So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『RX100M6(RX100 VI)』はアンダーウォーターハウジング『MPK-URX100A』が本当に使えないのか、実際に試してみた [サイバーショット関連]

広角から望遠まで24-200mmの焦点距離をカバーする、サイバーショット『RX100 VI』。

本体サイズは今までのRXシリーズと同じくらいなのに、何故か歴代RXシリーズに対応しているアンダーウォーターハウジング『MPK-URX100A』が早々に対応出来ないとアナウンスがありました。

ぱっと見、「ズームさえしなければなんとかなるんじゃないの」って気がしたので、実際に装着出来るのか、試してみることにしました。


 デジタルスチルカメラ“サイバーショット”『DSC-RX100M6』

  ソニーストア販売価格: 138,880 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら


 アンダーウォーターハウジング『MPK-URX100A』

  ソニーストア販売価格:29,260 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

では早速、アンダーウォーターハウジング『MPK-URX100A』に『RX100M6』を装着してみます。

やはり本体の大きさがほぼ変わっていないだけあって、予想通り問題なく『RX100M6』をセットすることが出来ました。

蓋もすんなり閉じることが出来、どこかに隙間があるという感じもありません、なんかいけそうですね^^;

ちなみにハウジングにセットする

 ・アタッチメント
 ・レンズリングアダプタ

などは、『RX100M5』を装着した時と同じものをセットしています。

ハウジングのセット方法については、下記過去記事を参照下さい。

関連エントリー

 ・RX100専用水中ハウジング『MPK-URX100A』、開梱フォトレビュー[17.02.15 記載]

あまりにあっさり設置ですることができたので、「これはひょっとするとあっさり使えちゃったりするんじゃないの」なんて思ったのですが、やはりそんなに甘くはありませんでした。

電源の入切は問題なく出来るのですが、液晶右側がけられて表示されちゃってます。

ちなみにこちらが『RX100M5』をセットした時の様子、画面が全て表示されていますよね。

なんかこの画面を見ると、各ボタンが正常に動くとはとても思えないのですが、意外なことに

メニュー表示や十字キーに決定ボタン、

Functionキーや再生ボタン、

露出の変更、

コントロールリングの操作(絞り/シャッタースピードの変更)、

モードダイヤルの操作(モードの変更)など、主立った操作は問題なく、しっかり操作する事ができます

非対応という割りには意外といける口なんですよね^^

後は問題のズームレバーの操作。

レバーの操作事態はできるのですが、70mmを超えたあたりで上記エラーが発生しました。

ま、ハウジング自体が『RX100M5』などを想定して作られているので、

レンズがグッと飛び出す『RX100M6』が問題なく使えるわけもありませんよね^^;

てことで、超望遠の200mmで水中撮影することは出来ませんが、70mmまで意識してズームを抑えて使用すればなんとか使えるかもってところですかね。


結果としては、『RX100M6』とハウジングの組み合わせは使えそうな感じですが、実際に水に沈めたわけではないので、実はやっぱり対応していませんでした・・って事になる可能性はあるかと思います。

現状では素直に対応機種で楽しむ方がいいんでしょうね。

本当は実際に水につけてテストしようかとも思ったのですが、購入したばかりの『RX100M6』を壊れるかもしれない実験に使う勇気が私にはありませんでした、チキンですいません^^;

一応記載しておきますが、『RX100M6』はメーカー的にはハウジング非対応の機種ですので、何かあった場合は保証対象外となります、挑戦してみるって方は自己責任でお願いしますね。

一応『RX100M6』のホワイトバランス設定には「水中オート」の設定が残っていたりしますので、もしかしたらこのカメラをハウジング対象機種にするアップデートや追加部品の販売なんて展開になったりして・・ってないかな^^


24-200mmズームレンズと世界最速AFで、躍動する瞬間をダイナミックに切り取る


 【ソニーストア】デジタルスチルカメラ“サイバーショット”『DSC-RX100M6』のご案内はこちらからどうぞ

関連エントリー

 ・『RX100M6(RX100 VI)』が手元に来て分かった、少し想定外だったこと[18.06.24 記載]
 ・【実機レビュー】ホントにサイズ感そのまま!最強の持ち歩きカメラ サイバーショット『RX100 VI(DSC-RX100M6)』を触ってきたよ![18.06.11 記載]
 ・サイズそのままで望遠域まで撮影が可能になった、サイバーショット『RX100 VI』登場![18.06.08 記載]


水深約40mの水中撮影を高画質コンパクトRX100シリーズで撮影可能にするアンダーウォーターハウジング


 【ソニーストア】アンダーウォーターハウジング『MPK-URX100A』のご案内はこちらからどうぞ

関連エントリー

 ・フォトコンの話とダイビングの話[17.08.18 記載]
 ・RX100専用水中ハウジング『MPK-URX100A』、開梱フォトレビュー[17.02.15 記載]
 ・サイバーショット「RX100V」と一緒に購入したいアクセサリー達[16.10.22 記載]
 ・【ストアレポート】水中40mでも使えるようになるRX100専用ハウジング『MPK-URX100A』 実機フォトレビュー[16.10.20 記載]
 ・RX100シリーズを水中40mでも使えるようになるハウジング『MPK-URX100A』登場![16.10.14 記載]


コンパクトも今や高画質の時代。「サイバーショット(Cyber-Shot)」徹底レビュー

ソニーのカメラ「サイバーショット」のレビューを当店のホームページでは公開中です!

興味のある方はぜひ、覗いてみて下さいね!




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント