So-net無料ブログ作成

フルサイズ対応広角ズームレンズ「SEL1635Z」、開梱フォトレビュー [レンズ関連]



Eマウントフルサイズ対応カールツァイスの広角ズームレンズ「SEL1635Z(Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS)」が手元に届きましたので、簡単な開梱フォトレビューをお送りしたいと思います。


 Vario-Tessar T* ズームレンズ(Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS)「SEL1635Z」

  ソニーストア販売価格:143,880円+税
  長期保証<3年ワイド>付属
   ⇒ 商品詳細はこちら

関連エントリー


 ■ ツァイス広角FEズームレンズ「SEL1635Z」、ストア実機レポート [14.09.20 記載]
 ■ フルサイズ用 カールツァイス広角ズームレンズ「SEL1635Z(Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS)」 [14.09.17 記載]

少しだけ変わったパッケージ

DSC07217

こちらが商品パッケージ。

今までのレンズのパッケージと少し変わったのが分かりますかね?

DSC02479

これが今までのパッケージ。「SEL2470Z」と「SEL35F18Z」。

DSC07218

一目瞭然ですよね。

レンズの性能を表す表記が大きく記載されるようになり、SONYロゴの配色も変わっていますね。

ただ見慣れていないだけかもしれませんが、個人的には昔のパッケージの方がよかったような気はします^^;

中身をチェック!

DSC07219

では開梱していきましょう。

DSC07220

同梱資料。

ツァイスレンズにはかならず付いている、シリアル番号付きサイン用紙ももちろん付いています。

DSC07221

特に変わった資料はないのですが、「α7シリーズ」を使っている方向けに、ファームウェア更新を促す用紙が付属していました。

Ver.1.02といえば、2014年3月19日にリリースされたものですので、ほとんどの方はそのままご使用いただけるかと思いますが、先日起動時間が長くなる問題を修正したVer.1.10のファームウェアもリリースされていますので、アップデートがまだの方は、忘れないうちにバージョンを上げておきましょう。
 ⇒ 本体ソフトウェアアップデートのお知らせ

関連エントリー


 ■ 「α7シリーズ」「α6000」「DSC-RX100M3」などにソフトウェアアップデート提供開始! [14.11.02 記載]

DSC07222

レンズは花形フードとともに、専用ポーチにくるまれた形で搬出されています。

DSC07224
DSC07225

個人的には専用ポーチはあまり使わないのですが、質感もよく当然ぴったりサイズ。底面は鉄板か何かが入っているようでかなり固くしっかりしています。

DSC07226

広角ツァイスズームレンズ「SEL1635」と専用花形フード。

レンズ本体

DSC07227
DSC07228
DSC07231

「SEL1635Z」は、広角16mmから撮影可能なレンズでF4通しで撮影可能なレンズですが、手ぶれ補正を内蔵しながらこのサイズ感はさすがですね。

質量こそ500gを超えますが、このスペックならこれくらいの重さなんて気にならないでしょう。

ちなみにAマウントの「SAL1635Z」との比較はこちら。
 レンズ比較
SEL1635ZSAL1635Z
外形寸法
78 x 98.5mm
83 x 114mm
質量
約518g
約860g


F値が違うとはいえ、サイズ・質量ともにかなりコンパクトに作られているのがわかります。

DSC07230

フィルター径は72mmと少し大きめ。


 MCプロテクター「VF-72MP」

  ソニーストア販売価格:7,200円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら


 円偏光フィルター「VF-72CPAM」

  ソニーストア販売価格:14,400円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

せっかくのツァイスレンズですので、プロテクターもツァイスで揃えたいところ。今ならともに在庫有りとなっています。

商品ページにもおすすめアクセサリーとして掲載されていますので、蹴られる心配もないでしょう。

DSC07233

前玉はすこし丸まっていますが、魚眼レンズのように出っ張っているわけではないので、市販のフィルター含め、特別なものを用意しなくてもなんとか装着出来そうです。

DSC07234

「SEL55F18Z」「SEL2470Z」とのサイズ比較。
 ※ 左から「SEL55F18Z」「SEL1635Z」「SEL2470Z」

DSC07235

見ての通り「SEL2470Z」とはほぼ同じ長さのレンズとなっています。

DSC07237
DSC07238

手持ちの「α7」に装着してみました。

L型プレートを装着しているため、バランスがいいように見えますが、このレンズは口径が大きいので、プレートがないとカメラを置いたときに前上がりな感じにはなってしまいます。

関連エントリー


 ■ 格安α7シリーズ専用L型プレートをebayで購入してみた [14.09.24 記載]

でもそれが逆に威圧感があってかっこよかったりします^^;

DSC07239
DSC07242

フードを装着すると更にかっこよくなります。

近接撮影もいけます

DSC07418

さてこのレンズ、特徴といえばもちろん、16mmという広角撮影が可能な点ですが、それだけでなく近接撮影も結構いけるんですよね。大体このくらいまで近寄って撮影することが可能。

ちなみに最短撮影距離は0.28m。

DSC07416
DSC07415

広角側と望遠側でいっぱいまで寄って撮影。

望遠側ではかなりの近接撮影が可能なのが分かるかとは思いますが、圧巻はやはり広角側でしょうね。

ここまでよっても、これだけの範囲が撮影できるのですから、ぐっと寄ってあおり撮影なんかしたら、めちゃくちゃ迫力のある写真が撮れそうですよね!

DSC07420
DSC06400

APS-Cセンサー搭載の「α6000」にて望遠側で撮影すると、ここまでよることが出来ます。ここまでよれると物撮り用レンズとしても重宝しそうですよね。



これはスゴイレンズですね、これで紅葉を撮影するとかなり迫力のある撮影が出来そうですね。α7R+SEL1635Z+PLフィルターで撮影したらスゴイ写真が撮れそう♪

以上、簡単な開梱フォトレビューでした。



画面周辺部まで忠実に再現する、35mmフルサイズに対応した小型軽量の高性能広角ズームレンズ


 【ソニーストア】Vario-Tessar T* ズームレンズ(Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS)「SEL1635Z」のご案内はこちらからどうぞ


関連エントリー


 ■ ツァイス広角FEズームレンズ「SEL1635Z」、ストア実機レポート [14.09.20 記載]
 ■ フルサイズ用 カールツァイス広角ズームレンズ「SEL1635Z(Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS)」 [14.09.17 記載]
 ■ 写真・映像関連の展示会 「Photokina2014」、ソニー製品出展のご案内 [14.09.17 記載]
 ■ 【速報】Eマウント新レンズ「SELP28135G 」「SEL1635Z」などがフォトキナ2014プレス記事で明らかに! [14.09.16 記載]
 ■ FE広角レンズ「SEL1635Z」が公式ページに登場している!! [14.09.06 記載]



レンズをキズやホコリから守る保護用、高性能なカールツァイスMCプロテクター


 【ソニーストア】MCプロテクター「VF-72MPAM」のご案内はこちらからどうぞ




水面の反射やガラスの映りこみを抑える、高性能なカールツァイス円偏光フィルター


 【ソニーストア】円偏光フィルター「VF-72CPAM」のご案内はこちらからどうぞ






nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました