So-net無料ブログ作成

新型『VAIO Z』(フリップ/クラムシェルモデル)実機レビュー、まずは外観チェクだ! [VAIO・PC・タブレット関連]

VJZ13-0006

ついに出荷が開始された新型「VAIO Z」。手元に届いてそのパワフルさに至高のひとときを感じておられる方も多いのでは無いでしょうか。

大阪枚方にありますカメラの八雲 くずはモール店にも、待望の店頭展示機が到着。しかもフリップモデルだけでなくクラムシェルモデルの展示機も同時に届いています。

これから新型「VAIO Z」を触っていろいろ試していきたと思っていますが、今回はまず第一弾として、フリップ/クラムシェルモデルの外観の違い、先代「VAIO Z」との違いを見ていきたいと思います。


 パーソナルコンピューターVAIO Z フリップモデル「VJZ13B1」

  ソニーストア販売価格:199,800 円+税 ~
  カラーバリエーション:ブラック・シルバー
   ⇒ 商品詳細はこちら


 パーソナルコンピューターVAIO Z クラムシェルモデル「VJZ1311」

  ソニーストア販売価格:156,800 円+税 ~
  カラーバリエーション:ブラック・シルバー
   ⇒ 商品詳細はこちら

まずは開梱、各モデル、同梱物にも特徴が!


ではまず、パッケージ・同梱資料・付属品から見ていきます。

VJZ13-0001
VJZ13-0002

パッケージ自体は、「フリップ/クラムシェル」共に旧モデルと同じモノ。

VJZ13-0003

但し付属品は少し違います。

タッチパネルモデルのフリップモデルはデジタイザースタイラスペンとペングリップ、クラムシェルモデルはクリーニングクロスが付属します。非タッチパネル搭載のクラムシェルモデルにに、デジタイザースタイラスペンなどが付属しないのは当然ですので納得ですが、タッチパネル搭載のフリップタイプにクリーニングクロスが付属しないというのが謎ですね。

どちらかというとタッチパネル搭載モデルこそクロスクリーニングが必要と思うのですが・・・。

てことで、フリップタイプを購入予定の方は「クロスクリーニング」は付属していませんのでご注意下さい(てかクロスクリーニングくらいは標準で付けて欲しいところですよねぇ~^^;)。

VJZ13-0004

同梱資料もフリップタイプの方が圧倒的に多いです(Officeなど、選択によっては同梱資料も増減します)。

似て非なるもの、クラムシェル/フリップ両モデルの本体をじっくり見てみよう!


では早速本体を箱から出してじっくり見ていきます。

今回は新型「VAIO Z」のフリップ/クラムシェル両モデルに加え、先代「VAIO Z」も加えて比較しつつ確認していきます。

VJZ13-0005

こちらが新型「VAIO Z」。天板センターに線が入っているのがフリップモデル、無いのがクラムシェルモデルとなっています。

VJZ13-0007
VJZ13-0008

加えてフリップモデルは、VAIOロゴが「勝色ダブルアルマイト仕様」となっています。

なので両モデル展示機とはいえ、オーナーメード内容が違うんですよね、これはベンチマークで比較するのが楽しみですね。

ちなみに店頭機のオーナーメード構成は以下の通り。

新型「VAIO Z」店頭機オーナーメード構成
フリップモデルクラムシェルモデル
カラー
ブラック 勝色ダブルアルマイト仕様
シルバー
OS
Windows 10 Home 64ビット
Windows 10 Home 64ビット
タッチパネル
搭載
非搭載
液晶
13.3型ワイド WQHD(2560×1440)
13.3型ワイド フルHD(1920×1080)
プロセッサー
Core i7-6567U(3.30GHz) (TDP 28W)
Core i5-6267U(2.90GHz) (TDP 28W)
メモリー
16GB
8GB
ストレージ
PCI 128GB
PCI 128GB


さすが勝色ダブルアルマイト仕様だけあって、フリップモデルは高性能ですよね^^

VJZ13-0006

公式ページでの写真からではわかりにくいのですが、実はクラムシェルモデルのほうがVAIOロゴが大きいんですよね。「勝色ダブルアルマイト仕様を多くの人に見せつけたい」という方は、クラムシェルモデルがおすすめですよ。

VJZ13-0009

両モデルの違いで一番目に付くところはやはり、天板のセンターラインの有無。ここはだれでも気が付く違いですよね。

VJZ13-0025
VJZ13-0026

もちろんデザインだけではなく、フリップタイプは、タブレットのように使えたり、プレゼンするときに便利なプレゼンモニターとしても使えたりとと、様々な用途でご使用いただくことが可能です。

VJZ13-0010
VJZ13-0011
VJZ13-0012
VJZ13-0013

両モデルに加え先代「VAIO Z」含め、前後左右の作りの違いを検証。(上から「先代 VAIO Z」「VAIO Z フリップモデル」「VAIO Z クラムシェルモデル」)

先代モデルとフリップモデルは外観所の違いは全くないのですが、フリップモデルとクラムシェルモデルは若干の違いがあります。

VJZ13-0024

例えば全面カメラ。

フリップタイプは一体感のある作りとなっていますが、クラムシェルモデルは後つけ感丸出しなのが少し残念なところ。

DSC07347

またボリュームボタンや、

DSC07349

液晶を開けるときに指をひっかけるゴム状の部品などが、クラムシェルモデルにはないんですよね。

ボリュームボタンはプレゼンモニターのように使う場合に音量調整が簡単にできるという理由で搭載されたと思おうので、ないのは何となく理解できますが、ゴムはクラムシェルモデルでもあれば便利だと思うんですけどね^^;

DSC07350

ちなみに本体裏についているリアカメラも、クラムシェルモデルには搭載されていません。

VJZ13-0014

キーボードやタッチパッドも見た目は3機種とも同じですが、新「VAIO Z」2機種には、キートップに専用開発したフッ素含有UV硬化塗装することにより、皮脂油を弾くようになっていたり、キーボード入力中に手のひらでタッチパッドに触れてもカーソル(矢印)が動かないよう、誤タッチを防止する機能を搭載していたりと、地味ながら使い勝手向上に大きく寄与する機能を搭載。

フッ素含有UV硬化塗装の影響か、キートップがつるつるしていて触り心地もいいんですよね^^

VJZ13-0015
VJZ13-0020

先代「VAIO Z」を使用していてここは改善してほしいと思ったのが、液晶の開く角度。

フリップモデルについては残念ながら先代と同じなのですが、クラムシェルモデルは少しだけではあるのですが、より角度をつけて液晶を開くことができるようになっています。本当に少しだけではあるのですが、使ってみるとこれが意外と違うんですよね。

VJZ13-0022

非タッチ式であるクラムシェルモデルに搭載されている低反射対応のIPS液晶は、(タッチ式のフリップタイプの液晶と比較すると)映り込みが少ないということもあり、こと液晶の質だけで言うと、個人的にはクラムシェルモデルがいいですね。

VJZ13-0023

あと今回のクラムシェルモデルの展示機は、かな文字表記のないキーボードとなっています。これはクラムシェルだけの特典というわけではなくフリップモデルでももちろん選択いただけます。キーボードがすっきりしていてめちゃくちゃよくないですか?

かな文字変換している方以外は、かな文字の表記は邪魔以外の何物でもないのでこちらのほうが断然いいですよね、ネックは+5,000円という価格なんですけどね^^;

VJZ13-0016
VJZ13-0017
VJZ13-0018

細かいところですが、インテルやらマイクロソフトのステッカーが、フリップモデルでは見えないところに変更となっています。

当店のお客様でも、購入後この手のステッカーをすべてはがす方もおられます。そういった方にとっては朗報と言えますね(ちなみにクラムシェルモデルは、先代「VAIO Z」と同じところにステッカーがあります)



以上、新型「VAIO Z」の外観レビューでした。

フリップモデルに関しては先代モデルとほぼ変更のない外観ですが、新タイプであるクラムシェルモデルはそこそこ違いますね。

形状以外にも、タッチモデル/非タッチモデルという違いがあるので、外観でどちらがいいのかは一概には言えませんが、個人的にはクラムシェルモデルがお気に入りです^^

VJZ13-0029
VJZ13-0030

ちなみにクラムシェルモデルは、片手で液晶を開けることが出来るモデルでもあります。ノートなどを持っている時に片手で開けることが出来るというのが非常に有り難いんですよね!

VJZ13-0031

そして軽い!これが1番の特徴と言えるかも。実際に持ってみると数値以上の違いを感じるはず。ぜひここは当店で実機を持って確認して頂きたいポイントですよね!

次回はフリップモデル・クラムシェルモデルに加え、先代「VAO Z」を含めた性能チェックをベンチマークソフトを使ってご紹介したいと思います^^

少し宣伝^^

当店店頭でのオーダーでは特別に、ワイド保証3年が半額になる「長期保証50%OFF割引」クーポンや3,000円OFFになる「長期保証<3年ワイド>3,000円OFF」クーポンをプレゼントすることができます。少しでもおトクにオーダーされたい方は、是非店頭でのオーダーをご活用ください。

くずはモール店では、フリップモデル・クラムシェルモデル共にご体験頂く事が可能。新型「VAIO Z」が気になる方は、是非店頭までお越し下さい^^



ビジネスモバイルマスターピース


 【ソニーストア】パーソナルコンピューターVAIO Z「VJZ131」のご案内はこちらからどうぞ


関連エントリー


 ■ VAIO Z「無刻印キーボードモデル」、フリップモデルがついに入荷終了!残るはクラムシェルモデルのみ! [16.02.19 記載]
 ■ VAIO Z「無刻印キーボードモデル」、納期改善もフリップモデルが入荷未定に! [16.02.19 記載]
 ■ VAIO Z初回購入特典「Z ENGINE 基板アクセサリー」 が早くも終了! [16.02.18 記載]
 ■ 新型「VAIO Z」、先行予約受付開始!オーナーメード価格設定も明らかに!! [16.02.16 記載]
 ■ 進化した「VAIO Z」 本日9時より先行予約販売開始! [16.02.16 記載]
 ■ 「VAIO Z」は初回購入が激アツ!X DAYは『来週火曜日 9時』なり!! [16.02.12 記載]
 ■ 更なる頂きへ、新「VAIO Z」の進化ポイント まとめ [16.01.31 記載]
 ■ 【速報】最新アーキテクチャを搭載した新型VAIO「VAIO S15/S13」と「VAIO Z」登場! [16.01.27 記載]





nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました