So-net無料ブログ作成

パワフルサウンドが楽しめるワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-X55」、ソニーストアにてプライスダウン! [ヘッドホン・スピーカー・ホームシアター関連]



高音質コーデックLDAC(エルダック)により、Bluetoothで従来比最大約3倍の情報量を伝送可能にした、ワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-X55」が、ソニーストアにてプライスダウン、更にお買い求めになりやすい価格となりました。


 ワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-X55」

  ソニーストア販売価格:24,880円+税 ⇒ 22,880円+税
  カラーバリエーション:ブラック/ホワイト
   ⇒ 商品詳細はこちら

外でも内でも、有線でも無線でもイイ音で音楽を楽しむことが出来る「SRS-X55」がプライスダウン。

価格やサイズ感の割りに高音質なのが受けて、当店でもかなり人気のスピーカーとなっているんですよね。この値下げで更に売れること間違いなしです。

ウォークマンやスマホで音楽を聴く人は、1つあると幸せになること間違いなしの高音質スピーカーですよ^^



以下、「SRS-X55」の商品詳細。

 ■ 洗練された”Definitive Outline (ディフィニティブアウトライン)”デザイン
 ■ 高音質・重低音を妥協なく追求しながら、小型化を実現
 ■ コンパクトなボディにサブウーファー、「パッシブラジエーター」を背面に2つ配置
 ■ 新しいDSP設定により、最大ボリューム時の音質を改善
 ■ 約60Hzまでの低域再生を可能にする58mmのサブウーファーを搭載
 ■ コンパクトボディから実用最大出力約30W のパワフルな音を再生
 ■ 高音質デジタルアンプ技術「S-Master」を搭載
 ■ 圧縮された音源で失われがちな高音域を効果的に補完する「DSEE」搭載
 ■ ソニーならではの音を手軽に楽しめる「ClearAudio+」搭載
 ■ がり感のあるステレオサウンドを楽しめる「SOUND」ボタン搭載
 ■ 最大約3倍の情報量でBluetooth高音質再生を実現した高音質コーデック「LDAC」対応
 ■ スマホなどとのペアリングから接続・切断・接続切り替えが、ワンタッチで可能なNFC搭載
 ■ 8台までの機器をペアリングすることができるマルチペアリング対応
 ■ 音楽再生機器と通話機器に、それぞれ1台ずつ同時に接続ができるマルチポイント対応
 ■ 約4時間の充電で約10時間連続してワイヤレスリスニングが可能
 ■ 本機の充電バッテリーからスマホなどへ充電可能なへおすそわけ充電対応
 ■ 本体背面にアナログ入力端子、USB端子(外部充電用)を搭載



基本的な本体デザインは、現行モデル「SRS-X5」を踏襲した、スクエアな造形を囲む12辺のフレームを“Definitive Outline (ディフィニティブアウトライン)”デザイン。

本体サイズ、質量は「SRS-X5」と全く同じです。



本機最大の特徴は、従来のBluetooth音声コーデック「SBC」の3倍の情報量(最大990kbps)で送信可能な「LDAC」に対応していること。

送信する側の端末もLDACに対応する必要はあるのですが、それでも従来よりも遙かに高音質でワイヤレス環境で音楽を聴くことができるメリットは大きいですよね。



約60Hzまでの低域再生を可能にする58mmのサブウーファーや低音増強振動板ユニット「パッシブラジエーター」を2つ配置した「デュアル・パッシブラジエーター方式」を採用しているのは、現行機種「SRS-X5」と同じ。

小さいながらも、スピーカー全体が震えるほどの重低音を出力できるので、店頭展示していても、試聴した多くのお客さんが「よくこんなに小さなスピーカーでここまでの重低音がなるね」とビックリするほど。

本機は更に、サブウーファー・フルレンジスピーカーユニットの最適なバランスとデジタルシグナルプロセッサーの改善により、コンパクトボディから実用最大出力約30W のパワフルな音を再生出来るようにもなっています。



もちろんソニーが培ってきた高音質デジタルアンプ技術「S-Master」やMP3やBluetoothの伝送コーデックなどにより、圧縮された音源を原音により近い広がりのある音で再生可能な「DSEE」、ソニー独自のさまざまなデジタル信号処理技術を組み合わせることで、ソニーならではの音を手軽に楽しめる技術「ClearAudio+」などの高音質技術も引き続き搭載。



ワンタッチでBluetooth接続設定から機器の切替まで行える「NFC」にも対応、



8台までの機器をペアリングすることができるマルチペアリングと、音楽再生機器(A2DPプロファイル)と通話機器(HFPまたはHSPプロファイル)に、それぞれ1台ずつ同時に接続ができるマルチポイントに対応しているので、高音質なワイヤレス音楽鑑賞も、より手軽に、より便利に楽しむことが可能です。

なお詳しい仕様については、こちらの公式ページにてご確認下さい。

ワイヤレスポータブルスピーカー新旧比較
SRS-X55SRS-X5
使用スピーカー
直径38mm(フルレンジ)×2、 58mmサブウーファー
周波数帯域
60Hz-20000Hz
実用最大出力
30W(20W+5W+5W)
総合出力20W(10W+5W+5W)
Bluetooth標準規格
ver.3.0
ver.2.1 + EDR
Bluetooth対応プロファイル
A2DP,AVRCP,HFP,HSP
Bluetooth対応コーデック
SBC、AAC、LDAC
SBC、AAC、aptX
電池持続時間
約10時間
約8時間
最大外形寸法(幅×高さ×奥行)
約221mmx118mmx51mm
質量
約1200g(充電池を含む)


前機種「SRS-X5」との比較。省電力化したのか、10時間もの長時間駆動が可能になっているのも特徴の1つですね。

昨年キャンプに「SRS-X5」を持っていったのですが、これがまた大好評!

1日泊まりのキャンプならバッテリー残量を気にすることもないので、屋内だけでなく、野外でも音楽を存分に楽しむことができるので、メチャクチャ盛り上がりました。

こういったシチュエーションにも使えるのも、このシリーズの大きなメリットと言えますね。


 SRS-X5専用キャリングケース「CKS-X5」

  ソニーストア販売価格:3,000円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

持ち運ぶときは、別売のキャリングケースに入れておくと、本体を傷つけることなく持ち運ぶことが出来るので便利ですよ。



重低音が豊かに響く、2.1chサウンド。ワイヤレス×2.1ch X55


 【ソニーストア】ワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-X55」のご案内はこちらからどうぞ


関連エントリー


 ■ 更にパワフルになったポータブルスピーカー「SRS-X55」、実機フォトレビュー! [15.02.09 記載]
 ■ 高音質コーデックLDACに対応、家でも外でもパワフルサウンドが楽しめるワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-X55」 [15.01.23 記載]
 ■ 【速報】さらなる高音質に小型化を実現したワイヤレスポータブルスピーカー 「SRS-X55」「SRS-X33」「SRS-X11」発表! [15.01.22 記載]



持ち出すときに便利なSRS-X5/X55専用キャリングケース


 【ソニーストア】SRS-X5/X55専用キャリングケース「CKS-X5」のご案内はこちらからどうぞ


関連エントリー


 ■ ポータブルスピーカー「SRS-X5」専用ケース「CKS-X5」、開梱フォトレビュー [14.08.11 記載]
 ■ 【ストアレポート】ポータブルワイヤレススピーカー「SRS-X7」「SRS-X5」を見てきました! [14.01.22 記載]
 ■ ハイレゾ音源対応モデル「SRS-X9」などワイヤレススピーカー3機種発表! [14.01.17 記載]



気軽に持ち運んでワイヤレスリスニング。豊かな重低音サウンドを楽しめる、コンパクトな2.1chスピーカー


 【ソニーストア】ワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-X5」のご案内はこちらからどうぞ


関連エントリー


 ■ ポータブルワイヤレススピーカー「SRS-X5」、ソニーストアにて値下げ! [14.12.02 記載]
 ■ ポータブルスピーカー「SRS-X5」専用ケース「CKS-X5」、開梱フォトレビュー [14.08.11 記載]
 ■ 小さいのにパワフル高音質、ポータブルワイヤレススピーカー「SRS-X5」開梱フォトレビュー [14.08.09 記載]
 ■ 【ストアレポート】ポータブルワイヤレススピーカー「SRS-X7」「SRS-X5」を見てきました! [14.01.22 記載]
 ■ ハイレゾ音源対応モデル「SRS-X9」などワイヤレススピーカー3機種発表! [14.01.17 記載]
 ■ 「2014 International CES」で登場したSONY製品のまとめ その2 [14.01.08 記載]



磨き抜かれた、高音質技術の結晶


 【ソニーストア】ウォークマン ZXシリーズ「NW-ZX2」のご案内はこちらからどうぞ


関連エントリー


 ■ ウォークマン「NW-ZX2」と一緒に買いたいアクセサリー達 [15.01.22 記載]
 ■ ウォークマン「NW-ZX2」 到着に備え、ガラスフィルムを用意してみる [15.01.20 記載]
 ■ 【数量限定】高級感抜群!ZX2専用ソメスサドル社製本革 オリジナルケース「CC-ZX2/SOMES」 [15.01.17 記載]
 ■ ウォークマンフラッグシップモデル「NW-ZX2」 、実機フォトレビュー [15.01.16 記載]
 ■ 更に進化した究極のウォークマン「NW-ZX2」 登場! [15.01.16 記載]
 ■ 【速報】ソニー 約3倍の情報量を伝送可能なLDACに対応したウォークマン「NW-ZX2」 を発表! [15.01.15 記載]
 ■ 「2015 International CES」で登場したSONY製品のまとめ [15.01.07 記載]
 ■ 新型ウォークマン「NW-ZX2」が来る?? [15.01.05 記載]



聴けば戻れなくなる、濃密な音


 【ソニーストア】“ウォークマン”A10シリーズのご案内はこちらからどうぞ


関連エントリー


 ■ アナ雪ウォークマン「NW-A16/FROZEN」がやってきた! [14.12.19 記載]
 ■ 5,000円の「mora music ID」が貰える『もっとハイレゾを楽しもう!キャンペーン』開始! [14.12.05 記載]
 ■ ウォークマンA10シリーズ「VAMPS」モデル、その詳細が明らかに! [14.12.05 記載]
 ■ ウォークマンA10シリーズ「VAMPS」モデル、先行予約販売開始! [14.12.04 記載]
 ■ ウォークマンA10シリーズ「VAMPS」モデル、限定のアニメーションビデオがプリインストールされていることが明らかに! [14.11.21 記載]
 ■ A10シリーズ専用シリコンケース「CKM-NWA10」、使用感レポート [14.11.15 記載]
 ■ ウォークマンA10シリーズ「VAMPS」モデル、作成中のデザインをチラ見 [14.11.14 記載]
 ■ ハイレゾウォークマンの製品登録でハイレゾ楽曲をもらっちゃおう! [14.11.12 記載]
 ■ 今、アナ雪ウォークマン「NW-A16/FROZEN」を手に入れる一番の近道とは? [14.11.10 記載]
 ■ ウォークマン Aシリーズ クリスマス アナと雪の女王ボックス完売! [14.11.08 記載]
 ■ ストアレポート ウォークマン「アナと雪の女王」Frozen Harmony Boxを見てきました [14.11.07 記載]
 ■ ハイレゾ対応ウォークマンAシリーズに「アナと雪の女王」モデルが魅力的すぎる!! [14.11.07 記載]
 ■ ハイレゾウォークマン「A10シリーズ」の内蔵スピーカーについてのお話 [14.10.12 記載]
 ■ 32GB?64GB?ハイレゾウォークマン「A10シリーズ」のモデルを選ぶときに頭に入れておきたいこと [14.10.05 記載]
 ■ ストアレポート、ハイレゾウォークマン「A10シリーズ」専用ケースをじっくり見てみる [14.10.03 記載]





nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました