So-net無料ブログ作成

最高峰ウォークマン「NW-WM1シリーズ」と一緒に購入したいアクセサリー達 [ウォークマン・ICレコーダー関連]



音質を追求した究極のウォークマン『NW-WM1Z』『NW-WM1A』発表と同時に、ケースやリモコンなど対応アクセサリーもいくつか発表されています。

今回はそれら新商品と、その他オススメのアクセサリー達をまとめてご紹介したいと思います。


 ウォークマン WM1シリーズ『NW-WM1Z』

  ソニーストア販売価格:299,880 円+税
  カラーバリエーション:ゴールド
   ⇒ 商品詳細はこちら


 ウォークマン WM1シリーズ『NW-WM1A』

  ソニーストア販売価格:119,880 円+税
  カラーバリエーション:ブラック
   ⇒ 商品詳細はこちら

関連エントリー

 ● 【ストアレポート】フラグシップウォークマン『NW-WM1Z』『NW-WM1A』、外観フォトレビュー[16.09.15 記載]
 ● 究極の音質を体現した究極のウォークマン『WM1シリーズ』登場![16.09.10 記載]

バランス接続ヘッドホンケーブル(Φ4.4mmバランス標準プラグ)対応モデル


 ヘッドホンケーブル『MUC-S12SB1』

  ソニーストア販売価格:23,880 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら


 ヘッドホンケーブル『MUC-M12SB1』

  ソニーストア販売価格:23,880 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

JEITA(電子情報技術産業協会)統一規格であるφ4.4mmのバランス標準プラグを採用したケーブル。

バランス接続では伝送路内で左右の音声信号が混合されることがないため、音の解像度、広がり、奥行きを余すところなく表現することが可能。

φ4.4mmのヘッドホンバランス端子を採用しているウォークマン『NW-WM1Z』『NW-WM1A』やヘッドホンアンプ『TA-ZH1ES』を購入された方は必須といっていいケーブルと言えますね。

いずれもKIMBER KABLE社との協力によって開発された8芯Braid(編み)構造を採用したもので、原音の持つ音の透明感や音楽性をあますところなく再現できます。

MDR-1A、h.ear on(MDR-100A)をより高音質で楽しめる『MUC-S12SB1』と、XBAシリーズ対応機種をより高音質で楽しめる『MUC-M12SB1』の2種類のケーブルが発表されています。

ウォークマンの操作を快適にする小型リモコン


 リモートコマンダー『RMT-NWS20』

  ソニーストア販売価格:4,880 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

 ■ Bluetooth接続で対応ウォークマンと接続可能
 ■ 再生/停止/曲送り/曲戻し/音量調整などの操作が可能
 ■ 省電力無線技術を採用しているため、充電を気にすることなく長期間の使用が可能
 ■ 胸ポケットやヘッドホンケーブルなどに取り付けられるアタッチメントを付属
 ■ ボタン電池仕様の省電力設計のため充電不要

y_rmt-nws20_003

ウォークマンをポケットやカバンに入れた状態でも、楽曲操作が可能な便利なリモコン。省電力設計でかつ、ボタン電池で駆動するので、充電の必要がないのはうれしいですよね!

対応機種は新型ウォークマン『NW-WM1Z』『NW-WM1A』と間もなく発表となるであろう『NW-A30シリーズ』。

『NW-ZX2』などの旧型ウォークマンは対応しておりませんので、ご注意下さい。

ウォークマン史上最も重量のある『NW-WM1Z』使用時は、カバンの中に入れて使うことが多そうですので、このアクセサリーは是非とも同時に購入しておきたいところですね。

その他機能詳細などは、こちらの商品詳細ページにてご確認下さい。

ポン付けで充電しながらでもハイレゾ音源が高音質で再生可能なクレードル


 ハイレゾ・オーディオ対応ウォークマン専用クレードル「BCR-NWH10」

  ソニーストア販売価格:14,750円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

 ■ ウォークマンからホームオーディオへのハイレゾデジタル出力が可能
 ■ 電源部に高音質コンデンサー「OS-CON」を搭載、高速デジタル信号を伝送し高音質を実現
 ■ ウォークマンのハイレゾ音源を、ホームオーディオ機器にデジタル出力可能
 ■ 再生中も、ACアダプター(付属)でウォークマンの充電が可能
 ■ パソコンと接続して、ウォークマンへのコンテンツ転送が可能
 ■ クレードル接続中でも、ヘッドホンの利用が可能



クレードル電源部に高音質コンデンサー「OS-CON」を搭載することで、



接続対象機種に、高速デジタル信号を忠実に伝送し、更なる高音質を実現。

接続には「USB A-B」コードを使用するのですが、このクレードルを使えばハイレゾ転送時に使用していたハイレゾオーディオ出力用変換ケーブル「WMC-NWH10」を接続する必要すらありません。

クレードルにポン付けするだけで、「SRS-X99」などでより手軽にハイレゾ音源を堪能することが可能になります。



従来の接続では充電しながらウォークマン内のハイレゾ音源を聴くことが出来ませんでしたが、このクレードルには専用ACアダプター経由で、充電しながらでも音楽を楽しむことが出来ます。

地味ですがこの機能、嬉しい人かなりいらっしゃるのではないでしょうか^^



PCと接続することも可能で、クレードルに接続した状態からの楽曲転送にも対応していたりします。



しかも斜めに切り開かれた溝を作ることで、ヘッドホンでも音楽を楽しむことが出来るように設計されていたりします。もちろん充電しながらもOK!

その他機能詳細などは、こちらの商品詳細ページにてご確認下さい。

関連エントリー

 ・h.ear go『SRS-HG1』レビュー -USB接続でハイレゾ音源を聴いてみよう!-[16.05.26 記載]
 ・ZX100ユーザー必須?レザーケース『CKL-NWZX100』使用感レポート[15.10.12 記載]
 ・ハイレゾ出力対応で充電にも対応するクレードル「BCR-NWH10」、使用感レビュー[15.03.31 記載]
 ・ZX2専用レザーケースを装着したままクレードルを使えるのか、試してみた[15.02.04 記載]
 ・ZX1でも使えるハイレゾ出力対応クレードル「BCR-NWH10」[15.01.17 記載]

ウォークマンの表面をキズや汚れから守り、サイドボタンも操作できるレザーケース


 WM1シリーズ専用レザーケース『CKL-NWWM1』

  ソニーストア販売価格:9,880 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

 ■ 日本製の上質な天然皮革(牛革)を厳選して使用
 ■ カバー付きなので、ディスプレイもしっかり保護
 ■ ケースを装着したまま、ウォークマンの操作やWM-PORTの使用が可能
 ■ 天然素材の特長を活かした革表面は、使うほどに艶や風合いが増す

日本製の上質な天然皮革(牛革)を厳選して使用した、こだわりのレザーケース。『ZX2』までの手帳のようにカバーを開閉できる仕組みではなく、上方向に開くカバーに変更となっています。

値段が9,880円(税別)と結構高価なのは、国産のの牛革を厳選して採用したため。使い込んでいくうちに味が出てきて深みが増していくのは、革製品ならではですよね!

ケースに入れていても、ウォークマンの操作やWM-PORTの使用が可能なのも特徴の1つ。

ウォークマン本体の価格が価格だけに、ケースもしっかりしたものを装着しておきたいところ。その点、このケースは文句なしの出来と言えそうですね。

その他機能詳細などは、こちらの商品詳細ページにてご確認ください。

↓↓ ソニーストアで実際に見てきたよー^^ ↓↓

関連エントリー

 ・【ストアレポート】ウォークマン「NW-WM1シリーズ」と一緒に買いたい、専用レザーケース『CKL-NWWM1』をじっくり見てきたよー[16.09.17 記載]

液晶をしっかりガード


 WM1シリーズ専用保護シート『PRF-NWH40A』

  ソニーストア販売価格:1,250 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

 ■ 指紋が目立たない、特殊加工の液晶保護シート
 ■ 傷や汚れに強いハードコーティング仕様
 ■ 切らずにそのまま使え、貼り直しすることが可能

  主な材質:ポリエステルフィルム

今回のウォークマンはAndroid搭載モデルではなあいためか、『ZX2』の時にあったのぞき見防止機能付き液晶保護シートの販売はなく、保護シートのみの展開となっています。

「WM1シリーズ」はタッチモデルですので、液晶の保護だけでなく指紋防止という役割もこのシートにお願いすることになりそうです。定番のアクセサリーですよね^^

個人的にはガラスシートを装着したいところですが、さすがに社外含めてまだ対応の液晶ガラスシートは発売されていないようです。

その他機能詳細などは、こちらの商品詳細ページにてご確認ください。

1つ持っておくと便利なmicroUSBプラグ変換アダプター


 マイクロ USBプラグ変換アダプター「WMP-NWM10」

  ソニーストア販売価格:933 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

 ■ マイクロUSBプラグをWM-PORTプラグへ変換
 ■ スマートフォンに付属の充電器で“ウォークマン”を充電可能
 ■ マイクロUSBケーブルで“ウォークマン”とPCの接続が可能

ウォークマン付属の専用コードを持ち歩かなくても、microUSBケーブルから充電、楽曲転送が出来るようになる変換アダプター。

1つあれば、いざという時にさっと充電出来るので結構便利です。

その他機能詳細などは、こちらの商品詳細ページにてご確認下さい。

関連エントリー

 ・マイクロUSBで楽曲や充電が出来るようになる素敵なアイテム、マイクロ USBプラグ変換アダプター「WMP-NWM10」、開封・使用感レビュー[12.10.22 記載]




ウォークマンの操作を快適にする小型リモコン


 【ソニーストア】リモートコマンダー『RMT-NWS20』のご案内はこちらからどうぞ





再生中もウォークマンの充電が可能な、ハイレゾ・オーディオ出力対応クレードル


 【ソニーストア】ハイレゾ・オーディオ対応ウォークマン専用クレードル「BCR-NWH10」のご案内はこちらからどうぞ




ウォークマンの表面をキズや汚れから守り、サイドボタンも操作できるレザーケース


 【ソニーストア】WM1シリーズ専用レザーケース『CKL-NWWM1』のご案内はこちらからどうぞ


関連エントリー

 ・【ストアレポート】ウォークマン「NW-WM1シリーズ」と一緒に買いたい、専用レザーケース『CKL-NWWM1』をじっくり見てきたよー[16.09.17 記載]



WM1シリーズ専用保護シート


 【ソニーストア】WM1シリーズ専用保護シート『PRF-NWH40A』のご案内はこちらからどうぞ




“ウォークマン”にスマートフォン用充電器が使えるマイクロ USBプラグ変換アダプター


 【ソニーストア】マイクロ USBプラグ変換アダプター「WMP-NWM10」のご案内はこちらからどうぞ




「音」に込められた想いまで、耳元へ
ナチュラルでアコースティックな領域まで再現する無酸素銅切削筐体モデル


 【ソニーストア】ウォークマン WM1シリーズ『NW-WM1Z』のご案内はこちらからどうぞ


関連エントリー

 ・ 【ストアレポート】フラグシップウォークマン『NW-WM1Z』『NW-WM1A』、外観フォトレビュー[16.09.15 記載]
 ・究極の音質を体現した究極のウォークマン『WM1シリーズ』登場![16.09.10 記載]
 ・「IFA 2016」SONYプレスカンファレンス開催!オーディオ部門からはウォークマン『NW-WM1Z』『NW-WM1A』などを発表![16.09.02 記載]



「音」に込められた想いまで、耳元へ
温かみのある音質まで再現するアルミ切削筐体モデル


 【ソニーストア】ウォークマン WM1シリーズ『NW-WM1A』のご案内はこちらからどうぞ


関連エントリー

 ・ 【ストアレポート】フラグシップウォークマン『NW-WM1Z』『NW-WM1A』、外観フォトレビュー[16.09.15 記載]
 ・究極の音質を体現した究極のウォークマン『WM1シリーズ』登場![16.09.10 記載]
 ・「IFA 2016」SONYプレスカンファレンス開催!オーディオ部門からはウォークマン『NW-WM1Z』『NW-WM1A』などを発表![16.09.02 記載]





nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました