So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

サイズそのままで望遠域まで撮影が可能になった、サイバーショット『RX100 VI』登場! [サイバーショット関連]



広角から望遠までをカバーする新開発24-200mm F2.8-4.5ズームレンズを搭載し、世界最速 0.03秒の高速AFとAF/AE追従最高約24コマ/秒の高速連写を実現したデジタルスチルカメラ サイバーショット『RX100 VI』がソニーより発表されました。

2018年6月22日発売予定で、ソニーストアでは2018年6月12日(火)10時より先行予約販売を開始します。


 デジタルスチルカメラ“サイバーショット”『DSC-RX100M6』

  市場推定価格:140,000円前後
   ⇒ 商品詳細はこちら

【プレスリリース】
広角から望遠までをカバーする新開発24-200mm F2.8-4.5ズームレンズと 世界最速0.03秒の高速AFを備えたプレミアムコンパクトモデル『RX100 VI』発売






サイバーショット『DSC-RX100M6』の主な特徴は以下の通り。

  • 広角から望遠までカバーする24-200mm、F2.8-4.5のツァイス バリオ・ゾナー T*レンズを搭載
  • 進化した画像処理エンジンBIONZ X(ビオンズ エックス)と最新の高速フロントエンドLSIを搭載
  • 像面位相差AF方式とコントラストAF方式を併用する「ファストハイブリッドAF」を搭載
  • 世界最速となる0.03秒の高速AFを実現
  • 315点の像面位相差AFセンサーを配置することで、広範囲での高精度なAFが可能に
  • 「高密度AF追従テクノロジー」搭載で、複雑な動きをする動体も正確に捕捉し、精度高く捉え続けることが可能に
  • AF・AE追随 最高約24コマ/秒の高速連写を実現
  • バッファーメモリーの大容量化などにより、233枚までの連続撮影が可能に
  • 表示システムの高速化で、撮影中の電子ビューファインダーの表示タイムラグが低減
  • 液晶モニターをタッチしてフォーカス位置を選択できるタッチフォーカス搭載
  • ファインダーをのぞきながらフォーカス位置の移動ができるタッチパッド機能を搭載
  • 画面に触れるだけで撮影できるタッチシャッター機能も搭載
  • 収納式の電子ビューファインダーは、本体横のスイッチを下げるだけでポップアップが可能に
  • 画素加算のない全画素読み出しによる4K(QFHD:3840×2160)動画の本体内記録に対応
  • 動画撮影時も「ファストハイブリッドAF」に対応することで、高精度・高追随のフォーカシングが可能
  • 最高960fps(40倍)のスーパースローモーションやHLG(Hybrid Log-Gamma)、 S-Log3をはじめとするピクチャープロファイルなど、ハイクオリティーな映像制作を可能にする多彩な機能を搭載


公式ページがまだ簡易的なものしかできていないので、そこから拾える情報はこの程度。

とはいえこの情報だけでもとんでもないカメラだということがすぐにわかります。



最大の特徴といえるのが、ボディサイズをほぼ変更することなく、広角から望遠までカバーする24-200mm、F2.8-4.5のツァイス バリオ・ゾナー T*レンズを搭載してしまったこと。

F値こそ違えど、24-200mmの焦点距離は、『RX10 II』と同じ、ほんの数年前までは『α7シリーズ』並みの大きさだったカメラが、こんなにコンパクトサイズなカメラになったと考えると驚きですよね、もちろん大前提として、大型のメモリー一体1.0型積層型CMOSイメージセンサーExmor RSを搭載しての話です。

これ、すごすぎませんか・・^^;



AF性能も大幅進化!

315点像面位相差AFセンサーは『RX100 V』と同じではあるのですが、0.03秒の高速AFに進化

更に『α6500』や『RX10 IV』に搭載している「高密度AF追従テクノロジー」をRX100シリーズとして初めて搭載、複雑な動きをする動体の追従性能も大幅に向上しています。

『瞳AF』は、画像処理エンジンBIONZ Xの進化により検出精度・速度が向上し、追従性能が『RX100 V』比で約2倍に高速化!



連射機能も大幅に進化!

AF・AE追随 最高約24コマ/秒の高速連写を実現しながら、233枚までの連続撮影が可能に!

連写した静止画のグループ表示やグループ単位での削除や5段階でレーティングにも対応したのもポイントですね。



RX100シリーズでは初となる、液晶モニターをタッチしてフォーカス位置を選択できるタッチフォーカス、画面に触れるだけで撮影できるタッチシャッター機能も搭載

本体横のスイッチを下げるだけで瞬時に使用可能になったワンプッシュアクセス収納式電子ビューファインダーが搭載されたのも大きなトピックですね!



動画撮影機能も大きく進化。

画素加算のない全画素読み出しによる4K(QFHD:3840×2160)動画の本体内記録に対応しているだけでなく、インスタントHDRワークフローを実現するHLG(Hybrid Log-Gamma)方式による4K HDR撮影にも対応

動画撮影時間は変わらず5分だけというのは非常に残念な所ですが、この小型ボディで4K HDR動画の撮影に対応したというのは大きいですよね!

気になる『RX100 V』との違いは以下の通り。

『RX100 VI』 『RX100 V』比較
『RX100 VI』『RX100 V』
センサータイプ
1.0型積層型CMOSセンサー
有効画素数
約2010万画素
焦点距離(35mm換算)
24-200mm
24-70mm
F値
F2.8-4.5
F1.8-2.8
連写枚数(AF/AE 追随)
24コマ/秒
ND filter
非搭載
搭載
PlayMemories Camera Apps
非搭載
搭載
最短撮影距離
約8cm
約5cm
AFスピード
0.03秒
0.05秒
AF位相差AF測距点数
315点
HLG(Hybrid Log-Gamma)
対応
非対応
液晶モニター
3.0インチ(4:3)/約92万ドット
3.0インチ(4:3)/約122万ドット
チルト可動式
上方向 180°, 下方向 90°
上方向 180°, 下方向 45°
ビューファインダー
0.39" XGA OLED, 236M dots
ファインダー倍率 (35mm換算)
約0.59倍
バッテリー
240枚 (モニター使用時)
220枚 (モニター使用時)
サイズ
101.6 x 58.1 x 42.8mm
101.6 x 58.1 x 41.0mm
重さ
274g
272g



 デジタルスチルカメラ“サイバーショット”『DSC-RX100M5』

  ソニーストア販売価格:109,880 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

焦点距離が約3倍になっているのにもかかわらず、サイズや重さはほぼ同じってのがスゴイですよね!

ただよく見ると、『RX100 V』のみに搭載されている機能や性能的に勝っている部分も少なく無く、単純に『RX100 VI』が圧倒的に素晴らしい機種というわけでは無いのが分かります。

人によっては明るいレンズを使いたい人や「Camera Apps」でタイムラプスを使いたいという方もいるので、純粋に後継機という感じではなく、派生モデルと見るべきなのかも。

個人的にも200mmの焦点距離にはグッとくる物があるのですが、最短距離が長くなってしまうことや、サイズが大きくなったことで恐らくアンダーウォーターハウジング「MPK-URX100A」が使えなくなるという点が気になり、乗り換えに躊躇しているところであります。


 アンダーウォーターハウジング『MPK-URX100A』

  ソニーストア販売価格:29,260 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

ソニーストア直営店では既に、先行展示が始まっていますので、とりあえず実機を触ってきてどんなカメラなのか見極めたいと思います。



24-200mmズームレンズと世界最速AFで、躍動する瞬間をダイナミックに切り取る


 【ソニーストア】デジタルスチルカメラ“サイバーショット”『DSC-RX100M6』のご案内はこちらからどうぞ




世界最速の高速AFと高速連写で、一瞬を鮮鋭に捉える


 【ソニーストア】デジタルスチルカメラ“サイバーショット”『DSC-RX100M5』のご案内はこちらからどうぞ


関連エントリー

 ・【製品レビュー】ちっちゃなプレミアムコンパクトカメラ『RX0』、実機レポート[17.09.04 記載]
 ・やっと巡り会えた、使いやすくて相性抜群のカメラストラップのお話[17.08.30 記載]
 ・フォトコンの話とダイビングの話[17.08.18 記載]
 ・RX100Ⅲ/RX100Ⅳ/RX100Ⅴ購入者全員に5,000円のキャッシュバック!「RXプレミアムキャンペーン」再び!![17.08.01 記載]
 ・RX100専用水中ハウジング『MPK-URX100A』、開梱フォトレビュー[17.02.15 記載]
 ・サイバーショット「RX100V」と一緒に購入したいアクセサリー達[16.10.22 記載]
 ・【ストアレポート】水中40mでも使えるようになるRX100専用ハウジング『MPK-URX100A』 実機フォトレビュー[16.10.20 記載]
 ・RX100シリーズを水中40mでも使えるようになるハウジング『MPK-URX100A』登場![16.10.14 記載]
 ・ソニーが海外にて『RX100V』を発表した模様、水中ハウジングも登場予定![16.10.07 記載]



コンパクトも今や高画質の時代。「サイバーショット(Cyber-Shot)」徹底レビュー

ソニーのカメラ「サイバーショット」のレビューを当店のホームページでは公開中です!

興味のある方はぜひ、覗いてみて下さいね!







nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント