So-net無料ブログ作成

「2016 International CES」で登場したSONY製品のまとめ [店舗情報・イベント・セミナー・お知らせ関連]

2016-01-07_060113

2016年1月6日(水)より開催される「2016 International CES」(国際家電ショー)において、2016年発売予定の新商品群が多数出展、発表されました。

写真などは少ないないのですが、どういったものが発表されたのか軽くご紹介したいと思います。

【SONY報道資料】
CES 2016 出展について

4Kブラビア

4Kブラビア2016
4Kテレビの高画質技術と、高輝度・高コントラストで色調豊かな映像を表現する最新技術として注目されているHDR(ハイダイナミックレンジ)技術を融合した4Kブラビア「X930Dシリーズ」を発表。

【X930Dシリーズ】
 ・ソニー独自の薄型バックライト技術Slim Backlight Driveを搭載
 ・広色域技術トリルミナスディスプレイ
 ・高コントラスト技術「X-tended Dynamic Range(PRO)」
 ・さらなる薄型化
 ・“4K高画質プロセッサー”「X1」や「4K X-Reality PRO」を搭載
 ・テレビ番組やBDの映像を4Kアップスケーリング
 ・見たいコンテンツに素早くアクセスできるソニー独自のUIや音声検索

直下型LEDバックライトでしか実現できなかった格子状の高精度部分駆動をソニー独自のバックライトシステム構造で可能にした「Slim Backlight Drive」が大きな進化と言えそうですね。更なる高画質を追求しながらも薄型化を両立している点も大きなポイント。

ただ、ハイレゾ対応の文言が見当たらないところや大型スピーカーが内蔵されていないところをみると、今回のモデルは音質的な面の大きな進化は無さそうな感じですね。

また、4K/HDRコンテンツの魅力を最大限に引き出すソニー独自の次世代技術として、超高輝度・高コントラストのBacklight Master Driveを参考展示。

多数の直下型LEDを高密度に実装することで、超多分割部分駆動を実現しX-tended Dynamic Range PROと組み合わせることにより、これまでにないダイナミックレンジの広さによって、映像の立体感と奥行き感が飛躍的に向上、最大4000nitsの超高ピーク輝度で鮮烈な光の輝きを表現すると同時に、引き締まった深い黒を緻密に表現し、あたかも目の前に存在するかのようなリアリティで描写することが出来るそうです。

このあたりは「Phile-web」が詳しくレポートされているので、こちらにてご確認下さい。
 ⇒ <CES>次世代BRAVIAに搭載? 4,000nitの超多分割LED駆動「Backlight Master Drive」詳細を聞く

プレスカンファレンスでは、ソニー・ピクチャーズホームエンタテインメントが米国で2016年に新しい4Kストリーミング配信サービス"ULTRA"を開始することもあわせて発表されています。

HDRコンテンツが手軽に楽しむことが出来るサービスとなりそうですよね。コンテンツの数や内容、料金的な話はまだ未定のようですが、是非日本でも展開して欲しいところ。

「Phile-web」によると、4K対応のAndroid OSを搭載するブラビアに対応するサービスということですので、4Kブラビア2015年モデルも見ることが出来るかもしれませんね^^
 ⇒ <CES>ソニー、プレスカンファレンスで独自の「4K/HDR」ロゴやハイレゾ対応戦略商品を発表

オーディオ

ku7ote0000027grj
ハイレゾの高音質な音楽とともに、日常を色鮮やかに、またファッショナブルに変えるh.ear (ヒア)シリーズの新カテゴリーとして、モバイル性に富んだワイヤレススピーカー「h.ear go」と、ワイヤレスヘッドホン「h.ear on Wireless NC」、「h.ear in Wireless」を新たに発表。

【ワイヤレススピーカー「h.ear go」】
 ・ハイレゾ対応の35mm径フルレンジスピーカーを搭載
 ・ソニー独自のDSPも内蔵
 ・今夏にはアップデートでマルチルーム再生
 ・バッテリー持続時間は約12時間
 ・Wi-Fi対応
 ・GoogleCastやSpotifyにも対応
 ・LDAC対応
 ・DSEE HX搭載

【ワイヤレスヘッドホン「h.ear on Wireless NC」】
 ・Bluetoothによるワイヤレス接続とノイズキャンセリングに両対応したヘッドホン
 ・40mmのHDドライバーを搭載
 ・DSEE技術も搭載
 ・バッテリー持続時間は約20時間

【ワイヤレスヘッドホン「h.ear in Wireless」】
 ・ネックストラップ型のBluetoothイヤホン
 ・LDAC対応でワイヤレスでも高音質
 ・NFC対応
 ・ドライバーは9mm
 ・「ビートレスポンスコントロール」機能搭載

さらに、ハイレゾ商品ラインアップの拡充に加え、従来からご好評をいただいている重低音の量感を重視したEXTRA BASS(XB)シリーズのラインアップを拡充し、新たに、ヘッドホン「MDR-XB650BT」、ワイヤレススピーカー「SRS-XB3」、「SRS-XB2」、ハイパワーオーディオ「GTK-XB7」を展開。

【ヘッドホン「MDR-XB650BT」】
 ・30mm径とドライバー
 ・ベースブースターを搭載
 ・約30時間以上の動作が可能

【ワイヤレススピーカー「SRS-XB3」「SRS-XB2」】
 ・EXTRA BASS機能により低音再生を強化
 ・SRS-XB2は12時間以上、SRS-XB3は24時間以上のバッテリー持続時間を実現
 ・両モデルともにIPX5相当の防水機能も搭載

SONY報道資料にはなかったですが他にもWi-Fi/Bluetoothスピーカー「SRS-ZR7」「SRS-ZR5」やサウンドバー「HT-NT5」、AVアンプ「STR-DN1070」、アナログプレーヤー「PS-HX500」等も展示されていたようです。

この中でも特にアナログプレーヤー「PS-HX500」は非常に面白い製品で、アナログレコードを最大5.6MHzのDSDで録音することが可能なアナログプレーヤー。

無料で提供されるPC用アプリ「Hi-Res Audio Recorder」でかんたんに録音や編集ができるので、レコードを高音質でデジタル保存、ウォークマンなどで持ち歩くといった事が可能になります。

当店のお客様でもレコードからデジタル音源を作成されたいといった声をよく聞いていたので、(値段にもよりますが)この製品は結構需要があるかもしれませんね^^
 ⇒ <CES>ソニー、“ハイレゾロゴ取得”のアナログプレーヤー「PS-HX500」

デジタルイメージング

ハンディカム

噂されていたEマウントのレンズや「α99Ⅱ」等の発表はなく、ハンディカム、アクションカムの発表のみになりました。

【4Kハンディカム「FDR-AX53」】
 ・新開発の光学20倍ZEISS レンズと画素サイズ約1.6倍の高感度イメージセンサー
 ・ワイドからズームまで強力に手ブレを抑える空間光学手ブレ補正機能を搭載
 ・新たに高速・高精度なフォーカスを実現するファストインテリジェントAF
 ・原音に近いクリアでステレオ感の高い録音を可能にする新マイク構造
 ・EVファインダー採用

【HDハンディカム「HDR-CX675」】
 ・インテリジェントアクティブモードに対応した空間光学手ブレ補正機能
 ・新たに高速・高精度なフォーカスを実現するファストインテリジェントAF
 ・5.1chマイクを搭載

【アクションカム「HDR-AS50R」】
 ・カメラの電源操作も含めたフルコントロールや直観的な操作が可能になったライブビューリモコンを同梱
 ・より幅広い映像表現を可能とする4Kタイムラプス撮影
 ・同梱ハウジングを用いた水深60mまでの水中撮影にも新たに対応
 ・最大1080/60pまでの動画撮影に対応する16.8Mの「Exmor R CMOSセンサー」を搭載
 ・ライブビューリモコンの液晶とともにメニュー項目をアイコン化
 ・本体底部には三脚ねじ穴搭載

4K撮影対応や新しいタイプのアクションカムの発表はなし、1型センサー搭載のハンディカムの発表もなしと少し寂しい発表となりました。

ただ新しいアクションカムはライブビューリモコン含め、操作性もブラッシュアップしていて使いやすくなっている点など進化点も多く見受けられます。エントリーモデルという扱いになっているので、価格的なメリットも期待できそうですね。

Life Space UX (ライフ スペース ユーエックス)

Life Space UX

日本では既に販売を開始している「LED電球スピーカー」や、


 LED電球スピーカー「LSPX-100E26J」

  ソニーストア販売価格:23,880円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

約10cm四方の小型サイズながらスピーカーとバッテリーを内蔵し、壁やテーブル面など、家の中のさまざまなところに、簡単に22~80インチの映像を投写できる「ポータブル超短焦点プロジェクター」および、インテリアに調和する温かみのあるあかりと、光源を覆う筒状の有機ガラスが全方向に音を広げ、透き通るような音と光で空間を満たす「グラスサウンドスピーカー」を展示。

ただこれらの商品も昨年の「ソニーストア大阪11年記念祭」にて日本では先行展示されていたモノ。

DSC09963
DSC09966
DSC09968

ストアで見た時は参考展示でしたので、思うように動作しなかったりと不安定な作りではありましたが、ポータブル単焦点プロジェクターは予想以上に面白い製品と感じました。

日本では今春より発売開始ということです。価格や仕上がり具合が非常に気になりますね!




事前に噂されていた「α99Ⅱ」やEマウントレンズ、ハイレゾウォークマンやUltra HD Blu-rayプレーヤーの発表がないなど、少しパンチ感が少ない発表だと感じました。今年初となる大きな発表の場だっただけに、もう少しサプライズ感のある商品発表が欲しかったところですね。

今回紹介させて頂いた機種に関しては、早々に日本市場でも正式発表されるモノもあるかと思います。発表が有り次第、詳細をお伝えさせて頂きますね!

2016 International CES出展についてのご案内はこちらからどうぞ



いつもの空間をそのままに、音と光が溶け込む。Bluetoothでワイヤレス再生ができるLED電球スピーカー


 【ソニーストア】LED電球スピーカー「LSPX-100E26J」のご案内はこちらからどうぞ


関連エントリー


 ■ LED電球スピーカーとLineMeカラーケーブルセット「LSPX-100E26J/LineMeSET」オーダー受付開始! [15.08.04 記載]
 ■ 不思議な空間を演出するLED電球スピーカー「LSPX-100E26J」、使用感レビュー! [15.06.27 記載]
 ■ LED電球スピーカー「LSPX-100E26J」ご愛用のお客様へ 自動消灯に関するお知らせ [15.06.01 記載]
 ■ 【ストアレポート】LED電球スピーカー「LSPX-100E26J」を一足先に見てきました! [15.05.19 記載]
 ■ ワイヤレススピーカー搭載のLED電球「LSPX-100E26J」をソニーが発表! [15.05.12 記載]





nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 14

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました