLC-HEU20A/DLC-HEU30A」

  ソニーストア販売価格:3,505円+税~
   ⇒ 商品詳細はこちら

DSC00028

カメラ上部には「マルチインターフェースシュー」を搭載。

バウンス撮影対応の外付けフラッシュ「HVL-F20M」や、動画撮影時にしっかりと音声をとらえることが可能なステレオマイクロホン「ECM-XYST1M」など、より凝った撮影をすることも可能です。


 フラッシュ「HVL-F20M」

  ソニーストア販売価格:14,095円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら


 ステレオマイクロホン「ECM-XYST1M」

  ソニーストア販売価格:14,095円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

DSC00032DSC00033

液晶画面は上下に稼働することが可能。可動範囲は上に約90度、下に約60度。

ローポジションで赤ちゃんやペットを撮影する際に、しゃがむことなく撮影することも可能です。

DSC00034

グリップ部には、電池BOXとSDカードスロットを搭載。ちなみにメモリースティックも対応しています^^

DSC00035DSC00036

レンズ底面に、机などにカメラを置いた際傾かないようなポッチがついています。

DSC00038

メニュー画面は、α7等と同じインターフェイスとなっています。

前機種まではαとサイバーショットではインターフェイスが統一されていなかったので、少々使い辛い点があったので、この変更は非常に有り難いですね^^

DSC00039

「DSC-HX60V」「DSC-HX400V」2機種限定ですが、遂にサイバーショットでも「PlayMemoriesCamera APPS」に対応しました。

現地点では、「タイムラプス」「多重露光」「ポートレートライティング」など、9つのアプリが使用可能。

プリインストールされているアプリは「スマートリモコン 内蔵版」のみ。α7などでダウンロードしたアプリならば、同じIDをご使用頂くことで追金なしでダウンロードすることが可能です。

DSC00042DSC00043

レンズ広角時と望遠時とでは、ご覧の通りレンズ長がかなり違います。

レンズ上面には35mm判換算の焦点距離の数値が刻んであるので、撮影時に目安として使うこともできます。

DSC00047DSC00046

広角時は最短1cmまでよることが可能。(プチ)マクロ撮影的な使い方も可能です。

実際に撮影してみよう

DSC00004

広角24mmでの撮影。

満開の桜ではないのが少し残念ですが、近所の桜を撮影してみました。

1200mmという超望遠域が撮影できることばかり話題になりがちなカメラですが、24mmという広角撮影が可能なのもこのカメラの特徴。

DSC00005

ここからズズズッと最大望遠1200mmまでよって撮影したのがこちら。

広角時では確認できなかった桜の様子を確認することが出来ます。満開ではないですが、まだまだ綺麗に咲いていますね^^

ズームレバーでの操作なら、素早く最大望遠までよることが出来るので、テンポよく広角・望遠と使い分けて撮影することが出来ます。

逆に望遠域を調整しながら撮影したいときなどは、ズームリングをゆっくり回すことで、微調整しながら撮影するといったことも可能です。

DSC00006

更にソニーのデジカメではお馴染みの、「全画素超解像ズーム」という特別なデジタルズームを使うことで、光学ズームの更に倍までズームアップすることも可能です。その「全画素超解像ズーム」を使って撮影したのが上の写真。

花びら1枚1枚の様子が確認できるようになりました。見ての通り、画質劣化もほとんど感じることないレベルの写真にしあがっているのが確認できます。

しばらく桜に鳥が遊びに来ないか待機していたのですが、残念ながら遊びには来てくれませんでした。鳥の表情を撮影するのに、こういった超望遠カメラは非常に重宝するので是非写真に収めたかったんですけどね^^;

DSC00012
DSC00013

プチマクロ撮影。

1cmまでの近接撮影が可能ですので、ここまでよることができます。

さすがに一眼カメラでのマクロ撮影ほどはよれませんが、超望遠域の撮影が可能なカメラでここまで近接撮影が出来る事自体凄くないですか?



以上、サイバーショット「DSC-HX400V」の実機レポートでした。

望遠撮影対応のカメラでは必須と言える手ぶれ機能ですが、新搭載の「BIONZ X」と「2群防振手ブレ補正」の影響か、ぶれをかなり制御してくれているので、しっかりと構図を決めて撮影することが出来ました。

撮影した写真もご覧の通りぶれていないのがよく分かりますよね。

画質に関しても「BIONZ X」搭載したことで、前機種「DSC-HX300」よりかなり進化していると言えそうです。GPSやWi-Fi(NFC)も搭載するなど、フラグシップモデル「HXシリーズ」を名乗るに十分な機能を有しています。レスポンスも大幅に改善されており、より使いやすいカメラになったという印象です。

入学式や運動会、旅行にも、24mmからの広角から超望遠1200mmに対応していますので、まさに怖いものなし、どんな撮影シーンでも対応できます。

特に運動会や発表会なんかは重宝しそうですね。お子様がいらっしゃる方でしたら、どれだけ遠くにいようとも、その表情をバッチリ撮影することが出来ますし、一眼カメラと違ってシャッター音がうるさくないのもイイですね。

子供の成長記録を残しておくのに最適のカメラと言えそうです。動画撮影にも対応しているのも心強いですね。



動画も写真もこれ1台
光学50倍フラッグシップハイズーム


 【ソニーストア】デジタルスチルカメラ“サイバーショット”「DSC-HX400V」のご案内はこちらからどうぞ


【関連blogエントリー】
 [14.03.11 当店blogエントリー]
 ・対象のサイバーショット購入で最高5万円分の旅行券がもらえる「旅のキオク」キャンペーン
 [14.02.28 当店blogエントリー]
 ・ソニー、 画質や動画時の手ブレ性能が大幅に進化した、高倍率光学50倍光学ズームサイバーショット「DSC-HX400V」発表!
 [14.02.15 当店blogエントリー]
 ・CP+2014、(ソニーブース中心の)訪問レポート2
 [14.02.12 当店blogエントリー]
 ・【速報】ソニー、高速画像処理エンジンBIONZ X搭載の新型サイバーショット5機種発表




効率よく充電するならこのアクセサリーキットがオススメ。

同梱のACアダプターに比べ充電時間がかなり短縮できます。
セットで購入すると金銭的にもかなりオトクですよ^^


 【ソニーストア】アクセサリーキット「ACC-TRBX」のご案内はこちらからどうぞ


【関連blogエントリー】
 [13.03.16 当店blogエントリー]
 ・コンパクトスリムなのに20倍ズーム搭載、サイバーショット「DSC-WX300」開梱レビュー




 【ソニーストア】MCプロテクター「VF-MPAM」のご案内はこちらからどうぞ


【関連blogエントリー】
 [13.03.04 当店blogエントリー]
 ・α用アクセサリーが多数先行予約販売開始!



高性能なカール ツァイス円偏光フィルター


 【ソニーストア】円偏光フィルター「VF-CPAM」のご案内はこちらからどうぞ




高性能なカール ツァイスNDフィルター


 【ソニーストア】NDフィルター「VF-NDAM」のご案内はこちらからどうぞ




簡単操作で高度なライティングを実現するスタイリッシュな小型フラッシュ


 【ソニーストア】フラッシュ「HVL-F20M」のご案内はこちらからどうぞ


【関連blogエントリー】
 [13.11.24 当店blogエントリー]
 ・ソニー「α7」と「DSC-RX1」の外観を比較してみた
 [13.03.04 当店blogエントリー]
 ・α用アクセサリーが多数先行予約販売開始!






 【ソニーストア】ステレオマイクロホン「ECM-XYST1M」のご案内はこちらからどうぞ


【関連blogエントリー】
 [13.08.24 当店blogエントリー]
 ・2ウェイステレオマイク搭載のステレオマイクロホン「ECM-XYST1M」、開梱レポート
 [13.01.11 当店blogエントリー]
 ・新型ハンディカム対応の魅力的なアクセサリーが一気に登場!





nice!(7)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 7

コメント 8

AZZARO

初めまして 私もこのDSC-HX400Vを発売前から情報も無いまま予約購入致しまして今月5日から使用しておりますが思いのほか良いカメラでズームしての鳥や月などの撮影も手持ちで充分こなせ予想以上に付加機能や画質、レスポンス、フォーカス速度、動画の録画等全般的に中々良いのではないかと驚かされましたWi-FiでPCやスマフォへの画像送信やWi-Fiでのスマフォでの遠隔リモコン操作など本当に便利ですね!贅沢を言えばPCでリモート操作やハイスピードカメラ撮影など出来ればもっと良かったのですがそれでも充分高機能である意味全部付ですね
by AZZARO (2014-04-10 09:48) 

shige

AZZARO さん、こんにちは♪
コメントありがとうございます。

このカメラ、いいですよね。
特に「BIONZ X」搭載による、今までのSONY機にないきびきびとした動きが最高です(今シーズンのサイバーショット全機種に言えることなのですが^^;)。

「PlayMemoriesCamera APPS」によるアプリ追加で、さらに面白い機能が追加できるのも魅力。今現在ない AZZAROさんが欲しいと思える機能も、もしかしたら今後追加されるかもしれませんよ^^
by shige (2014-04-11 05:54) 

AZZARO

DSC-HX400Vに限らず今シーズンのサイバーショットの動きは全機キビキビしてるんですね嬉しい限りです!一眼にも手を出したくなってしまいそうですww危ない危ない(;´∀`)ww

確かにPlayMemoriesCamera APPSも今後期待ですよね機能追加がどんどんされれば色々楽しめますものねw

今後ともブログ拝見させて頂きますのでどうぞ宜しくお願い致します!返信有難うございました(^^)


by AZZARO (2014-04-11 10:26) 

shige

AZZAROさん、こんにちは♪
再びのコメント、ありがとうございます^^

こちらこそよろしくお願いします(∩´∀`)∩
AZZAROさんに喜んで頂けるよう、頑張って記事を書いていきまーす^^v

by shige (2014-04-11 11:51) 

KENvideo

はじめまして。
早速ですが、昨年ソニーのDSC-HX300が発売され飛びついて購入しました。
一年経たずに、この度はDSC-400Vが発売されたので、新発売なので、よく調べもせずに友達に勧めたのですが、仕様などを比較した見るとほとんど変わらない、まだ、内蔵メモーリーが付いていないのです。
新機種はグレードアップされている物と早合点した私が悪いのでしょうか・・・
by KENvideo (2014-04-30 15:01) 

shige

KENvideoさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

HX300と比較すると、レンズの性能こそほぼ変更はないですが、
中身は結構変わっていますよ。

GPS搭載やマルチインターフェースシュー、PlayMemories Camera Apps など、多くの機能が追加になったのに加え、新画像処理エンジンが「BIONZ X」になったことで、基本性能が底上げされていますので、ほぼ別物と言っていいカメラですよ^^

なんで安心してオススメしていただいても大丈夫だと思いますよ^^v
by shige (2014-05-01 14:47) 

KENvideo

shigeさん、ありがとうございました。
僕のような素人には少しわかりにくいのですが、友達に紹介したことは間違いなかったのですね。安心しました。新機能など勉強してみます。
ありがとうございました。又教えて下さい。
by KENvideo (2014-05-01 15:28) 

shige

KENvideo さん、こんにちは。

新機能など使ってみてわからないことがあれば、いつでもおっしゃってください。可能な限りサポートさせていただきますので^^

このカメラ以外でもわからないことがあれば気軽にご質問くださいね~^^v

by shige (2014-05-02 10:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました