So-net無料ブログ作成

【ストアレポート】没入感がスゴイ、4K有機ELテレビ『A1シリーズ』実機フォトレビュー [テレビ・プロジェクター関係]



話題のソニー4k有機ELテレビ『A1シリーズ』、早速ソニーストアで見てきましたよ!

久々に見た瞬間欲しくなるテレビでした、いや、これはすごいもの見せてもらいましたよ。


 4K有機ELテレビ A1シリーズ『KJ-65A1』 65v型

  ソニーストア販売価格:799,880 円+税
 4K有機ELテレビ A1シリーズ『KJ-55A1』 55v型
  ソニーストア販売価格:499,880 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

※ ソニーストア大阪での商品のカメラ撮影は禁止されています。今回はストアさんのご好意で許可を頂いた上撮影しています。ご理解の程よろしくお願いいたします。




「どうだ、これがソニーの有機ELテレビだ!みなはれ」と言わんばかりに、ソニーストア大阪入口にドカンと、65型の『KJ-65A1』が展示されていました。

ソニーストア大阪に遊びに来られた他のお客さんも、ほぼ全員、この圧倒的な画質にしばし立ち止まってじっと映像を見られていました。

もうね、パッと見ただけでわかるんですよ、黒が黒としてしっかり表示されていることが。



それにプラスしてこの狭額ベゼル。この狭いベゼルが、没入感を感じる一翼になっているのは間違いないですね。



通常は本体真ん中にある「SONYロゴ」も、左下にひっそりとありました、没入感を妨げるモノは、たとえメーカーロゴでも許しません!



横から見たところ、なんとまぁ、薄い事よ・・・。まるでスマホを撮影しているようですが、これは65型の4Kテレビですからね、念のため^^;



裏側はこんな感じ。見たことないテレビスタンド?ですよね、なんかタブレットカバーで支えている大きなタブレットに見えないこともないですが、このスタンドがまたスゴいんですよね。




スタンド側面には、電源ボタンやボリュームボタン、USBポートやB-CASカードスロット、




スタンドカバーを外すと、各種入力コードが現れます。

コード類は全てここに集約されているので、配線もすッきりまとめて収納することが出来ます。




更に本体背面左右にあるアクチュエーターと背面のスタンドにあるサブウーファーが、映像に合わせて画面を振動させ、被写体の位置に合わせた音を創り出し、画面から音が出力されるという、なんとも不思議な音の出力方法となっています。



画面に直接触ると分かりますが、ブルブルと画面が細かく振動しているのが分かります。

音で画面が震えるなら、大きな音で聴くと画面が震えて見えなくなりそうと感じる方も多いかと思いますが、そんなことは全然なく、影響はないといってもいいくらいです。

それでいてビックリするくらいの高音質を実現しているのですから驚きです。



実際に前から見るとこんな感じ、画面だけが表示されているという、なんとも不思議な光景です。



有機ELですので、真横から見てもこの通り、しっかり映像を楽しむことが出来ます。




上が有機EL『A1シリーズ』、下がソニーテレビ史上最高画質モデル『Z9Dシリーズ』。

『Z9Dシリーズ』は若干高いところに設置されていて、蛍光灯が反射しているので参考程度に見て欲しいのですが、黒の沈み具合が全然違うのが分かるかと思います。

これが有機ELの実力なんですよ、生で見ると本当にスゴイんですよ。




そのことが1番分かるのが、シアタールームで見せて頂いたこの一コマ。

4Kテレビで、シネスコ(横:縦の比率が「2.35:1」)で収録された映画を見ると、テレビとの比率の違いでどうしても上下に黒い帯が出来てしまいますが、部屋を真っ暗にして映画を見るとあら不思議、バックと同化して画面だけが表示されているように見えます。

バックライトを使用する液晶テレビなら、どうしてもこのレベルの黒を表示することは難しいので、黒い帯がうっすらと見えてしまいます。

もう一つ、先程画面から出力される音は非常に高音質といいましたが、左から右に音が流れるようなシーンでは、本当にそのような音の動きを感じることが出来るんです。

あまりの音の良さに、てっきりアンプとスピーカーで出力しているモノと思い込んでいただけに、これがテレビから出力されている音だと聴いたときには、驚愕しましたよ。

思い込みがあったとはいえ、お手本のようなリアクションをしてしまったことが、ちょっと悔しいですね^^;

以上、4K有機ELテレビ『A1シリーズ』の、実機レビューでした。



ソニーストア直営店では現在、「A1特別体験会」を実施中で、ソニーストア大阪なら、私と同じような体験をすることが出来ます。

お時間のある方は是非体験会に参加してみてください。その画質、その音質に驚愕すること間違いなしです!


私自身もまだ「A1」を1時間も体験していませんので、まだまだ触りたりない思いです。もう少しじっくり触りたいので、またストアーにお邪魔したいと思います^^



一瞬で引き込まれる、漆黒の美と、そのたたずまいから生まれる音
ソニー発、4K有機ELテレビ


 【ソニーストア】4K有機ELテレビ『A1シリーズ』のご案内はこちらからどうぞ


関連エントリー

 驚きの画質にスタイリッシュなデザイン!ソニー、4K有機ELテレビ『A1シリーズ』[17.05.10 記載]








nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 4

コメント 0

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました