So-net無料ブログ作成

走ってもブレないは本当か?4Kアクションカム『FDR-X3000』の手ブレ補正を検証! [ハンディカム・アクションカム関連]



新型アクションカム『FDR-X3000/HDR-AS300』最大の特徴というのが、圧倒的なブレ補正機能を実現した、空間光学手ブレ補正を搭載している点。

では一体、このブレ補正がどこまで効果的に効いているのか、先代4Kアクションカム『FDR-X1000V』で撮影した映像と比較して確認してみましょう。


 4Kアクションカム『FDR-X3000』

  ソニーストア販売価格:49,880 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら


 4Kアクションカム ライブビューリモコンキット『FDR-X3000R』

  ソニーストア販売価格:64,880 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

今回はできるだけ同じようなシチュエーションで、しかも同時に動画を撮影するため、1台のライブビューリモコンで複数台のアクションカムを同時に管理できる「マルチコントロール」機能を利用して撮影しました。

ライブビューリモコンの録画ボタンを押すだけで、録画開始・停止を行うことが出来るので、こういった撮影にはもってこいの機能なんですよね^^;

「マルチコントロール」機能の設定の仕方については、以下のエントリーにて解説させて頂きましたので、気になる方は是非ご覧ください。

関連エントリー

 ● 複数のアクションカムを1台のライブビューリモコンで一括管理できる「マルチコントロール」を試してみた

てことで、近所の植物園に行って撮影してきたのが以下の動画。



まずは歩いて撮影した映像から。
画面上部の映像が新機種『FDR-X3000』、画面下部の映像が先代『FDR-X1000V』。

見ての通り、徒歩で撮影した映像でも、手ブレがグッと抑えられているのが確認できます。

「X3000」の手ブレのない映像、ホント、見事としかいいようがないですよね。



次に小走りでの撮影時の映像。
画面上部の映像が『FDR-X3000』、画面下部の映像が『FDR-X1000V』。

「走ってもブレ無い」と、ソニーが「空間光学手ブレ補正」をアピールする際よく口にしているフレーズなのですが、今回の映像はまさしくそれ。

まるでスタビライザーを使っているかのような圧倒的なブレ補正です。

先代「X1000V」は、アクションカムという小さなボディながら4K動画が撮影出来るという、素晴らしい特徴を持ったカメラではあったのですが、手ブレ補正が全く効かないという残念すぎる仕様にイマイチ使いどころが見いだせずにいて、「勿体ないなぁ」と思っていたんですよね。

これなら安心して様々な環境で、アクションカムを使用することができますよね!

まだまだ使い慣れていないところもありますので、これからどんどん撮影していって撮影のコツなどを覚えていきたいと思います。

何か面白いことがあれば、改めてご紹介させていただきますね。


関連エントリー

 ● 複数のアクションカムを1台のライブビューリモコンで一括管理できる「マルチコントロール」を試してみた
 ● アクションカム『FDR-X3000VR』に液晶保護シートを装着してみる
 ● SONY アクションカム『FDR-X3000』 VS オリンパス STYLUS 『TG-Tracker』 外観編
 ● 新型アクションカム『FDR-X3000/HDR-AS300』と一緒に購入したいアクセサリー達
 ● 強烈な手ブレ補正を搭載した4Kアクションカム『FDR-X3000R』、開梱フォトレビュー
 ● 【ストアレポート】空間光学手ブレ補正を搭載した4Kアクションカム『FDR-X3000R』を見てきました!



4Kでも圧倒的にブレに強いフラッグシップモデル


 【ソニーストア】4Kアクションカム『FDR-X3000』のご案内はこちらからどうぞ






nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました