So-net無料ブログ作成

コスパ抜群の4K HDR/Atmos対応アンプに『STR-DH790』登場!Atmosイネーブルドスピーカー『SS-CSE』も注目度高し! [ヘッドホン・スピーカー・ホームシアター関連]



最新の音声フォーマット「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」と「DTS:X」に加え、多様なHDRフォーマットなど最新の4Kコンテンツパススルーに対応した7.1chマルチチャンネルインテグレートアンプ 『STR-DH790』、最新の4K HDRに対応した 5.1chマルチチャンネルインテグレートアンプ『STR-DH590』、レコードプレーヤーと接続可能なフォノ入力やBluetooth接続に対応したステレオインテグレートアンプ『STR-DH190』、フロントスピーカーの上に置くだけで立体的な音響空間を実現するドルビーアトモスイネーブルドスピーカー『SS-CSE』などが、ソニーより発表されました。

発売日は『STR-DH790』が6月16日(土)、それ以外の商品が4月21日(土)で、ソニーストアでは既に先行予約販売を開始しています。

【プレスリリース】
最新の音声フォーマット「Dolby Atmos」「DTS:X」対応機種を拡充 4K HDRにも対応し臨場感豊かな視聴環境を実現する『STR-DH790』などアンプ3機種発売



低価格ながらHDMI入力 4/4K HDR/Dolby Atmos/DTS:X に対応するコスパ抜群のアンプ


 マルチチャンネルインテグレートアンプ『STR-DH790』

  ソニーストア販売価格:39,880 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

  • 最新の音声フォーマット「Dolby Atmos」「DTS:X」に対応
  • 理想的なサラウンド空間を実現する「アドバンストD.C.A.C.」(自動音場補正+A.P.M.)搭載
  • フロントスピーカーだけでも臨場感豊かなサラウンドを実現する「S-Force PROフロントサラウンド」を搭載
  • スピーカー間の音のつながりを改善する「A.P.M.(オートマチック・フェーズ・マッチング)」
  • 音質の向上を目指した高音質設計
  • 深夜の映画鑑賞も迫力あるサウンドで楽しめる「ナイトモード」
  • 音楽再生ができるBluetooth機能
  • FM30局プリセットが可能なワイドFMチューナーを内蔵
  • HDCP 2.2や4K/60p 4:4:4(8bit)、HDR など最新の4Kコンテンツに対応
  • オーディオリターンチャンネルに対応、テレビの音量を0-+6dBの範囲で設定可能な「TV音量調整機能」も搭載
  • HDMI入力端子は4系統搭載、HDMI出力端子は1系統を装備
  • 映像機器からの4K信号をパススルーに対応
  • シンプルなGUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェイス)でAVアンプ本体の操作が可能
  • ブラビアの「オーディオ機器コントロール」アプリに連動




3万円代で購入出来るアンプなのに、4系統の入力端子を搭載



しかも4Kブルーレイディスクに採用されているHDR10や衛星放送などに採用されているHLG(Hybrid Log-Gamma)に加えてDolby Visionにも対応しているだけでなく、



HDMIの最新規格に準拠し18Gbps、 4K/60p 4:4:4(8bit)の映像信号にも対応

音声では、従来のチャンネルベースに音の位置情報や移動情報(オブジェクト情報)を加えた、最新の音声フォーマット「Dolby Atmos(R)」「DTS:X(R)」に対応

部屋の音響特性を約30秒で自動測定し各スピーカーの距離、音圧(レベル)、周波数特性を精密に補正する「アドバンストD.C.A.C.」まで対応するのですから、コスパの高さは相当なものです。

これでネットワークにも対応してくれていれば最高だったのですが、さすがにこの値段ではそこまでは厳しいか^^

コスパ抜群のアンプに仕上がっています。
 ⇒ より詳細な商品情報はこちらからご確認下さい。

時最新の音声フォーマット非対応ながらも、HDRなどに対応したお手軽アンプ


 マルチチャンネルインテグレートアンプ『STR-DH590』

  ソニーストア販売価格:29,880 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

  • 理想的なサラウンド空間を実現する自動音場補正機能「D.C.A.C.(Digital Cinema Auto Calibration)」搭載
  • フロントスピーカーだけでも臨場感豊かなサラウンドを実現する「S-Force PROフロントサラウンド」を搭載
  • 音質の向上を目指した高音質設計
  • 深夜の映画鑑賞も迫力あるサウンドで楽しめる「ナイトモード」
  • 音楽再生ができるBluetooth機能
  • FM30局プリセットが可能なワイドFMチューナーを内蔵
  • HDCP 2.2や4K/60p 4:4:4(8bit)、HDR など最新の4Kコンテンツに対応
  • オーディオリターンチャンネルに対応、テレビの音量を0-+6dBの範囲で設定可能な「TV音量調整機能」も搭載
  • HDMI入力端子は4系統搭載、HDMI出力端子は1系統を装備
  • 映像機器からの4K信号をパススルーに対応
  • シンプルなGUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェイス)でAVアンプ本体の操作が可能
  • ブラビアの「オーディオ機器コントロール」アプリに連動


上位機種『STR-DH790』より、音声系の機能を少し切り落とし、よりお手頃価格にしたモデル。



とはいえ、2万円代で購入出来るアンプなのに、4系統の入力端子を搭載



4Kブルーレイディスクに採用されているHDR10や衛星放送などに採用されているHLG(Hybrid Log-Gamma)に加えてDolby Visionにも対応しているでけでなく、



HDMIの最新規格に準拠し18Gbps、 4K/60p 4:4:4(8bit)の映像信号にも対応しているのには立派。

最新の音声フォーマット「Dolby Atmos(R)」「DTS:X(R)」は必要ないかな、って方は、こちらを選ぶのもアリかもしれませんね。
 ⇒ より詳細な商品情報はこちらからご確認下さい。

MMカートリッジ対応のフォノイコライザーを内蔵したフォノ入力搭載のステレオアンプ


 ステレオインテグレートアンプ『STR-DH190』

  ソニーストア販売価格:19,880 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

  • 4系統のライン入力搭載
  • MMカートリッジ対応のフォノイコライザーを内蔵したフォノ入力搭載
  • 音楽再生ができるBluetooth機能
  • スピーカー出力端子を2系統装備
  • FM30局プリセットが可能なワイドFMチューナーを内蔵




4系統のライン入力に加えて、



MMカートリッジ対応のフォノイコライザーを内蔵したフォノ入力やBluetoothに対応し、さまざまな機器からの音楽再生が可能。

映像用の入出力端子がないのには注意が必要。

レコードプレイヤーを接続してレコードをイイ音で楽しみたいという方にオススメです。
 ⇒ より詳細な商品情報はこちらからご確認下さい。

アトモス専用ではなく設置のし易さも大きな魅力!


 スピーカーシステム『SS-CSE』

  ソニーストア販売価格:21,880 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら



スピーカーシステム『SS-CSE』は、天井にスピーカーを設置することが困難な場合でもフロントスピーカーの上に置くだけで、天井反射を利用してトップスピーカーを設置した時のような高さ方向の音を再現できる、オブジェクトオーディオを手軽に楽しむための、 Dolby Atmosイネーブルドスピーカー。



CSシリーズのデザインと音響思想を踏襲して設計されていて、非常にコンパクトな筐体でお持ちのフロントスピーカーの上や壁などにも設置しやすいのが特徴。



壁掛け用スピーカーとしても使えるので、Dolby Atmosイネーブルドスピーカー以外の用途に使用することも可能だったりします。

お手頃な価格帯ってのも大きな特徴かな。
 ⇒ より詳細な商品情報はこちらからご確認下さい。



いかがでしたか、そろそろ最新の映像規格、音声規格に対応しながらもあまりコストをかけたくないって方には、結構グッとくる製品群なのではないでしょうか?

個人的には、スピーカーシステム『SS-CSE』の設置自由度の高さにちょっと惹かれていたりします。

そろそろうちのアンプも買い換え時なのかなぁ・・・



最新の音声フォーマット「Dolby Atmos」「DTS:X」や、最新の4Kコンテンツに対応した 7.1chマルチチャンネルインテグレートアンプ


 【ソニーストア】マルチチャンネルインテグレートアンプ『STR-DH790』のご案内はこちらからどうぞ




HDCP 2.2や4K/60p 4:4:4(8bit)、HDRなど最新の4Kコンテンツに対応した 5.1chマルチチャンネルインテグレートアンプ


 【ソニーストア】マルチチャンネルインテグレートアンプ『STR-DH590』のご案内はこちらからどうぞ




フォノ入力や Bluetooth対応など、さまざまな機器を接続できるステレオアンプ


 【ソニーストア】ステレオインテグレートアンプ『STR-DH190』のご案内はこちらからどうぞ




オブジェクトオーディオを手軽に楽しむためのDolby Atmosイネーブルドスピーカー


 【ソニーストア】スピーカーシステム『SS-CSE』のご案内はこちらからどうぞ




ソニーのカメラ「αシリーズ」のレビューを当店のホームページでは公開中です!
興味のある方はぜひ、覗いてみて下さいね!

当店ではソニーのデジタル一眼カメラ 「α」 の実機を使用したレビュー記事を掲載しています。Eマウントを始め、Aマウントのカメラボディ、それぞれに使用出来るレンズ、ソニー純正アクセサリーなども紹介しています!






nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント