So-net無料ブログ作成

新型『VAIO Z』の実力をベンチマークソフトで検証してみよう! [VAIO・PC・タブレット関連]

img_cw2_main

最新アーキテクチャ「Skylake」を採用することで更なる進化を遂げた新型『VAIO Z』。とはいいながらも、実際の所どのくらい凄いのか、やはりわかりにくいですよね。

てことで新型『VAIO Z』が実際にどのくらいのパフォーマンスを有しているのか、ベンチマークソフトを使ってその実力を検証したいと思います。


 パーソナルコンピューターVAIO Z フリップモデル「VJZ13B1」

  ソニーストア販売価格:199,800 円+税 ~
  カラーバリエーション:ブラック・シルバー
   ⇒ 商品詳細はこちら


 パーソナルコンピューターVAIO Z クラムシェルモデル「VJZ1311」

  ソニーストア販売価格:156,800 円+税 ~
  カラーバリエーション:ブラック・シルバー
   ⇒ 商品詳細はこちら

検証は以下の3機種を使って検証。

 ・新型『VAIO Z』フリップモデル
 ・新型『VAIO Z』クラムシェルモデル
 ・先代『VAIO Z』

スペックは以下の通り。

● 新型 VAIO Z(フリップモデル)
 ディスプレイ:13.3型ワイド WQHD(2560×1440ドット)タッチパネル搭載
 プロセッサー:Core i7-6567U(3.30GHz)
 メモリー:16GB
 ストレージ:第二世代ハイスピードSSD(NVMe)

● 新型 VAIO Z(クラムシェルモデル)
 ディスプレイ:13.3型ワイド フルHD(1910×1080ドット)非タッチパネル搭載
 プロセッサー:Core i7-6567U(3.30GHz)
 メモリー:8GB
 ストレージ:第二世代ハイスピードSSD(NVMe)

● 先代 VAIO Z(フリップモデル)
 ディスプレイ:13.3型ワイド WQHD(2560×1440ドット)タッチパネル搭載
 プロセッサー:Core i7-5557U 3.10GHz
 メモリー:8GB
 ストレージ:第二世代ハイスピードSSD

総合ベンチマークソフト「WIN SCORE SHARE」で比較


WinScrShare
 ※ 新型 VAIO Z(フリップモデル)

WinScrShare
 ※ 新型 VAIO Z(クラムシェルモデル)

WinScrShare
 ※ 先代 VAIO Z(フリップモデル)

発売当初は、「モンスター級のスペックを搭載した薄型PC」として名を馳せた『VAIO Z』が、まさかの大惨敗を喫する結果となっています。プロセッサー・グラフィック・メモリー共に大きな違いがありますよね。恐るべし「Skylake」。

ストレージベンチマークソフト「CrystalDiskMark」で比較


DiskMark
 ※ 新型 VAIO Z(フリップモデル)

DiskMark
 ※ 新型 VAIO Z(クラムシェルモデル)

DiskMark
 ※ 先代 VAIO Z(フリップモデル)

SSDもNVMeに対応したPCIe Gen3.SSDに対応しているだけあって、シーケンシャル・ランダム共に先代VAIOを引き離す結果となっています(何故かシーケンシャルの書き込みだけが先代Zがダブルスコアで圧倒的な強さを見せていますが・・・)

パソコンの起動の速さからデーターコピーに至るまで、SSDの性能差は直接体感できる性能差でもありますので、ここの性能が高いってのは大事ですよね!

グラフィックベンチマークソフト「ドラゴンクエストⅩ」で比較


ドラクエベンチマーク_FHD_最高画質ドラクエベンチマーク_FHD_標準画質
 ※ 新型 VAIO Z(フリップモデル)

ドラクエベンチマーク結果 FHD 最高品質ドラクエベンチマーク_FHD_標準画質
 ※ 新型 VAIO Z(クラムシェルモデル)

ドラクエベンチマーク結果 FHD 最高品質ドラクエベンチマーク_FHD_標準画質
 ※ 先代 VAIO Z(フリップモデル)

「ドラゴンクエストⅩ」のベンチマークソフトで計測(左:FHD 最高品質 右:FHD 標準品質)。

もうこれは文句なしに新型「VAIO Z」の圧勝。どのテストもダブルスコア以上のスコアですからね。



マイナーチェンジといいながらもこの性能差。外見が同じだけに違いが分かりにくいところではありますが、この差は購入を検討されている方にとっては、知っておくべき性能差と言えそうです。「VAIO OUTLET」にて出品されている先代「VAIO Z」を購入予定の方はが特にね^^

エクセル・ワード・インターネットなどの軽い作業が多い方は、20,000円プライスダウンした先代「VAIO Z」を購入されても全然問題ないスペックと言えますが、4K編集やRAWデータで写真を編集するような重い作業をする予定の方は、間違いなく新型「VAIO Z」を購入されるほうが幸せになれるでしょうね^^

関連エントリー


 ■ 先代「VAIO Z」がOUTLETに登場、現行モデルより30,000円お安く購入できます! [16.02.28 記載]


価格差・性能差のバランスを考えて選択いただけたらと思います。



ビジネスモバイルマスターピース


 【ソニーストア】パーソナルコンピューターVAIO Z「VJZ131」のご案内はこちらからどうぞ


関連エントリー


 ■ 先代「VAIO Z」がOUTLETに登場、現行モデルより30,000円お安く購入できます! [16.02.28 記載]
 ■ 新型『VAIO Z』(フリップ/クラムシェルモデル)実機レビュー、まずは外観チェクだ! [16.02.27 記載]
 ■ VAIO Z「無刻印キーボードモデル」、フリップモデルがついに入荷終了!残るはクラムシェルモデルのみ! [16.02.19 記載]
 ■ VAIO Z「無刻印キーボードモデル」、納期改善もフリップモデルが入荷未定に! [16.02.19 記載]
 ■ VAIO Z初回購入特典「Z ENGINE 基板アクセサリー」 が早くも終了! [16.02.18 記載]
 ■ 新型「VAIO Z」、先行予約受付開始!オーナーメード価格設定も明らかに!! [16.02.16 記載]
 ■ 進化した「VAIO Z」 本日9時より先行予約販売開始! [16.02.16 記載]
 ■ 「VAIO Z」は初回購入が激アツ!X DAYは『来週火曜日 9時』なり!! [16.02.12 記載]
 ■ 更なる頂きへ、新「VAIO Z」の進化ポイント まとめ [16.01.31 記載]
 ■ 【速報】最新アーキテクチャを搭載した新型VAIO「VAIO S15/S13」と「VAIO Z」登場! [16.01.27 記載]





nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました