So-net無料ブログ作成

【ストアレポート】テレビの音声も高音質に!ワイヤレススピーカー『SRS-ZR7』実機フォトレビュー! [ヘッドホン・スピーカー・ホームシアター関連]



豊かな音の広がりを楽しめるハイレゾ音源の再生や、Wi-Fi接続による音楽配信サービスや機器連携などを楽しめ、ソニーのワイヤレススピーカーとしては初めてHDMI端子を搭載した、据え置き型高音質ワイヤレススピーカー 『SRS-ZR7』。

その実機がソニーストア大阪での展示を始めたという事で、早速その実力を体験してきましたよ。


 ワイヤレススピーカー『SRS-ZR7』

  ソニーストア販売価格:39,880 円+税
  カラーバリエーション:ブラック/ホワイト
   ⇒ 商品詳細はこちら

【プレスリリース】
ハイレゾ音源や音楽配信サービスに対応した、据え置き型 高音質ワイヤレススピーカーを発売

※ ソニーストア大阪での商品のカメラ撮影は禁止されています。今回はストアさんのご好意で許可を頂いた上撮影しています。ご理解の程よろしくお願いいたします。

まずは外観チェック!


SRS-ZR7-0001

ソニーストア大阪では、オーディオコーナーの一角に展示されていました。基本的には新製品は、入り口近くに配置される事が多いので、どこに展示されているのか、若干探してしまいました^^;

では外観をじっくり見ていきます。

SRS-ZR7-0003

まずは本体天面。

「Xperia Z5」の背面のようなガラス素材で、なかなか高級感があります。反面、上位機種『SRS-X99』ほどではありませんが、指紋はかなり目立ちますね。

天面左上には、

 ・電源ボタン
 ・ボリュームボタン(+、-)
 ・Functionボタン

があります。

ボタンは電源以外はタッチセンサー式で、クリック感がないタイプです。

SRS-ZR7-0005
SRS-ZR7-0004

天面中央にはNFC、その上には現在選択している入力先を表示するエリアがあります。この表示の仕方は『SRS-X99』に似ていますが、『SRS-ZR7』ではあくまで表示しているだけで、実際は『SRS-HG1』と同じく「functionボタン」を押して切り替える仕様となっています。

SRS-ZR7-0006

入出力端子は裏面にまとめられており、

 【裏面左側】
  ・DC IN 電源端子
  ・AUDIO IN 端子
  ・USB-A端子

SRS-ZR7-0007


 【裏面右側】
  ・STEREO PAIRボタン
  ・SET UPボタン
  ・UPDATE/WPSボタン
  ・LAN端子
  ・HDMI端子
  ・USB-B端子

と豊富なインターフェースを搭載。壁掛け用の接続穴も用意されているところが憎いですね^^

SRS-ZR7-0009

底面には、グリル取り外しレバーを搭載しているのも『SRS-HG1』と同じですね。

SRS-ZR7-0011

試しにグリルを外してみました。

SRS-ZR7-0012

強化された磁気回路とハイレゾ再生に最適な振動板を採用した45mm口径サテライトスピーカー、62mmサブウーファーが各2つ、写真では見えませんが、背面にある大型のパッシブラジエーターを搭載するなど、重低音から中低域まで歯切れよく、かつ量感のある低域再生を実現しています。

SRS-ZR7-0010

音波の反射を抑える、なめらかな稜線(りょうせん)デザインが高級感がありますよね。

この稜線デザインが、スピーカー本体の表面を伝わってくる音や、フレーム端面で音が反射する回折現象を減少させ、本来の音への不要な干渉を防ぐそうです。

SRS-ZR7-0019

ホワイトモデルはこんな感じ。実機を見る限り、個人的にはこちらの方が好みですね。

ブラックモデルと比較すると、指紋が目立ちにくいのもGood!

SRS-ZR7-0020

但し、モード表示は、文字が同化して少し見にくいですね。

他機種と比較してみよう!

SRS-ZR7-0029

本体の大きさがどのくらいのモノか、この機種の購入をお考えの方にとっては気になる所かと思います。

て事で、同じワイヤレススピーカーの『SRS-X99』と『SRS-HG1』と比較してどのくらいのサイズ感なのか確認してきました。


 ワイヤレススピーカー「SRS-X99」

  ソニーストア販売価格:71,880円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら


 ワイヤレスポータブルスピーカー h.ear go 『SRS-HG1』

  ソニーストア販売価格:27,380円+税
  カラーバリエーション:ビリジアンブルー、シナバーレッド、チャコールブラック、ライムイエロー、ボルドーピンク
   ⇒ 商品詳細はこちら

ちなみに使用上のサイズ・質量の違いは以下の通り。

ワイヤレススピーカーサイズ比較
『SRS-ZR7』『SRS-X99』『SRS-HG1』
外形寸法(幅×高さ×奥行)
約300×93×86mm
約430mm×133mm×125mm
約204×62×60mm
質量
約1.8kg
約4.7kg
約790g


まずは『SRS-X99』との比較。

SRS-ZR7-0022
SRS-ZR7-0023
SRS-ZR7-0030

天面がガラス素材を使っているなど、本体の質感は両機種よく似ていますが、質量の差もさることながらサイズもさすがにかなりの違いがあります。

見ての通り『SRS-ZR7』はツゥイーターが搭載されていませんので、高音域の出力や音場の広さなどで、音質的に差が出そうですね。

次は『SRS-HG1』との比較。
SRS-ZR7-0025
SRS-ZR7-0026

サイズ的にはちょうど、『SRS-ZR7』と『SRS-X99』とのサイズ差くらいの違いがあります。

少しサイズの違いはありますが、劇的にサイズが違うというわけでは無いので、家の中で使うという用途的には、『SRS-ZR7』の方が音質的にも優れているのでオススメです。

SRS-ZR7-0028

また『SRS-ZR7』は、インターフェース的にもHDMI端子が追加になっているのでテレビの音質を向上させる事も可能。

普段はテレビの音声を、音楽を聞きたいときはウォークマンやネットワーク経由で音楽を楽しむといった使い方も出来ますので、家庭内での使用においては使い勝手的にも良さそうですよね。

SRS-ZR7-0032

スピーカーのグリルを外してみるとより理解できるのですが、『SRS-ZR7』には2機の62mmサブウーファーが搭載されています。ですので、低音の切れなどは全然違いますね。

SRS-ZR7-0027

ちなみに『SRS-ZR7』には、『SRS-HG1』に搭載されている「Extra Bass」という機能は搭載されていません。

サブウーハーを搭載する『SRS-Z7』には、低域を強化する「Extra Bass」は必要ないって事でしょう。見た目は似ていても、スピーカーとしての作りが全然違うって事ですね。

テレビにつなげて聴いてみよう!

SRS-ZR7-0035

当機の特徴の1つ、HDMI経由でテレビにつないだらどうなるのか、ストア大阪のスタイリストさんに頼み込んで体験させていただきました。

Screenshot_20160531-112803

やり方ですが、まずはスマホアプリ「SongPal」にて、「HDMI機器制御」がオンになっている事を確認します。

後は、テレビ側のオーディオリターンチャンネル(ARC)対応のHDMI端子と本機のHDMI端子を接続するだけ。これだけで、スピーカーから高音質な音声を出力する事が出来ます。

※ オーディオリターンチャンネル(ARC)機能とは、HDMIケーブル(別売)を通して、テレビの音声をテレビのHDMI端子からオーディオ機器へ送る機能のこと

SRS-ZR7-0036

もちろんテレビのリモコンから音量を調整する事も出来ます。テレビの貧弱な音声に辟易している方は、このスピーカーはかなりイイ買い物になるかもしれませんね。



時間の関係上、あまり音質をチェックできなかったのですが、それでも『SRS-HG1』の音質と違う事はすぐに分かるレベルで、当機の特徴の1つであるHDMI経由での音声出力も予想以上にいい出来でしたね。

2台揃えれば、ステレオ出力も出来更に、対応アンプとの接続でワイヤレスリアスピーカーにする事も出来るなど、幅広い使い方が出来るのが本機の魅力ですよね。

「音楽もテレビも高音質にしたい」って方はジャストフィットな商品といえるかと思います。

以上、ワイヤレススピーカー『SRS-ZR7』実機フォトレビューでした。

開梱レポート記載しました。よろしければご覧ください。
 ⇒  テレビにもつながるアクティブスピーカー『SRS-ZR7』 開梱フォトレビュー




広がりのある迫力の2.2chサウンドでハイレゾが楽しめる


 【ソニーストア】ワイヤレススピーカー『SRS-ZR7』のご案内はこちらからどうぞ


関連エントリー


 ■ HDMI/LAN端子も内蔵した、据え置き型 高音質ワイヤレススピーカー『SRS-ZR7』登場! [16.05.27 記載]
 ■ 【速報】ハイレゾ音源や音楽配信サービスに対応した、据え置き型 高音質ワイヤレススピーカー『SRS-ZR7』! [16.05.26 記載]
 ■ 「2016 International CES」で登場したSONY製品のまとめ [16.01.07 記載]



至福のハイレゾ音源で、かつてない感動の領域へ。ワイヤレス×プレミアム X99


 【ソニーストア】ワイヤレススピーカー「SRS-X99」のご案内はこちらからどうぞ


関連エントリー


 ■ ワイヤレススピーカー「SRS-X77・X88・X99」の本体ソフトウェアアップデート提供開始! [15.06.16 記載]
 ■ 【ストアレポート】ワイヤレススピーカー「SRS-X99」「SRS-X88」外観レビュー! [15.05.18 記載]
 ■ より高音質により小さく、LDACにも対応したワイヤレススピーカー「SRS-X99」「SRS-X88」登場! [15.05.15 記載]
 ■ 【速報】ハイレゾ対応ワイヤレススピーカー2機種にマルチコンポ1機種をソニーが発表! [15.05.12 記載]



世界最小のハイレゾ対応ワイヤレスポータブルスピーカー


 【ソニーストア】ワイヤレスポータブルスピーカー h.ear go 『SRS-HG1』のご案内はこちらからどうぞ


関連エントリー


 ■ h.ear go『SRS-HG1』レビュー -USB接続でハイレゾ音源を聴いてみよう!- [16.05.26 記載]
 ■ 【製品レビュー】ワイヤレススピーカー『SRS-HG1』用のオオアサ電子製 オーディオボード『HWB-XH』を購入してみた! [16.05.21 記載]
 ■ 【製品レビュー】ハイレゾスピーカー h.ear go『SRS-HG1』、開梱フォトレポート [16.05.17 記載]
 ■ ハイレゾ対応スピーカー『SRS-HG1』専用の吉田カバンオリジナルケースがソニーストア限定販売開始! [16.04.16 記載]
 ■ さっとカンタンにテレビの音質をパワーアップ!ハイレゾも聴けるサウンドバー『HT-NT5』登場! [16.04.11 記載]
 ■ 【ストアレポート】ちっちゃいけどパワフル高音質!ハイレゾスピーカー h.ear go『SRS-HG1』実機レビュー!! [16.03.06 記載]
 ■ 外でも中でも高音質!マルチな使い方ができるハイレゾ対応スピーカー h.ear go『SRS-HG1』! [16.03.02 記載]
 ■ 【速報】世界最小の持ち運べるハイレゾ対応スピーカー h.ear go『SRS-HG1』登場! [16.03.01 記載]





nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました