So-net無料ブログ作成

インテリアに溶け込む個性的なカラーリング、デザインが特徴のオールインワンホームノート「VAIO C15」 [VAIO・PC・タブレット関連]



オールインワンノート『VAIO Fit 15E |mk2』の販売終了を先日お伝えしたばかりですが、早くも新機種がVAIO株式会社より発表されました。

その名も『VAIO C15』!「Z Line」でも「S Line」でもない、新しいシリーズの登場です!


 パーソナルコンピューターVAIO C15「VJC1511」

  ソニーストア販売価格:66,800 円+税~
  カラーバリエーション:4色
   ⇒ 商品詳細はこちら
   ⇒ 対応商品・アクセサリーはこちら
 ※ 「イエロー/ブラック」のみ、9月1日(木)9:00 先行予約販売予定

c15_0002

最大の特徴はそのカラーリングとデザインといっていいでしょう。

c15_main_2_160706

今までのVAIO社のラインナップには無かった個性的なカラーリングとデザインは、思わず2度見しそうになるほど強烈なインパクがあります。

2016-07-27_155459
 ※ イエロー / ブラック

2016-07-27_163336
 ※ ホワイト / カッパー

2016-07-27_163406
 ※ ネイビー / グレー

2016-07-27_163429
 ※ オレンジ / カーキ

これらの写真は公式ページより拝借させて頂いた写真なのですが、一見派手に見える今回のデザインも、いい感じでリビングに溶け込んでいるのが分かります。

DSC09967
DSC09968
DSC09969
DSC09975

店頭に届いた天板サンプル。

表面にUVハードコート層を施しているそうで、車のボンネットのように艶感のあるボディに仕上がっているのと同時に、耐久性(対擦り傷性)も向上しているそうです。

c15_spk_160706

サブウーファー付き大容量ボックススピーカーを搭載していたり、

c15_0007

大画面テレビやプロジェクターに映像を出力できるHDMI端子に加え、4系統のUSB端子、LAN端子を搭載、1台で様々な機器/メディアに対応できるオールインワン仕様など、本体ベースは『VAIO Fit 15E |mk2』とほぼ同じ作りとなっていますが、同じ価格帯のパソコンとは思えないほど質感は全然違いますね。

c15_0005

タッチパッドは大きく使いやすい2ボタンタイプを採用。より誤操作の少ない仕様に変更となっています。

ソニーストアでのオーダーメード内容は以下の通り。

OS
 ・Windows 7 Professional (64ビット) SP1
 (Windows 10 Pro 64ビットライセンスよりダウングレード)
   ⇒ +7,000円
 ・Windows 10 Pro 64ビット
   ⇒ +5,000円
 ・Windows 10 Home 64ビット
   ⇒ 0円

カラー
 ・オレンジ/カーキ
   ⇒ 0円
 ・ネイビー/グレー
   ⇒ 0円
 ・ホワイト/カッパー
   ⇒ 0円
 ・イエロー/ブラック(9月1日(木)9:00 先行予約販売予定)
   ⇒ 0円

プロセッサー+ディスプレイ
 ・Core i3-5005U(2GHz)+15.5型ワイド フルHD(1920×1080ドット)
   ⇒ +27,000円
 ・Core i3-5005U(2GHz)+15.5型ワイド WXGA(1366×768ドット)
   ⇒ +20,000円
 ・Celeron-3215U(1.70GHz)+15.5型ワイド WXGA(1366×768ドット)
   ⇒ 0円

メモリー
 ・8GB(4GB×2)
   ⇒ +5,000円
 ・4GB(4GB×1)
   ⇒ 0円

HDD
 ・ハイブリッドHDD 1TB
   ⇒ +7,000円
 ・HDD 1TB
   ⇒ +5,000円
 ・HDD 500GB
   ⇒ 0円

HDD
 ・DVDスーパーマルチドライブ
   ⇒ 0円

TPMセキュリティーチップ
 ・なし
   ⇒ 0円

ワープロ・表計算ソフトウェア
 ・Office Professional Premium プラス Office 365 サービス
   ⇒ 48,000円
 ・Office Home and Business Premium プラス Office 365 サービス
   ⇒ 23,000円
 ・Office Personal Premium プラス Office 365 サービス
   ⇒ 18,000円
 ・Office Professional 2016
   ⇒ 48,000円
 ・Office Home and Business 2016
   ⇒ 23,000円
 ・Office Personal 2016
   ⇒ 18,000円
 ・なし
   ⇒ 0円

スペック的に見ると、

 ・CPU「Core i3-5005U(2GHz)」まで
 ・メモリー「8GB」まで

と、今までのVAIO株式会社がリリースしてきたパソコンと比較すると、少し控えめなスペックの選択しかできないパソコンです。

『VAIO Z』などを代表する、スペック面で特化した「快」を求めたパソコンではなく、日々の気分、仕事するときの気持ちを高めてくれるような、そんな「快」を求めたのが『VAIO C15』という製品コンセプトなんだそうです。

見た瞬間「これ、好き」で選んでもらえる、そういったパソコンの選び方も確かにありますよね。そういった製品は、スペックは二の次ですものね。

『VAIO C15』はそういったパソコンを目指して開発されたということなんでしょう。

私も過去、そういった製品に出会ったことあるかなぁ・・なんて思い返してみると・・・ありますね、確実に見た瞬間に衝動買いした製品が。




ネットワークウォークマン"『NW-MS70D』、ICレコーダー『ICD-TX50』なんかがその代表例。

これらの製品は使っているだけで、いや、持っているだけで嬉しくて仕方ない、ホントそんな感じでした。「MP3が聞けなくってもいいじゃない」って感じで、日々持ち歩いていましたものね^^

これがVAIOさんのいう「快」の一つってことなんでしょう。

パソコンはWEB閲覧やワード・エクセルが使えればいいという方、それならばデザインに特化したこのパソコンを選ぶのも1つの方法。

『VAIO C15』はそういった方に選んで欲しいパソコンとも言えますよね。

2016-07-26_103912

新発売を記念してVAIO株式会社では、

 ・VAIO C15初回購入者特典 ペアマグカップ プレゼントキャンペーン
 ・VAIO C15が当たる!“I like it.”PCキャンペーン

と2つキャンペーンを実施中。

 ⇒ VAIOオリジナルマグカッププレゼントキャンペーン 公式ページはこちら
 ⇒ “I like it.”PCキャンペーン 公式ページはこちら

但しマグカップに関しては、数に限りがあるためなくなり次第終了となります、ご注意下さい。

実機を見てから決めたいという方は、大阪枚方にあるカメラの八雲 くずはモール店では既に、サンプル天板を展示中、8月上旬には、実機も展示予定となっています。

店頭受注だけの特別なプレゼントも用意していますので、お近くの方は是非店頭まで遊びに来てくださいね^^

以上、新型VAIO『VAIO C15』のご紹介でした。

 ⇒ パーソナルコンピューター VAIO C15『VJC1511』 ソニーストア販売ページはこちら
 ⇒ パーソナルコンピューター VAIO C15公式ページはこちら



"I like it." PC
個性的ながらも、部屋になじむ4カラー


 【ソニーストア】パーソナルコンピューターVAIO C15「VJC1511」のご案内はこちらからどうぞ






nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました