So-net無料ブログ作成

「2015 International CES」で登場したSONY製品のまとめ [店舗情報・イベント・セミナー・お知らせ関連]

2015年1月6日(火)より開催される「2015 International CES」(国際家電ショー)において、2015年発売予定の新商品群が多数出展、発表されました。

写真などはないのですが、どういったものが発表されたのか軽くご紹介したいと思います。

【SONY報道資料】
2015 International CES出展について

4K


新開発4KプロセッサーX1の搭載により、高精細、広色域、高輝度・高コントラスト比など、さらなる高画質を実現した4K液晶テレビ ブラビア3シリーズ11機種を発表。

【X9000Cシリーズ】
 ・世界最薄の約4.9mm(最薄部)を実現
 ・映像エンジンに新開発の「4KプロセッサX1」を採用
 ・OSに「Android TV」を採用
 ・音声による操作/検索などが可能
 ・Google Playからゲームアプリなどをダウンロード可能
 ・スマホやタブレットのコンテンツをテレビに飛ばす「Google Cast」にも対応

【X9300Cシリーズ】
 ・放送などの圧縮音源をハイレゾ相当の音質にアップスケール
 ・DSEE HXおよびハイレゾ対応スピーカーを搭載した世界初のハイレゾ対応テレビ
 ・4K対応動画圧縮規格 H.265/ HEVCやWebM VP9にも対応
 ・様々な4K配信・4K放送サービスへの対応が可能
 ・OSに「Android TV」を採用
 ・音声による操作/検索などが可能
 ・Google Playからゲームアプリなどをダウンロード可能
 ・スマホやタブレットのコンテンツをテレビに飛ばす「Google Cast」にも対応

新しく4K撮影に対応したハンディカム/アクションカムを発表。

【ハンディカム「FDR-AX33」】
 ・現行機の「FDR-AX100」と比べ、体積約30%、質量約20%減の小型・軽量化を実現
 ・強力な空間光学手ブレ補正機能を4Kハンディカムとして初めて搭載

【アクションカム「FDR-X1000V」】
 ・アクションカムとして初めて4K撮影に対応
 ・高画質かつ高精細な4K/30p 100Mbpsのハイビットレート撮影に対応
 ・進化した電子式手ブレ補正機能
 ・風音低減機能

ハイレゾリューション・オーディオ


家の中でも外でも、より快適で手軽に高音質再生を楽しめる多彩なラインアップを用意。

【ハイレゾ対応ウォークマン「NW-ZX2」】
 ・NW-ZX1をさらに高音質化した同シリーズの上位機種
 ・高音質かつ高剛性を実現するシャーシ構造を新たに採用
 ・最大約33時間のハイレゾ音源再生(192kHz/24bitの場合)が可能
 ・Bluetooth経由でもハイレゾ相当の音質で音楽再生が可能

【ハイレゾ対応ヘッドホン「MDR-1ABT」】
 ・Bluetooth経由でもハイレゾ相当の音質で音楽再生が可能

ワイヤレススピーカー『SRS-X99』『SRS-X88』、ホームシアターシステム『HT-ST9』『HT-NT3』『HT-XT3』やマルチチャンネルインテグレートアンプ『STR-DN1060』『STR-DN860』なども登場するようです。

スマートウェア


さまざまなスマートウェア端末を参考出展。

【Smart B-Trainer】
 ・小型軽量のヘッドセット形状に、ランニングに必要なセンサーと音楽再生機能を搭載
 ・ランニング中の心拍数に合わせて最適なテンポの音楽を自動選曲する機能
 ・目的別トレーニングプランの音声ガイダンスでランニングの継続、上達をサポート

【SmartEyeglass Attach!】
 ・メガネ装着型片眼用ディスプレイモジュールのスポーツ向けコンセプトモデル
 ・ソニー独自の有機EL技術を搭載
 ・連携するサードパーティーが展開するアイウェア製品に組み込み
 ・必要な情報を高画質なカラー表示を通じて視覚で確認可能

Life Space UX (ライフ スペース ユーエックス)


本体を壁際に置くだけでリビングルームの壁に大画面高精細の映像を出現させる『4K超短焦点プロジェクター』やLED電球とスピーカーを融合し、住空間に溶け込みながらワイヤレスで音楽を楽しみ、パーソナルな空間を演出する『LED電球スピーカー』、約10cm四方の小型サイズながらテーブルやお部屋、バスルームの壁などに設置することで、最大約50インチの映像を投写し、映画などを鑑賞できる『ポータブル超短焦点プロジェクター』など、今後の構想を発表。

CES会場では透き通るような光と音で部屋を満たす音響照明『シンフォニックライト』3モデルが参考展示されているようです。



4K対応を果たしたアクションカムや、小型軽量化のうえ、空間光学手ブレ補正にも対応したハンディカム、ウォークマンZX2、Android TV対応の新型4Kブラビアなど、見所の多い発表となりましたが、1.0型センサー搭載のハンディカムやLifelogなどが発表された昨年に比べ、個人的にはインパクトという点においてはちょっと物足りなく感じました。せめてZX2には、バランス接続やDSDネイティブ再生対応といって欲しかったですね^^;

今回紹介させて頂いた機種に関しては、早々に日本市場でも正式発表されるモノもあるかと思います。発表が有り次第、詳細をお伝えさせて頂きますね!

2015 International CES出展についてのご案内はこちらからどうぞ


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました