So-net無料ブログ作成

DSDネイティブ再生などのハイレゾ音源再生や最新4K/HDR規格に対応したマルチチャンネルインテグレートアンプ『STR-DN1070』『STR-DH770』 発表! [ヘッドホン・スピーカー・ホームシアター関連]



新たにDSD(Direct Stream Digital)ネイティブ再生などのハイレゾリューション(ハイレゾ)音源再生や、最新の4K/HDR規格の伝送に対応した、マルチチャンネルインテグレートアンプ2機種『STR-DN1070』『STR-DH770』が、ソニーより発表されました。

発売日は『STR-DN1070』が6月18日(土)、『STR-DH770』が5月21日(土)。ソニーストアでは既に先行予約販売を開始しております。


 マルチチャンネルインテグレートアンプ『STR-DN1070』

  ソニーストア販売価格:64,880 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら


 マルチチャンネルインテグレートアンプ『STR-DH770』

  ソニーストア販売価格:35,880 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

【プレスリリース】
DSDネイティブ再生などのハイレゾ音源再生や最新4K/HDR規格に対応したマルチチャンネルインテグレートアンプ2機種を発売

マルチチャンネルインテグレートアンプ『STR-DN1070』の主な特徴は以下の通り。

 ● 最大DSD5.6MHz、192kHz/24bitのマルチチャンネル音源再生に対応
 ● USB接続によるUSBメモリー、ウォークマンのダイレクト再生に対応
 ● 2.4GHz/5GHzに対応した内蔵のデュアルWi-Fiアンテナと独立したBluetoothアンテナ
 ● ハイレゾ対応オーディオ伝送技術「LDAC」対応
 ● NFCに対応。ワンタッチでスマートフォンの音楽を再生
 ● iPhoneなどのiOS端末の音楽データをワイヤレスで再生できる「AirPlay」に対応
 ● インターネットラジオや各種音楽配信サービスが楽しめるGoogle Castに対応
 ● 理想的なサラウンド空間を実現する「アドバンストD.C.A.C.」対応
 ● スピーカー間の音のつながりを改善する「A.P.M.」対応
 ● 臨場感豊かなサラウンドを実現する「S-Force PROフロントサラウンド」
 ● 手軽に臨場感のあるサラウンドサウンドを楽しむことがでる「ワイヤレスサラウンド」機能
 ● 低い位置に置いたセンタースピーカーの音を上にシフトする「センタースピーカーリフトアップ」
 ● 小音量の映画鑑賞でも臨場感豊かなサウンドを再現する「サウンド・オプティマイザー」
 ● 映画館の臨場感豊かな響きを再現する「HD-D.C.S.」
 ● CD音源や圧縮音源をハイレゾ相当の高解像度音源にアップスケーリングする「DSEE HX」搭載
 ● スイッチド・キャパシタ方式のDAコンバーターを採用
 ● 新開発「高音質表面実装コンデンサー」を採用しDAC電源部を強化
 ● 32bitで処理されたDSP出力をそのまま32bitでDA変換
 ● DSDネイティブ再生に対応
 ● ハイレゾ音源をより際立たせる高精度プリアンプを搭載
 ● 高精度プリアンプ専用IC「CXD90035」を搭載
 ● IC内グラウンド分離方式採用
 ● 厳選した高音質パーツ採用
 ● 操作アプリ「SongPal」による快適操作に対応
 ● グラフィカルで解りやすいGUIによる快適な操作に対応
 ● 複数のスピーカー機器を1つのスマホで一括管理・操作ができる「SongPal Link」に対応
 ● 最大4つの部屋で同時に音楽コンテンツを楽しめるゾーン機能搭載
 ● ブラビアリンク、他社製品との機器連動が可能
 ● ブラビアの「オーディオ機器コントロール」アプリに連動
 ● デジタル放送のEPG情報に応じて最適なサウンド設定で番組を視聴可能
 ● 4K放送の信号にも対応するHDCP 2.2など豊富な入出力を持ったHDMI端子
 ● HDMI入力端子は6系統搭載、HDMI出力端子も2系統を装備
 ● HDR(High Dynamic Range)に対応
 ● 4K/60p 4:4:4の映像信号に対応
 ● 「3D」映像と「オーディオリターンチャンネル(ARC)」に対応
 ● 4Kパススルー、4Kアップスケール対応
 ● スマホの画像をワイヤレスで簡単にテレビに出力する「スクリーンミラーリング」対応

y_str-dn1070_32bit-dsp

音質面での大きな進化は、32bitで処理されたDSP出力をそのまま32bitでDA変換が可能になったこと。

「アドバンストD.C.A.C.」「サウンド・オプティマイザー」「イコライザー」「各種サウンドフィールド」など高度なDSP技術による各機能全ての音質がグレードアップし、より高音質な環境で音楽や映像を楽しめるようになっています。

y_str-dn1070_networkconnection

Wi-Fi専用のデュアルアンテナによるダイバーシティ動作や、独立したBluetoothアンテナを搭載したことにより、これまで以上に安定したワイヤレス通信を実現。

ハイレゾ相当の音質で音源をワイヤレス送信、受信可能な「LDAC」や、ハイレゾ音源をWi-Fi経由で送信可能だったりと、大容量の無線でのデータ転送がより多く発生することを考えると、安定したワイヤレス通信を実現したデュアルアンテナは非常に頼もしく感じますね。

y_str-dn1070_wireless-surround

2016年10月実施予定の、本体ソフトウェアアップデートを待つ必要がありますが、対応のワイヤレススピーカー2台を本機と組み合わせることで、ワイヤレスで手軽にリアスピーカーとして使用することができる新機能「ワイヤレスサラウンド」に対応。

現地点で「ワイヤレスサラウンド」対応スピーカーとして発表されているのは『h.ear go(SRS-HG1)』のみですが、


 ワイヤレスポータブルスピーカー h.ear go 『SRS-HG1』

  ソニーストア販売価格:27,380円+税
  カラーバリエーション:ビリジアンブルー、シナバーレッド、チャコールブラック、ライムイエロー、ボルドーピンク
   ⇒ 商品詳細はこちら

ワイヤレスで簡単にスピーカーを設置できるというのは非常に有り難い機能ですよね!

y_str-dn1070_s-force-pro_front-surround

ちなみにフロントスピーカーだけでも臨場感豊かなサラウンドを実現する「S-Force PROフロントサラウンド」を新たに搭載したことにより、リアスピーカー無しでも仮想的にサラウンド音場を再現することも出来たりします。

通常使用時はリアスピーカー無しで、映画などガッツリ楽しみたいときだけワイヤレスでリアスピーカーを設置・・なんて使い方もアリかもしれません^^

y_str-dn1070_rear_hdmi

HDMI入力端子は6系統搭載、HDMI出力端子も2系統を装備しA、B、A+B、OFFの出力切替で出力可能。全てのHDMI入出力端子は4K放送に対応するためのHDCP 2.2に対応、高音質性能を高めた入力「for AUDIO」も2系統備。

y_str-dn1070_HDR

4Kブルーレイディスクに採用される予定のHDR(High Dynamic Range)にも対応。

輝度のダイナミックレンジを拡大することで、全体の明暗の差が大きい映像でも細部まできれいな表現が可能になり「立体感」、「奥行き感」、「精細感」が増し、よりリアルな映像が楽しむことができます。

y_str-dn1070_4k_60p

HDMIの最新規格に準拠し、4K/60p 4:4:4の映像信号に対応することで、圧縮の無い色調がよりリアルな映像表現を実現可能となりました。

マルチチャンネルインテグレートアンプ『STR-DH770』の主な特徴は以下の通り。

 ● 4K放送の信号にも対応するHDCP 2.2など豊富な入出力を持ったHDMI端子
 ● HDMI入力端子は4系統搭載、HDMI出力端子も1系統を装備
 ● HDR(High Dynamic Range)に対応
 ● 4K/60p 4:4:4の映像信号に対応
 ● 理想的なサラウンド空間を実現する「アドバンストD.C.A.C.」対応
 ● 臨場感豊かなサラウンドを実現する「S-Force PROフロントサラウンド」
 ● スピーカー間の音のつながりを改善する「A.P.M.」対応
 ● 深夜の映画鑑賞も迫力あるサウンドで楽しめる「ナイトモード」
 ● 「オーディオエンハンサー」搭載
 ● USB接続によるUSBメモリー、ウォークマンのダイレクト再生に対応
 ● NFCに対応。ワンタッチでスマートフォンの音楽を再生
 ● 厳選した高音質パーツ採用
 ● 操作アプリ「SongPal」による快適操作に対応
 ● グラフィカルで解りやすいGUIによる快適な操作に対応
 ● デジタル放送のEPG情報に応じて最適なサウンド設定で番組を視聴可能
 ● ブラビアリンク、他社製品との機器連動が可能



マルチチャンネルインテグレートアンプ2機種の違いは色々ありますが、簡単にまとめると

 ・ハイレゾ音源に対応しているかどうか
 ・徹底した高音質パーツ採用されているかどうか
 ・入力端子の数
 ・ネットワーク対応

といったところ。

価格差は約30,000円差ですが、個人的にはお値段以上の機能差があると思っているので、導入するなら上位機種『STR-DN1070』がオススメですね。

『STR-DN1070』はエントリークラスのAVアンプながら、非常に多彩な機能を搭載していて非常にオトク感のある製品と言えます。

このアンプに、低価格ながら評判のいい3ウェイ・スピーカーシステム「SS-CS3」×2、2ウェイ・スピーカーシステム「SS-CS8」、アクティブサブウーファー「SA-CS9」を組み合わせても、120,000円の投資で立派なシアターシステムを構築することも出来ます。


 3ウェイ・スピーカーシステム(1台)「SS-CS3」

  ソニーストア販売価格:14,000 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら


 2ウェイ・スピーカーシステム「SS-CS8」

  ソニーストア販売価格:9,500 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら


 アクティブサブウーファー「SA-CS9」

  ソニーストア販売価格:18,500 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

低予算で出来るだけ高音質・高画質にシアターシステムを構築されたいとお考えの方には特にオススメのアンプと言えますね。

より詳細な製品仕様については、以下の製品サイトにてご確認下さい。
 ⇒ マルチチャンネルインテグレートアンプ『STR-DN1070』
 ⇒ マルチチャンネルインテグレートアンプ『STR-DH770』



最大DSD5.6MHzマルチチャンネルのDSDネイティブ再生や最新の4Kコンテンツに対応した、7.1chマルチチャンネルインテグレートアンプ


 【ソニーストア】マルチチャンネルインテグレートアンプ『STR-DN1070』のご案内はこちらからどうぞ


関連エントリー


 ■ 【速報】ソニー HDCP 2.2やHDR、4K/60p にも対応するマルチチャンネルインテグレートアンプ2機種発表! [16.04.25 記載]
 ■ 「2016 International CES」で登場したSONY製品のまとめ [16.01.07 記載]



最新の4Kコンテンツ対応やフロントサラウンドなど、AVアンプの基本性能が充実した 7.1chマルチチャンネルインテグレートアンプ


 【ソニーストア】マルチチャンネルインテグレートアンプ『STR-DH770』のご案内はこちらからどうぞ


関連エントリー


 ■ 【速報】ソニー HDCP 2.2やHDR、4K/60p にも対応するマルチチャンネルインテグレートアンプ2機種発表! [16.04.25 記載]



世界最小のハイレゾ対応ワイヤレスポータブルスピーカー


 【ソニーストア】ワイヤレスポータブルスピーカー h.ear go 『SRS-HG1』のご案内はこちらからどうぞ


関連エントリー


 ■ ハイレゾ対応スピーカー『SRS-HG1』専用の吉田カバンオリジナルケースがソニーストア限定販売開始! [16.04.16 記載]
 ■ さっとカンタンにテレビの音質をパワーアップ!ハイレゾも聴けるサウンドバー『HT-NT5』登場! [16.04.11 記載]
 ■ 【ストアレポート】ちっちゃいけどパワフル高音質!ハイレゾスピーカー h.ear go『SRS-HG1』実機レビュー!! [16.03.06 記載]
 ■ 外でも中でも高音質!マルチな使い方ができるハイレゾ対応スピーカー h.ear go『SRS-HG1』! [16.03.02 記載]
 ■ 【速報】世界最小の持ち運べるハイレゾ対応スピーカー h.ear go『SRS-HG1』登場! [16.03.01 記載]



「心に響く音」が、音楽に込められた感情までも描きだす


 【ソニーストア】3ウェイ・スピーカーシステム(1台)「SS-CS3」のご案内はこちらからどうぞ


関連エントリー


 ■ コスパ抜群のAVアンプ「STR-DN1060」にソフトウェアアップデート! [15.10.31 記載]
 ■ 出荷直前のAVアンプ「STR-DN1060」にソフトウェアアップデートの提供開始! [15.07.14 記載]
 ■ LDAC・DSDマルチチャンネルに対応したコスパ抜群のAVアンプ「STR-DN1060」 [15.06.12 記載]
 ■ スピーカーシステムCSシリーズ「SS-CS3」「SS-CS8」、開梱レビュー [14.07.15 記載]
 ■ フロアスタンディング型スピーカー『SS-CS3』含む計4機種を同時発売 [14.04.07 記載]



セリフやボーカルに込められた感情をリアルに再現するセンタースピーカー


 【ソニーストア】2ウェイ・スピーカーシステム「SS-CS8」のご案内はこちらからどうぞ


関連エントリー


 ■ コスパ抜群のAVアンプ「STR-DN1060」にソフトウェアアップデート! [15.10.31 記載]
 ■ 出荷直前のAVアンプ「STR-DN1060」にソフトウェアアップデートの提供開始! [15.07.14 記載]
 ■ LDAC・DSDマルチチャンネルに対応したコスパ抜群のAVアンプ「STR-DN1060」 [15.06.12 記載]
 ■ スピーカーシステムCSシリーズ「SS-CS3」「SS-CS8」、開梱レビュー [14.07.15 記載]
 ■ フロアスタンディング型スピーカー『SS-CS3』含む計4機種を同時発売 [14.04.07 記載]



映画や音楽に込められたエネルギーや情熱まで力強く再生するサブウーファー


 【ソニーストア】アクティブサブウーファー「SA-CS9」のご案内はこちらからどうぞ


関連エントリー


 ■ コスパ抜群のAVアンプ「STR-DN1060」にソフトウェアアップデート! [15.10.31 記載]
 ■ 出荷直前のAVアンプ「STR-DN1060」にソフトウェアアップデートの提供開始! [15.07.14 記載]
 ■ LDAC・DSDマルチチャンネルに対応したコスパ抜群のAVアンプ「STR-DN1060」 [15.06.12 記載]
 ■ フロアスタンディング型スピーカー『SS-CS3』含む計4機種を同時発売 [14.04.07 記載]





nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました