So-net無料ブログ作成

圧倒的なAF性能!更に進化した4D FOCUS搭載のミラーレス一眼『α6300』登場!! [一眼カメラ "α" 関連]



世界最速0.05秒の高速AFを実現し、世界最多425点全面位相差AFセンサーの搭載や新開発の動体追従アルゴリズムにより、アクティブなスポーツシーンから動物の俊敏な動きまで、狙った被写体の一瞬を逃さず高精度に捉え続ける、レンズ交換式デジタル一眼カメラ『α6300』が、ソニーより発表されました。


 デジタル一眼カメラ「ILCE-6300」

  ソニーストア販売価格:134,880 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら


 デジタル一眼カメラ「ILCE-6300L」パワーズームレンズキット

  ソニーストア販売価格:149,880 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

【プレスリリース】
世界最速0.05秒の高速AF*を実現し、世界最多※2425点の全面位相差AFセンサー搭載で 一瞬の動きを高精度に捉え続けるミラーレス一眼カメラ『α6300』発売

ミラーレス一眼『α6300』の主な特徴は以下の通り。

 ● 世界最速0.05秒の高速レスポンスを実現
 ● 世界最多となる425点像面位相差AFセンサーを採用
   ⇒ コントラストAFを画面のほぼ全域に配置
 ● 動体追従性能を大幅に向上させる新開発の「高密度AF追従テクノロジー」
   ⇒ α6000の約7.5倍の密度でAF枠を集中配置させることで、より正確に被写体を捕捉
 ● 高速性と追従性に優れた位相差AFと高精度なコントラストAFを併用する「ファストハイブリッドAF」が進化
 ● AF・AE追従 最高約11コマ/秒の高速連写
 ● 連写中も被写体を追いやすい最高約8コマ/秒の高速ライブビュー連写
 ● Aマウントレンズ装着時の像面位相差AFに対応
 ● 動画撮影時にもファストハイブリッドAFに対応
   ⇒ 動画撮影時も高い精度と追従性でスムーズなフォーカシングが可能
   ⇒ α6000に比べ最大2倍高速化
   ⇒ AFの駆動速度や追従感度も調整でき、シーンに合ったフォーカス表現が可能
 ● 直感的に選択できるフレキシブルスポットのダイレクト移動
 ● ピンポイントの動体撮影をサポートする「拡張フレキシブルスポット」
 ● 拡大表示しながらのAFが可能
 ● 緻密(ちみつ)なピント合わせを可能にする「瞳AF」
 ● シーンに応じて選べる「フォーカス/レリーズ優先」「バランス重視」設定
 ● 手動でのピント合わせを行うときに画面を自動で拡大表示する「MFアシスト」機能
 ● シャープな部分を色つきで表示する「ピーキング」機能
 ● 新開発の有効約2420万画素APS-Cセンサー搭載
   ⇒ 銅配線の採用と回路プロセスの進化により、集光効率が大幅に向上
   ⇒ ISO100-51200の幅広い感度領域での撮影を可能に
   ⇒ 解像力と低ノイズを高いレベルで両立
   ⇒ 読み出し速度が格段に向上
   ⇒ 画素加算のない全画素読み出しによる4K動画記録に対応
   ⇒ フルHD 120fpsのハイスピード撮影に対応
 ● ISOオート時の低速限界設定が可能に
 ● 最高約3コマ/秒連写に対応したサイレント撮影機能
 ● 画素加算のない全画素読み出しによる圧倒的な高解像4K動画記録対応
 ● プロフェッショナルの映像制作をサポートする、進化した動画撮影機能
   ⇒ ピクチャープロファイルやタイムコード、HDMIクリア出力に対応
   ⇒ S-Log収録時にモニタリングしやすいガンマ表示アシスト機能
   ⇒ 露出合わせがしやすいゼブラ機能
   ⇒ S-Gamut3.Cine/S-Log3、S-Gamut3/S-Log3に対応
   ⇒ 外部モニターで映像を確認できるHDMI同時出力
 ● 高コントラスト・高解像度を実現する約235万ドット XGA OLED Tru-Finderを搭載
   ⇒ 通常の2倍のフレームレート(120fps)で表示可能なモードを新搭載
   ⇒ ファインダーフレームレートは、被写体に合わせて60fps/120fpsから選択可能
 ● 高い堅牢性を実現するフルマグネシウム合金ボディ
 ● 主要な操作ボタンやダイヤルにシーリング処理を施し、防塵・防滴に配慮した設計
 ● より剛性の高いマウント構造を採用
 ● 自由なアングルで撮影できる、チルト可動式液晶モニター
 ● 撮影者のこだわりに応えるカスタマイズ機能が充実
 ● 水平・上下方向の傾きを確認できる「デジタル水準器」表示
 ● 夜空の撮影に便利なブライトモニタリング
 ● USB端子からの充電と給電にも対応
 ● 臨場感あふれる音声を記録できる内蔵ステレオマイク
 ● マイク端子搭載、XLRアダプターキットに対応
 ● 写真や動画をワンタッチで転送できる「ワンタッチシェアリング」
   ⇒ NFC対応のスマホやタブレットにワンタッチするだけで、写真や動画を簡単に転送
 ● NFC対応のスマホやタブレットにワンタッチするだけで、スマホでリモコン撮影
 ● アプリでカメラが進化するPlayMemories Camera Apps
 ● 個性的なアート作品がつくれる「ピクチャーエフェクト」
 ● 写真の仕上がりを設定できる13種類の「クリエイティブスタイル」
 ● カメラ一振りでパノラマ写真ができる「スイングパノラマ」機能
 ● お持ちのレンズでキレイにズームできる「全画素超解像ズーム」
 ● 見たままのイメージを再現する「オートHDR(ハイダイナミックレンジ)」機能
 ● 自然な階調に自動補正する「Dレンジオプティマイザー」機能

進化した4Dフォーカス


α6300最大の特徴は、さらなる進化を遂げた“4Dフォーカス”システムによるAF性能の大幅な進化でしょう。

original_a6300_AF_fast

高速性と追従性に優れた位相差AFと高精度なコントラストAFを併用する「ファストハイブリッドAF」の進化と画像処理エンジン「BIONZ X(ビオンズ エックス)」の高速処理を最適化させたことで、世界最速0.05秒の高速AFを実現

y_a6300_AF_coverage

425点の像面位相差AFセンサーと169点のコントラストAFを画面のほぼ全域に配置することで、小さな被写体も画面の広範囲で高精度に捉えることが可能に!動く被写体に対しても、画面いっぱいに捉え続けることが可能になりました。

y_a6300_AF_tracking

動体予測アルゴリズムが進化した「高密度AF追従テクノロジー」も新しく搭載

被写体位置に対し、α6000の約7.5倍の密度でAF枠を集中配置させることで、より正確に被写体を捕捉。さらに、この超高密度な集中枠を被写体の動きに合わせて動的に追従させ、より精度高く捉え続ける事が可能になりました。

y_a6300_high_speed_LV

最高約11コマ/秒のAF・AE追従高速連写を実現しているだけで無く、電子ビューファインダー/液晶モニターへの表示アルゴリズムの進化により、連写中もほぼタイムラグなしで映像を表示しながら、最高約8コマ/秒の高速連写が可能になりました。

「論より証拠」ではないですが、α6300のAF性能の進化を確認するには、以下の動画を見て頂くのが一番早いかと思います。




凄まじいほどのAF追従性能ですね、「α6000」が登場したときにもそのAF性能に驚かされましたが、今回はそれ以上の驚きです。

y_a6300_A-mount

「α7Ⅱシリーズ」と同じように、マウントアダプター(LA-EA3)を介したAマウントレンズ装着時でも、425点の像面位相差AFが利用できますので、Aマウントレンズをお持ちの方も、新しいAFシステムを利用することが出来ます。

ボディサイズの小さい『α6300』をサブ機として活用するというのもアリですよね!


 マウントアダプター「LA-EA3」

  ソニーストア販売価格:19,880円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

新開発Exmor CMOSセンサー搭載

original_a6300_CMOS_01

画素数は据え置きの2420万画素ですが、搭載されたAPS-Cセンサーは新開発された新しいモノ。

original_a6300_process

銅配線の採用と回路プロセスの進化により、集光効率が大幅に向上しよりノイズの少ない高画質を実現。そのセンサー特性を最大限に生かすことで、常用ISO感度100-25600、拡張ISO感度最高51200を実現。幅広い感度領域で、解像力と低ノイズを両立したセンサーに生まれ変わりました。

感度を上げて撮影出来ることで、光量の少ない場所でもシャッター速度を落とすことなくぶれの少ない写真を撮影することが出来るんですよね。

露出モード「プログラムオート(P)」「絞り優先(A)」で、ISOオートまたは「マルチショットNR(ノイズリダクション)」機能のISOオートを選択した際、ISO感度が変わりはじめるシャッタースピードを設定出来る機能も搭載しています。「α7RⅡ」などにも搭載されている機能ですよね。

シャッター音を消音できるサイレント撮影機能も搭載。学芸会や野生動物の撮影など、静粛性を求められるシーンでの撮影では、もはや必須といって良い機能ですよね。子供が幼稚園の時、一眼で撮影していて、他の親御さんに何度睨まれたことか、その時この機能があれば、遠慮せずにバシバシ撮影出来たんですけどね^^;

APS-Cセンサーによる高解像4K動画記録

original_a6300_super35mm

シネマカメラユーザーが扱い慣れたSuper 35mmフォーマットでの高解像度4K動画が本体内で記録可能。画素加算のない全画素読み出しにより、4K(QFHD:3840×2160)映像に必要な画素数の約2.4倍(6K相当)の豊富な情報量を凝縮して4K映像を出力。オーバーサンプリング効果により、圧倒的な解像力を誇る4K画質を実現しています。



2016-02-20_082239

4K(30p/24p)記録時は最大100Mbps、フルHD(60p/30p/24p)記録時には最大50Mbpsの高ビットレートでの高画質記録が可能なXAVC Sを採用。

2016-02-20_082507

高画質なフルHD映像での120fps ハイスピード撮影に対応。フルHD 120fpsのハイフレームレート撮影時には、最大100Mbpsで記録が可能なため、後編集で高画質なスローモーション映像を撮影することも出来ます。更に本体内で30p/24p記録を選択することで4倍/5倍のスローモーション動画を手軽に録画することも。

ここでも『α6300』のAF追従性能を生かしてしっかりピントの合った、奥行き感のある動画を撮影することが出来ます。



y_a6300_proffesional
original_a6300_SLog

本格的な動画撮影の現場に求められるさまざまな動画機能を搭載しているのも『α6300』の特徴の一つ。

ピクチャープロファイルやタイムコード、HDMIクリア出力など従来から搭載されている機能に加え、S-Log収録時にモニタリングしやすいガンマ表示アシスト機能や露出合わせがしやすいゼブラ機能など、さまざまな動画撮影機能が進化しプロフェッショナルワークフローを強力にサポートします。

高い信頼性と進化した操作性

y_a6300_TruFinder

高コントラスト・高解像度を実現する約235万ドット XGA OLED Tru-Finderを搭載。更にスゴイのが、通常の2倍のフレームレート(120fps)で表示可能なモードを新搭載したこと(ファインダーフレームレートは、被写体に合わせて60fps/120fpsから選択可能)。ファインダー上で動体を狙う際、より残像の少ない、なめらかな表示が可能になりました。

精細さはもちろん動体撮影にも有効な高フレームレートに対応と、『α6000』に搭載されているファインダーとは、次元の違う出来になっているようです。

y_a6300_magnesium

やわなプラッチッキーなボディだった『α6000』ですが、『α6300』では過酷な環境下での撮影にも耐えられる堅牢なボディを実現するために、トップカバー、フロントカバー、内部フレームに加えて、リアカバーにも軽量かつ剛性の高いマグネシウム合金を採用

original_a6300_mount

Eマウントレンズの他に、Aマウントの望遠レンズや動画用の重量レンズなど、多種多様なレンズが装着されることを考慮し、より剛性の高いマウント構造を採用しているのもうれしいところ。

せっかくAマウントで425点の像面位相差AFが利用できても、やわなマウントでは安心して使えませんからね。

original_a6300_waterproof

また防塵・某的に配慮した設計になっているのも大きなポイント。

主要な操作ボタンやダイヤルにシーリング処理を施し、各キャビネット部品のあわせ目を凹凸にすることで2重構造化。ボディ全体にわたりシーリングを効果的に施し、水滴やほこりが浸入しにくいボディーに生まれ変わりました。

y_a6300_desigin

より安心感のある操作性を実現するため、グリップの握りやすい形状をも追求。シャッターボタンを押した時やモードダイヤルを回した時の感触にまでこだわり、心地よい操作感を実現しているとのこと。

このやりすぎと言われるほどのこだわり、スゴイですよね。実機を触るのが楽しみになってきますね。

y_a6300_control_wheel

ボタンカスタマイズ機能も大幅に進化。

撮影時に使用する機能の割り当てに加え、再生時の機能の登録にも対応。9個のカスタムボタンを搭載し、撮影時には最大64項目の機能を登録できるため、よく使う機能を瞬時に呼び出すことが出来ます。

y_a6300_tilt

上方向に約90度、下方向に約45度まで角度を調節できるチルト可動式液晶モニターももちろん搭載。自撮りに便利な180度可動こそ対応していませんが、ハイポジションで撮影したり、子どもや動物の目線にあわせて低く構えたりと、さまざまなポジションやアングルで無理なく撮影出来ますよね。

original_a6300_degital_meter

『α6000』ユーザーが渇望していた水平・上下方向の傾きを確認できる「デジタル水準器」表示にも対応しました。

そうそう、この機能が欲しかったんですよ^^

その他機能詳細については、こちらの公式ページよりご確認下さい。



もはや6000番台にしておくには勿体ないくらいの進化プリ。トライダイヤルナビを搭載して『α7000』で出した方がよかったのでは・・・なんて思ってしまいます^^;

『α6300』『α6000』の違いを以下の表にまとめてみました。

『α6300』『α6000』機能比較
α6300α6000
カメラ有効画素数
約2420万画素
約2430万画素
14bit RAW 出力
あり
なし
ISO感度
静止画撮影時:ISO100-25600 (拡張:上限ISO51200) 動画撮影時:ISO100-25600相当
ISO100-25600 動画撮影時:ISO100-12800相当
ISO AUTO低速限界
あり
なし
ブライトモニタリング
あり
なし
著作権情報
あり
なし
ファイル名設定
あり
なし
PlayMemories Camera Apps
あり
あり
全画素超解像ズーム
あり
あり
シャッター速度範囲
1/4000-30秒、バルブ
1/4000-30秒、バルブ
サイレント撮影
あり
なし
手ブレ補正機能
交換レンズ側対応
交換レンズ側対応
手ブレ補正機能
交換レンズ側対応
交換レンズ側対応
NFC ワンタッチリモート
あり
あり
NFC ワンタッチシェアリング
あり
あり
動画記録方式
XAVC S、AVCHD規格 Ver.2.0準拠、MP4
XAVC S、AVCHD規格 Ver.2.0準拠、MP4
4K動画撮影
あり
なし
ハイフレームレート撮影
あり
なし
ピクチャープロファイル
あり
なし
ガンマ表示アシスト
あり
なし
AF測距点数
425点(位相差検出方式) 169点(コントラスト検出方式)
179点(位相差検出方式) 25点(コントラスト検出方式)
フォーカスエリア
ワイド(425点(位相差検出方式) 169点(コントラスト検出方式)) ゾーン 中央 フレキシブルスポット(S/M/L) 拡張フレキシブルスポット ロックオンAF
ワイド(179点(位相差検出方式) 25点(コントラスト検出方式)) ゾーン 中央重点 フレキシブルスポット(S/M/L)
瞳AF
あり
あり
LA-EA1/LA-EA3使用時の検出方式
選択可 (位相差検出, コントラスト検出)
コントラスト検出
ファインダー形式
1.0cm(0.39型) 電子式ビューファインダー
1.0cm(0.39型) 電子式ビューファインダー
ファインダー総ドット数
2,359,296 ドット
1,440,000ドット
ファインダー視野率
100%
100%
ファインダー倍率
約1.07倍
約1.07倍
ファインダーフレームレート選択
あり(1倍、2倍)
なし
液晶モニター形式
7.5cm(3.0型)ワイド TFT駆動
7.5cm(3.0型)ワイド TFT駆動
液晶モニタードット数
921 600ドット
921 600ドット
液晶モニター角度調整機能
カメラ背面に対して 上約90°,下約45°
カメラ背面に対して 上約90°,下約45°
静止画撮影可能枚数/時間
ファインダー使用時:約350枚 液晶モニター使用時:約400枚
ファインダー使用時:約310枚 液晶モニター使用時:約360枚
USB給電
あり
なし
質量
約404g
約344g
外形寸法
約120.0(幅) x 66.9(高さ) x 48.8 (奥行き)mm
約120.0(幅) x 66.9(高さ) x 45.1 (奥行き)mm


変更になったところを主に抽出しているところもありますが、進化の度合いを知るには十分な性能差と言えますよね。バッテリー性能もよくなっているのもうれしいところ。

ただやはり、重量寸法ともに増加している点は注意が必要。

実機を触ってみないと何とも言えませんが、寸法的には奥行きのみ増加していている感じですので、グリップ感さえ向上していればサイズ/質量の違いは気にならないような気がしますね。

てことで
すぐにでも実機を確認したいところですが、ソニーストア直営店の展示は3月初頭から。いち早くおさわりできるのは日本最大のカメラショー「CP+」のソニーブースとなりそうです。

私は所用で行くことができませんが、気になる方はぜひ「CP+」で体験してくださいね^^

ソニーストアでは既に先行予約販売を開始しております。今のところ、レンズキット、ボディ共に発売日である「2016年03月11日頃お届け」と案内されています。

ちなみにソニーストアで購入頂くと、水濡れ・破損まで保証してくれる手厚い「長期保証<3年ワイド>」がなんと無償!AV10%OFFクーポンももちろんご利用いただけるので、ミラーレス一眼カメラを購入するならソニーストアが断然おトク!!

クーポンをお持ちで無い方は、当店店頭まで来て頂くことでクーポン発行のお手伝いもさせて頂いています。ソニーストアで購入されたい方は、是非当店までお越し下さいね!


 αフォトライフサポート_単品「LL/AS-FLS_B」

  ソニーストア販売価格:5,000円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

さらにカメラと同時に「αフォトライフサポート」に加入いただくと、通常より2,000円安い3,000円(税別)でご加入いただくことが可能

レンズ価格が5%OFFで購入出来るだけでなくセミナー料金割引など、特典満載のサービスとなっています。またblog上では規定でお知らせすることが出来ませんが、「αフォトライフサポート」会員だけの超おトクなオリジナルサービスなんかもあったりしますしね。

こちらの加入もぜひご検討ください!



進化した4Dフォーカスで、最高の一瞬を逃さない。有効約2420万画素APS-Cセンサーと4K動画記録を備えた小型・軽量一眼カメラ


 【ソニーストア】デジタル一眼カメラ「ILCE-6300」のご案内はこちらからどうぞ


関連エントリー


 ■ 海外にてAF性能を極限まで進化させた「α6300」とレンズが発表された模様 [16.02.04 記載]



35mmフルサイズセンサー対応のマウントアダプター


 【ソニーストア】マウントアダプター「LA-EA3」のご案内はこちらからどうぞ


関連エントリー


 ■ 「α7Ⅱ」 非圧縮RAWでの撮影などに対応したアップデートの提供開始! [15.11.18 記載]
 ■ 海外にて「α7Ⅱ」の新ファームが正式発表された模様 [15.11.05 記載]
 ■ 4240万画素裏面照射センサー搭載のモンスターミラーレスカメラ「α7RⅡ」降臨! [15.06.29 記載]
 ■ 「α7シリーズ」に是非使って頂きたい、当店に眠るαレンズの名玉(中古)達 [13.11.13 記載]
 ■ 【速報】フルサイズEマウント5本にAマウントGレンズ一本、発売決定! [13.10.16 記載]
 ■ レンズ交換式HDビデオカメラとして世界で初めて35mmフルサイズCMOSイメージセンサーを搭載した“ハンディカム”「NEX-VG900」 [12.09.13 記載]



チャージャーとバッテリーをセットにしたお得なキット


 【ソニーストア】アクセサリーキット「ACC-TRW」のご案内はこちらからどうぞ


関連エントリー


 ■ サイバーショット「RX10Ⅱ」、開梱フォトレビュー [15.08.16 記載]
 ■ ボディ内手ブレ補正搭載の「α7Ⅱ」と一緒に買いたいアクセサリー達 [14.11.23 記載]
 ■ 装着したままバッテリーの交換が可能なボディケース「LCS-EBB」など、「α5000」対応のアクセサリー3アイテム、ソニーストアにて先行予約販売開始! [14.01.24 記載]





nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました