So-net無料ブログ作成

収納式ファインダー・1.0型大型センサー搭載の最強コンデジ、サイバーショット『RX100 III』登場! [サイバーショット関連]



新開発24-70mmの大口径ZEISSレンズや収納式の高精細ファインダーを搭載した、サイバーショット「DSC-RX100M3」がソニーより発表されました。


 デジタルスチルカメラ「DSC-RX100M3」

  ソニーストア販売価格:88,000円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら
   ⇒ 対応商品・アクセサリーはこちら

【プレスリリース】
 ・ポケットに収まるコンパクトなボディはそのままに 新開発 広角・大口径ズームレンズと、ZEISS T*コーティング採用のクリアで見やすい 収納式 高精細有機ELファインダーを新たに搭載した『RX100 III』を発売

大型1.0型センサー搭載のハイエンドコンパクトデジカメ「DSC-RX100M3」の特徴は以下の通り。

 ■ 有効約2010万画素の大型1.0型裏面照射型Exmor R CMOSセンサー搭載
 ■ 新開発の24-70mm F1.8-2.8のZEISSバリオ・ゾナーT*レンズ搭載
 ■ 5.8倍相当(35mm換算で139mm相当)までズームアップできる全画素超解像ズーム
 ■ ワイド端で5cm、テレ端で30cmまで近づけるマクロ撮影が可能
 ■ 色彩を変えずに光量だけを減少させる「NDフィルター機能」を内蔵
 ■ 動く被写体にピントを合わせ続ける「ロックオンAF」
 ■ ポートレートをより印象的に撮影できる「瞳AF」
 ■ 高画質を実現する高性能画像処理エンジン「BIONZ X」搭載
 ■ 見たままのより自然な描写を実現する「ディテールリプロダクション技術」搭載
 ■ 絞り込んだときも高い解像感を実現する「回折低減処理」搭載
 ■ 高感度撮影時のノイズを低減する「マルチショットNR(ノイズリダクション)」機能
 ■ 手動でポップアップできる内蔵フラッシュを搭載
 ■ 小型・軽量化を目指し、剛性と質感にこだわった高品位なアルミボディ
 ■ 明るさと見やすさを追求した「OLED Tru-Finder(トゥルーファインダー)」を内蔵
 ■ こだわりのマニュアル操作を可能にするコントロールリング
 ■ 5段階の焦点距離をすぐに選べるステップズーム
 ■ よく使う機能をすぐに呼びだせるファンクションボタン
 ■ 撮影設定を一目で確認できる「クイックナビ」
 ■ 好みの設定を登録できる「MR(メモリーリコール)モード」
 ■ 厳密なピント合わせをサポートする「MFアシスト」「ピーキング」機能
 ■ 撮影意図に応じて多彩な画面比で撮れる「マルチアスペクト記録」
 ■ パソコンでの画像調整・加工の自由度が高まるRAW/RAW+JPEG撮影
 ■ 上方向は約180度、下方向には約45度まで角度調整可能なチルト可動式液晶モニター
 ■ 約122.9万ドットの高精細3.0型エクストラファイン液晶を搭載
 ■ 本格的なマニュアル撮影も楽しめる充実の撮影モード
 ■ 大型1.0型CMOSセンサーの能力をフルに発揮できるフルハイビジョン動画
 ■ HD 50Mbps対応の「XAVC S」フォーマット動画記録に対応
 ■ 外部モニターで映像を確認できるHDMI同時出力対応
 ■ 全画素超解像ズームが動画にも対応
 ■ 動く被写体の軌跡を表示できる「モーションショットビデオ」
 ■ 垂直・水平・回転方向の手ブレ補正に加え、上下・左右方向の電子式手ブレ補正に対応
 ■ 直感操作で自由な写真表現を楽しめる「マイフォトスタイル」
 ■ 写真が個性的なアート作品になる「ピクチャーエフェクト」
 ■ カメラに機能を追加して自分好みに進化させる「PlayMemories Camera Apps」対応
 ■ スマートフォンへの写真転送も、カメラのリモコン操作も快適にできるWi-Fi/NFC対応
 ■ 目で見たままの印象を再現する「オートHDR(ハイダイナミックレンジ)」
 ■ 最適な階調表現に自動調整する「Dレンジオプティマイザー」
 ■ 表現に合わせて色彩を調整できるホワイトバランス
 ■ 瞬間を逃さずキャッチする、最高約10コマ/秒の高速連写
 ■ 幅広い表現を可能にするシャッタースピード1/2000秒から30秒に対応
 ■ イメージに合った露出が得られる露出補正/露出ブラケット機能搭載
 ■ 上下左右方向の傾きにも対応した2軸式の「電子水準器」搭載
 ■ 約320枚までの静止画撮影が可能なスタミナバッテリー
 ■ 高精細な大画面で楽しめる、4K静止画出力対応
 ■ 写真本来の色彩を楽しめる「トリルミナスカラー」対応

コンパクトボディなのに驚きのファインダー搭載!

y_RX100M3_finder_img

なんといっても一番の特徴といえるのが、現行機RX100M2とほぼ変わらぬボディサイズに、明るく見やすい有機ELファインダーを内蔵したことでしょう。

ファインダーも、昔のビデオカメラに搭載されているようなおまけのような代物ではなく、0.39型、1,440,000ドットという高精細な有機ELデバイスを使用。

仕様的にはα6000に搭載されているファインダーと同等のモノですので、直射日光下でもファインダーを使うことでしっかりとピント位置を確認して撮影することが可能。

さらに、ZEISS T*コーティングを施し、覗いたときの映り込みを低減、アイセンサーも搭載し、ファインダー表示と液晶モニター表示の切り替えも自動。

しかも使わないときは本体に収納出来るポップアップ式の構造・・・このこだわり、恐ろしいモノがありますね。

ただしファインダーを搭載した代わりに、現行に搭載されていた「マルチインターフェースシュー」が非搭載になっています。シュー対応のマイクなどが使えないようになっていますのでご注意下さい。

より広角に、より明るく!

y_RX100M3_zeiss_lens_img

搭載されているレンズも大きく進化。

テレ端(望遠)こそ35mm換算で100mmから70mmと落ちていますが、ワイド端(広角)は28mmから24mmとより広い画角で撮影することが可能。

さらにレンズの明るさもワイド端でF1.8、テレ端でもF2.8(現行機ではテレ端F4.9)とかなり明るいレンズを搭載。被写体に大きく寄ってもぶれにくく、ボケを生かした撮影を楽しむことも可能。

y_RX100M3_36xzoom_img

望遠側が弱くなったのは残念ですが、広角側が大きくなったことに加え、レンズ自体も明るくなったことのメリットの方が大きいですよね。

もう少し寄って撮影したいときは、超解像ズームを使うなり、撮影後にトリミングで切り取るなどいくらでも方法はありますが、写真を広くすることは出来ませんからね。

original_RX100M3_macro_img

マクロ機能も進化。

ワイド端時で最短約5cm、最大撮影倍率は0.41倍、ワイド端時で最短30cm、最大撮影倍率0.20倍での撮影に対応。

ワイド端こそ現行機と変わりませんが、ワイド端では最短55cmから30cmと大きく進化しています。超解像ズームを併用することで、大きく被写体に寄った撮影が出来そうですね!

画像処理エンジンも「α7」と同じBIONZ Xに!

y_RX100M3_bionz_img

圧倒的な高速処理能力が特徴の画像処理エンジン「BIONZ X」を搭載。

ディテールリプロダクション技術・回折低減処理・エリア分割ノイズリダクションなど、先進の画像処理技術で、リアリティーのある高画質を実現するだけでなく、メニュー周りのレスポンスも格段にスピーディーになるので、より快適に撮影することが可能になります。

自分撮りも可能な進化しア液晶モニター

y_RX100M3_tilt_img

チルト可動式の液晶モニターも大きく進化。

上方向に180度稼働することが可能になった事で、自分撮りやツーショット写真も簡単に撮影できるようになりました。

モニター自体も約122.9万ドットの高精細3.0型エクストラファイン液晶を搭載。屋外でも見やすいよう外光反射を抑えるARコートを施されていたり、WhiteMagic技術により、高コントラストで深みのある黒を実現しているなど、ファインダーだけでなく液晶モニターでも快適に撮影することが出来ます。

PlayMemories Camera Appsにも対応!

y_RX100M3_img_camera_apps

カメラにアプリを追加するPlayMemories Camera Apps(プレイメモリーズ カメラ アプス)にも対応。

カメラに搭載していない機能を、スマホのようにアプリを追加する感覚でカメラに機能を追加することが可能です。

現地点では対応アプリは発表になっていませんが、「タイムラプス」「多重露光」「スマートフォンシンク」あたりは対応して欲しいところですね^^
 ⇒ PlayMemories Camera Appsについての詳細はこちらからどうぞ

その他機能詳細については、以下のサイトにてご確認ください。
 ⇒ サイバーショット「DSC-RX100M3」商品情報サイトはこちら




コンデジサイズ・高精細ファインダー搭載・可動型液晶モニター・大型センサー搭載・明るく広角で撮影できるレンズ。

私が考える、理想のコンデジが具現化された感じですね。これでタッチパネル搭載なら完璧だったんですけどね^^;

てことで、発表と同時に購入させて頂きました。手元に届くのは5月30日(金)と、2週間を待たずして手にすることが出来るなんて、嬉しすぎます!

なおソニーストアでは、2つの下取りキャンペーンを強化した「新製品 買い換え応援キャンペーン」が新しく始まっています。

旧機種から乗り換えをお考えの方は、是非こちらもご活用くださいね!
 ⇒ 「新製品 買い換え応援キャンペーン」の詳細はこちらからどうぞ



コンパクトボディはそのままに、新開発24mmの明るい大口径レンズと高精細有機ELファインダーを搭載。
大型1.0型センサーのハイエンドコンパクト


 【ソニーストア】デジタルスチルカメラ「DSC-RX100M3」のご案内はこちらからどうぞ





 【ソニーストア】新製品 買い換え応援キャンペーンのご案内はこちらからどうぞ




RX100III・RX100II・RX100に装着できるアタッチメントグリップ


 【ソニーストア】アタッチメントグリップ「AG-R2」のご案内はこちらからどうぞ




RX100III・RX100II・RX100で使用できるジャケットケース


 【ソニーストア】ジャケットケース「LCJ-RXF」のご案内はこちらからどうぞ




効率よく充電するならこのアクセサリーキットがオススメ。
同梱のACアダプターに比べ充電時間がかなり短縮できます。
セットで購入すると金銭的にもかなりオトクですよ^^


 【ソニーストア】アクセサリーキット「ACC-TRBX」のご案内はこちらからどうぞ


関連エントリー


 ■ 【製品レビュー】ライブビューリモコンがセットになったアクションカム「HDR-AS100VR」、開梱レポート [14.03.18 記載]
 ■ 【製品レビュー】光学20倍ズームの薄型軽量サイバーショット「DSC-WX350」、実機レポート [14.03.06 記載]
 ■ 【製品レビュー】バッテリーと便利なチャージャーが付属したおトクなアクセサリーキット「ACC-TRBX」、開梱・使用感レポート [14.03.05 記載]
 ■ ソニー、 画質や動画時の手ブレ性能が大幅に進化した、高倍率光学50倍光学ズームサイバーショット「DSC-HX400V」発表! [14.02.28 記載]
 ■ ソニー、高速画像処理エンジンBIONZ XやNFCを新たに搭載した、光学30倍ズームサイバーショット「DSC-HX60V」発表! [14.02.25 記載]
 ■ ソニー、高速画像処理エンジンBIONZ XやNFCを搭載した、光学20倍ズームの薄型軽量サイバーショット「DSC-WX350」発表! [14.02.17 記載]
 ■ アクセサリーキット『ACC-TRBX』、ソニーストアでの納期が10月中旬に! [13.08.18 記載]
 ■ コンパクトスリムなのに20倍ズーム搭載、サイバーショット「DSC-WX300」開梱レビュー [13.03.16 記載]





nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました