So-net無料ブログ作成

ソニー、はんだの素材までこだわるマルチチャンネルインテグレートアンプ「STR-DN1050」など3機種発表! [ヘッドホン・スピーカー・ホームシアター関連]



DSD(Direct Stream Digital)(2.8MHz)を含むハイレゾ音源の再生に対応したモデル『STR-DN1050』 など、マルチチャンネルインテグレートアンプ『STR-DN1050』『STR-DN850』『STR-DH750』全3機種が、ソニーより発表されました。

発売日は、下位モデル『STR-DH750』は5月20日、上位モデル2機種『STR-DN1050』『STR-DN850』は7月15日。

ソニーストアでは既に先行予約販売を開始しています。


 マルチチャンネルインテグレートアンプ「STR-DN1050」

  ソニーストア販売価格:55,500円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら


 マルチチャンネルインテグレートアンプ「STR-DN850」

  ソニーストア販売価格:46,500円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら


 マルチチャンネルインテグレートアンプ「STR-DH750」

  ソニーストア販売価格:36,000円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

【プレスリリース】
DSDを含むハイレゾ音源の再生対応機種など、 音楽も高品位に再生できるマルチチャンネルインテグレートアンプ3機種を発売

マルチチャンネルインテグレートアンプの仕様については、以下の通り。

 ■ DSD音源(2.8MHz)を含む様々なハイレゾ音源の再生に対応 [※1]
 ■ Wi-Fi内蔵により、多彩な機器に保存した音源を、高音質にワイヤレスで再生 [※2]
 ■ Music Unlimitedやradiko.jpなど、ストリーミング再生を高音質で実現 [※2]
 ■ GUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェース)による快適な操作 [※2]
 ■ NFC搭載 手軽に対応スマートフォンで音楽再生
 ■ USB接続で、ウォークマン、iPod touch/iPod/iPhoneなどの音源も、
  より高音質で再生
 ■ Android/iOS用アプリSongPalにより、簡単な機器操作を実現
 ■ 広帯域パワーアンプ搭載
 ■ ガラスエポキシ基板の高品位なオーディオ回路を採用
 ■ デジタルオーディオ信号の高音質再生技術 [※1]
 ■ 音量聴感補正技術「サウンド・オプティマイザー」[※2]
 ■ 音声位置を好みの高さに引き上げる「センタースピーカー・リフトアップ」機能[※2]
 ■ 「4Kパススルー」機能搭載
 ■ 「4Kアップスケーラー」機能搭載 [※2]

※1:『STR-DN1050』のみ対応
※2:『STR-DN1050』、『STR-DN850』に対応


y_STR-DN1050_networkconnection2

新型マルチチャンネルインテグレートアンプ最大の特徴は、ネットワーク経由、USBストレージメディアに加えて、Bluetooth経由での再生にも対応したこと。

NFCもしっかり搭載されていますので、NFC搭載スマートフォンならワンタッチで音楽を転送できるのも嬉しいところ。

更に最上位機種『STR-DN1050』なら、最大192kHz/24bit 2chのハイレゾ音源対応(WAV/FLAC/AIFF)に加えてDSD2.8MHz(2ch)のファイル音源再生に対応。

映像だけでなく音質までもこだわりのあるアンプとなっています。

original_STR-DN1050_jitterelimination
original_STR-DN1050_amplifier
original_STR-DN1050_high-quality

最上位機種『STR-DN1050』では更に、高音質を追求した「真空水晶振動子」「ジッタ・エリミネーション回路」「ガラスエポキシ基板」など、高品位なパーツをふんだんに採用。

音質へのこだわりでスゴイところは、はんだの品質まで追求し商品開発しているところ。

はんだはTA-DA5800ESで開発した「高純度無鉛高音質はんだ」と同じモノをエントリーモデルと言えるこの価格帯のアンプにも採用。

ソニーのエンジニアから直接伺った話ですが、「このはんだを採用していることことが、高品位パーツが最高のパフォーマンスを発揮できる源となっている」とのこと。

全ての高品位パーツははんだで接続されているので、このはんだの品質を落とすことで、一気に音質が悪くなるんですって。なるほど、いわれてみると理にかなっていますよね。

ちなみにこの話もその方がおっしゃっていましたが、最上位機種『STR-DN1050』は、あの「かないまる」さんの教えを受け継いだ弟子とも言える方が設計されており、音質設計にかんしてはエントリー機の枠を超えた設計にならざる終えない製品に仕上がっているそうです。

例えば北欧で音のチューニングをしたものを、湿気の多い日本に合わせてチューニングをやり直すといったことがあったそうです。

これまたスゴイこだわりですよね^^;

まだまだチューニング途中だそうで、発売になるモノはもっと音質がよくなっているとのこと。

これは期待できますよね!

y_STR-DN1050_hdmi_inout

HDMI入力端子は6系統搭載。

高音質性能を高めた入力「for AUDIO」を2系統備え、BDやスーパーオーディオCDの高音質ソースをクオリティーの高い状態で再生可能。

豊富な入出力も、最上位機種『STR-DN1050』の大きな特徴と言えますよね!

その他詳しい仕様については、以下の公式サイトにてご確認下さい。
   ⇒ 『STR-DN1050』の商品詳細はこちら
   ⇒ 『STR-DN850』の商品詳細はこちら
   ⇒ 『STR-DH750』の商品詳細はこちら



木曜日に開催されたソニーの総合提案会で、開発に関わったエンジニアの方とガッツリ会話させて頂きましたが、ハンパない音質設計と熱い思いは相当なモノでしたね。

奥様には「アンプは買ったらアカン」と、口を酸っぱくしていわれていましたが、この機種は欲しくなりますね・・・、なんといっても、これだけこだわったアンプだというのに、価格が60,000円以下ですものね。コストパフォーマンス抜群ところのはなしではないですね^^;

そうそう、コストパフォーマンスにこだわるのならば、スピーカーシステム(2台)「SS-CS5」もオススメです。


 3ウェイ・スピーカーシステム(2台)「SS-CS5」

  ソニーストア販売価格:18,500円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

2本で2万円以下と格安な価格ながら、広大なサウンドステージを実現する「広指向性スーパートゥイーター」を搭載。

商談会で「STR-DN1050」につないで、DSD音源の楽曲を聴かせて頂きましたが、この価格で大丈夫なの?と思えるくらい、広がりのある音を感じることが出来ました。

エンジニアの方も太鼓判を押すスピーカーの1つですので、安くても高音質を目指している方にはうってつけのスピーカーですよ。



DSD 2.8MHz、192kHz/24bit(2ch)の高音質ファイル音源対応など、優れたネットワーク機能を搭載。NFCに対応し、スマートフォンやタブレットからのワンタッチ音楽再生などを快適に楽しめる7.1chマルチチャンネルインテグレートアンプ


 【ソニーストア】マルチチャンネルインテグレートアンプ「STR-DN1050」のご案内はこちらからどうぞ




192kHz/24bitのハイレゾ音源再生、NFC対応など充実した機能を搭載。新操作アプリ「SongPal」で快適操作可能な、7.1ch内蔵マルチチャンネルインテグレートアンプ


 【ソニーストア】マルチチャンネルインテグレートアンプ「STR-DN850」のご案内はこちらからどうぞ




NFCワンタッチでBluetooth(R)による音楽再生と新操作アプリ「SongPal」で快適操作可能な、7.1ch内蔵マルチチャンネルインテグレートアンプ


 【ソニーストア】マルチチャンネルインテグレートアンプ「STR-DH750」のご案内はこちらからどうぞ




「心に響く音」が、音楽のもつ感情までも描きだす


 【ソニーストア】3ウェイ・スピーカーシステム(2台)「SS-CS5」のご案内はこちらからどうぞ


【関連blogエントリー】
 [14.04.07 当店blogエントリー]
 ・フロアスタンディング型スピーカー『SS-CS3』含む計4機種を同時発売





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました