So-net無料ブログ作成

多機能ブルーレイプレイヤー「BDP-S1500」をあえて購入した理由 [ブルーレイレコーダー・メディアプレイヤー関連]



先日発表された、1秒以下の高速起動でコンパクトボディ、ネット動画も楽しめるブルーレイプレイヤー「BDP-S1500」をポチっちゃいました^^


 ブルーレイディスク/DVDプレーヤー「BDP-S6500」

  ソニーストア販売価格:19,880円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら


 ブルーレイディスク/DVDプレーヤー「BDP-S1500」

  ソニーストア販売価格:11,880円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

【プレスリリース】
 NETFLIXなどの動画配信サービスも楽しめる、コンパクトなブルーレイディスクプレーヤー2機種発売

なぜ上位機種「S6500」でなく「S1500」なのか、疑問に思う方も多いかと思います。差額が8,000円しかない割りには、搭載されている機能が大きく違うからです。



上位機種では無線LANを内蔵しているだけでなく、スーパーオーディオCD対応、4Kアップコンバート、ハイレゾDSDネイティブ再生対応など、様々な機能を搭載しており、圧倒的に高機能。どう考えても下位機種「S1500」を選ぶ理由が見当たらないからです。

では何故あえて「S1500」を購入したのか。理由は車載用プレイヤーとして利用したかったからです。

もちろん車載用として設計されていないので、常時車の中に置いておくわけではありません。利用するときに持ち運ぶことになります。そうなると出来るだけ小さくて軽い方が都合がいいんですよね。これだけ小さいと置く場所にも困りませんしね^^

車載用の後部ディスプレイで利用する予定ですが、現状車載用のディスプレイなんてフルHDにも満たない解像度ですので4Kアップコンバート機能は不要ですし、ネットワーク関連機能も当然必要ありません。

手持ちのクーポンフル投入すれば、1万円を切る価格でオーダーすることも可能でしたので、(普段あまり利用する予定のない機器に対し)金銭的にもこちらの方が有り難いってのもありましたし^^;

ただ家でも利用する予定なら、もちろん「S6500」の方が絶対いいに決まっています、実際当店のオーダー実績を見ても、「S1500」を購入された方は私ぐらいですしw

てことで、車載用という特殊な利用方法でも無い限りは、「S6500」が絶対のオススメ。これだけ高機能なブルーレイプレイヤーがこの価格で手に入るのですからね。



ネット動画の決定版とも言われている「NETFLIX」に対応しているのも、この機種の大きな魅力ですよね。

ブルーレイプレイヤー「BDP-S6500」「BDP-S1500」のより詳細な情報については、下記商品サイトよりご確認下さい。
  ⇒ ブルーレイプレイヤー「BDP-S6500」の商品詳細はこちら
  ⇒ ブルーレイプレイヤー「BDP-S1500」の商品詳細はこちら



映像も音楽も思いのままに楽しむ。4Kアップコンバート対応無線LAN内蔵の高画質・高音質モデル


 【ソニーストア】ブルーレイディスク/DVDプレーヤー「BDP-S6500」のご案内はこちらからどうぞ


関連エントリー


 ■ コンパクトなブルーレイプレイヤー「BDP-S6500」「BDP-S1500」発表! [15.06.03 記載]



1秒以下の高速起動、コンパクトなスタンダードモデル


 【ソニーストア】ブルーレイディスク/DVDプレーヤー「BDP-S1500」のご案内はこちらからどうぞ


関連エントリー


 ■ コンパクトなブルーレイプレイヤー「BDP-S6500」「BDP-S1500」発表! [15.06.03 記載]





nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました