So-net無料ブログ作成

ハイレゾ対応お手頃ミニコンポ「CMT-SX7」、開梱・使用感レビュー [ヘッドホン・スピーカー・ホームシアター関連]



CDもBluetoothもハイレゾ相当の音質で楽しめ、ハイレゾ音源の再生にも対応するマルチオーディオコンポ「CMT-SX7」が手元に届きましたので、開梱の様子と使用感などをお伝えします。


 マルチオーディオコンポ「CMT-SX7」

  ソニーストア販売価格:59,500円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

持ち帰るのに苦労する重量感あるパッケージ

DSC09924

こちらが商品パッケージ。

さすがにスピーカーが2つも同梱しているので、なかなかのサイズ感と重量感。

DSC09925

箱上部にハンドルがあるとはいえこの重量感はなかなかのもので、お店から家まで持ち運ぶのにえらい難儀しました^^;こういった重量感のある商品はやはり、ストアで購入して家まで直送してもらうのがベストですね!

DSC09926

保証書は箱のこの部分についています。開梱時には速やかにはがして、取説などとセットで保管しておくことをお勧めします。このままパッケージごとポイしちゃうと大変ですからね。

では早速開梱していきます。

同梱資料・付属品

DSC09929

同梱資料。取説や無線LANスタートガイドなどが付属。

無線LANを使用する場合はスタートガイドを見て設定していくことになります。ネットワーク系の設定は若干難しいですが、手順通りやっていけば恐らく問題ないかと思いますので、頑張って設定してみて下さい。

DSC09930

付属品。

リモコン・リモコン用電池、USBケーブル、FMアンテナ、AMループアンテナ、スピーカーコードなど。

有線LANケーブルや光デジタルケーブル、AVコードなどは付属していませんので、使用する際は別途オーダーする必要があります。



DSC09931

マルチオーディオコンポ「CMT-SX7」本体。

DSC09935

「MAP-S1」の下位モデル的な位置づけの製品ですが、本体重量は驚くほど軽いです。その割りには見た目はにチャチク無く、なかなかの面構えですね。

DSC09933

CDドライブも搭載しているので、今までためこんだ音楽資産も存分に活用することが出来るだけでなく、ハイレゾ相当の高音質で再生することが可能です。

またウォークマンやUSBメモリーを用意すれば、パソコンをつかうことなく録音することも出来ます。

DSC09934

本体天面にはNFCも搭載するので、ワンタッチでBluetoothの設定、接続・切断が可能。煩わしいBluetooth接続設定も自動で行ってくれます。

DSC09936

バナナプラグ対応のスピーカー端子も搭載しているので、付属のスピーカーコードやスピーカーだけでなく、より高音質タイプのものを自分で用意することも可能。

バナナプラグなら抜き差しも楽に行えるようになりますのでオススメですよ。



DSC09937
DSC09938

上位機種「MAP-S1」には搭載されなかったオプティカル端子を新しく搭載。テレビと接続することで、テレビ番組をより高音質に楽しむことも可能になりました。

DSC09941
DSC09942

付属のスピーカーも小さいながらなかなかの質感。40kHz以上のハイレゾ帯域まで再生できる27mmバランスソフトドームトゥイーターも搭載しているので、ハイレゾ特有の空気感を再現することが可能とのこと。

もちろんスピーカーコードの換装にも対応します。

何でもこいのマルチ再生機能

DSC09940

では早速使っていきましょう。

DSC09952

付属のリモコンだけでもある程度の操作は可能なのですが、より便利につかいたいならスマホアプリ「SongPal」を使う方が断然オススメ。

DSC09950

NFC搭載スマホならワンタッチでBluetooth接続設定することが出来るので、初心者でも迷うことなく使用頂けます。

DSC09948

ではまずCD再生から。

Screenshot_2015-06-25-11-40-09Screenshot_2015-06-25-11-40-16

使いかたは「SongPal」の【CD】のアイコンをタップしてトラックを選択するだけ。

付属のリモコンや本体のダイヤルなどでも操作は可能ですが、【CD】に切り替えるのがワンタッチで行うことが出来ない仕様になっているので、操作性があまりよくありません。「SongPal」ならワンタッチでモード切替が可能ですので使い勝手がいいんですよね。



CDの再生も「DSEE HX」のおかげで、より高精細でクリアな音質で音楽を楽しむことができます。音楽好きの方は特に、昔からかき集めているCDライブラリーを活かせますので、利用価値はかなり高いですよね!

DSC09956

ウォークマン「NW-ZX2」との連携も試してみます。

ウォークマン「NW-ZX2」といえば、高音質コーデック「LDAC」を使ってのBluetooth接続が真っ先に思いつくかと思いますが、それは以前ソニーストア大阪で試してみましたので、

関連エントリー


 ■ 【ストアレポート】ハイレゾ対応お手頃ミニアンプ「CMT-SX7」、実機フォトレビュー [15.06.02 記載]

今回はより高音質な環境でハイレゾ音源を楽しめる、2つの方法をご紹介したいと思います。

Screenshot_2015-06-25-11-36-02

まずは「SongPal」の新機能【このモバイル機器】を使う方法。

DSC09957

その名の通り、ZX2に入っている楽曲を無線LANで飛ばして再生する機能。iPhoneの「AirPlay」のような機能ですね。

DSC09958

もちろんハイレゾ楽曲はそのままハイレゾで転送することが可能で、更に手元で操作することも出来るので、ハイレゾ楽曲をより手軽に楽しむことが可能です。

DSC09961

もう一つは、USB DAC機能を使って再生する方法。


 ハイレゾ・オーディオ対応ウォークマン専用クレードル「BCR-NWH10」

  ソニーストア販売価格:14,750円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

ハイレゾ対応ウォークマン専用クレードル「BCR-NWH10」を使うことで、

DSC09962

充電しながらハイレゾ音源を楽しむことも出来ます。

どちらの方法でも、およそ5万円代のコンポとは思えないほどの音質で、ハイレゾ音源を存分に楽しむことが出来ました。「CMT-SX7」はセパレートタイプのスピーカーを採用していますので、同じ価格帯の「SRS-X88」よりベストな音場を作ることが出来るので、より自分の環境に合わせた位置で音楽を楽しむことが出来ます。

外だけでなく家でもじっくりハイレゾ音源を楽しみたい方にオススメのコンポと言えますね。ウォークマンやiPhone/iPad、CDにラジオ、テレビの音声、ネットラジオなど、あらゆるソースを高音質に楽しめます。

週明けには店頭にて展示を開始しますので、その実力を試してみたいという方は、当店店頭までどうぞ!



CDも、ワイヤレスも、ハイレゾ相当の高音質で楽しむ


 【ソニーストア】マルチオーディオコンポ「CMT-SX7」のご案内はこちらからどうぞ


関連エントリー


 ■ 【ストアレポート】ハイレゾ対応お手頃ミニアンプ「CMT-SX7」、実機フォトレビュー [15.06.02 記載]
 ■ ハイレゾ音源対応で、CDもBluetoothもハイレゾ相当の音質で楽しむことが出来るお手頃ミニアンプ「CMT-SX7」登場! [15.05.14 記載]
 ■ 【速報】ハイレゾ対応ワイヤレススピーカー2機種にマルチコンポ1機種をソニーが発表! [15.05.12 記載]



再生中もウォークマンの充電が可能な、ハイレゾ・オーディオ出力対応クレードル


 【ソニーストア】ハイレゾ・オーディオ対応ウォークマン専用クレードル「BCR-NWH10」のご案内はこちらからどうぞ


関連エントリー


 ■ ハイレゾ出力対応で充電にも対応するクレードル「BCR-NWH10」、使用感レビュー [15.03.31 記載]
 ■ ハイレゾウォークマン「NW-ZX1/NW-F885/NW-F886/NW-F887」、本体ソフトウェアアップデートのお知らせ [15.02.06 記載]
 ■ ZX2専用レザーケースを装着したままクレードルを使えるのか、試してみた [15.02.04 記載]
 ■ ウォークマン「NW-ZX2」と一緒に買いたいアクセサリー達 [15.01.22 記載]
 ■ ZX1でも使えるハイレゾ出力対応クレードル「BCR-NWH10」 [15.01.17 記載]



磨き抜かれた、高音質技術の結晶


 【ソニーストア】ウォークマン ZXシリーズ「NW-ZX2」のご案内はこちらからどうぞ


関連エントリー


 ■ コスパ抜群!1,000円以下のウォークマン「NW-ZX2」用ガラスフィルムを購入してみた! [15.05.11 記載]
 ■ ハイレゾ出力対応で充電にも対応するクレードル「BCR-NWH10」、使用感レビュー [15.03.31 記載]
 ■ 高音質のワイヤレス音楽再生を楽しめる「LDAC」を試してみた [15.03.26 記載]
 ■ ウォークマン「NW-ZX2」無償修理のお知らせ [15.03.13 記載]
 ■ ハイレゾウォークマン「NW-ZX2」に不具合改善アップデート! [15.03.12 記載]
 ■ 今ならウォークマン購入でハイレゾアルバムが貰えるかも!!? [15.03.11 記載]
 ■ 結局ZX2にふさわしいケースは「CKL-NWZX2」でした [15.03.10 記載]
 ■ LDAC搭載のヘッドセット「MDR-1ABT」、ストア実機レポート! [15.02.23 記載]
 ■ 高音質再生に特化したmicroSDXCカード「SR-64HXA」 [15.02.19 記載]
 ■ ウォークマン「NW-ZX2」 にオススメ!クロスフォレストのガラスフィルム使用感レビュー! [15.02.15 記載]
 ■ ウォークマン「NW-ZX2」、開梱フォトレビュー [15.02.14 記載]
 ■ ソニー音楽ソフトの裏番長「X-アプリ」にアップデートが来ていますよ~! [15.02.11 記載]
 ■ ZX2実機を触って見つけた、ちょっと嬉しかったこと [15.02.07 記載]
 ■ ZX2専用レザーケースを装着したままクレードルを使えるのか、試してみた [15.02.04 記載]
 ■ ウォークマン「NW-ZX2」と一緒に買いたいアクセサリー達 [15.01.22 記載]
 ■ ウォークマン「NW-ZX2」 到着に備え、ガラスフィルムを用意してみる [15.01.20 記載]
 ■ 【数量限定】高級感抜群!ZX2専用ソメスサドル社製本革 オリジナルケース「CC-ZX2/SOMES」 [15.01.17 記載]
 ■ ウォークマンフラッグシップモデル「NW-ZX2」 、実機フォトレビュー [15.01.16 記載]
 ■ 更に進化した究極のウォークマン「NW-ZX2」 登場! [15.01.16 記載]
 ■ 【速報】ソニー 約3倍の情報量を伝送可能なLDACに対応したウォークマン「NW-ZX2」 を発表! [15.01.15 記載]
 ■ 「2015 International CES」で登場したSONY製品のまとめ [15.01.07 記載]
 ■ 新型ウォークマン「NW-ZX2」が来る?? [15.01.05 記載]





nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました