So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

これはイイ!大型グリップを搭載した『RX100M6(RX100 VI)』用 L型ブラケットを購入してみた! [サイバーショット関連]

200mmまでの望遠撮影が可能になり使い勝手が大きく向上した、大型センサー搭載サイバーショット『RX100M6(RX100 VI)』。

先日までは専用キャリングケース「LCS-RXG」にいれて持ちあるちていたのですが、Amazonで『RX100M6』にも対応する面白そうなL型クイックリリースプレートブラケットを見つけたので、試しに購入してみました。


 デジタルスチルカメラ“サイバーショット”『DSC-RX100M6』

  ソニーストア販売価格: 138,880 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら


 ソフトキャリングケース「LCS-RXG」

  ソニーストア販売価格: 12,380 円+税
  カラーバリエーション:ブラック/ブラウン
   ⇒ 商品詳細はこちら

 

これがそのL型クイックリリースプレートブラケット『FIRST2SAVVV 』

アルミニウム合金を削り出しで作成されているうえ、金属表面にはアルマイト処理までされていて、質感はかなり良好です。

「Arca-Swiss標準」 にも対応しているため、対応三脚への装着も簡単!

装着は本体底面にある三脚穴とブラケットを、

付属の六角レンチを使って

締め付ける形で装着します。

装着するとこんな感じ。

底面に装着されている三脚用金具の幅が小さいため、カメラを机に置くとグリップ側に傾いてしまいます。

傾いているとなにか落ち着かないって方は、底面金具を外す事は出来るのですが・・・Arca-Swiss互換三脚にさっと装着でき無いばかりか、通常の三脚も使用できなくなります。

惜しいことに、プレートには三脚用のネジ穴がないんですよね・・。

なのでここは素直に金具を装着しておくことをオススメします^^;

 ※ マルチ端子/HDMI端子

 ※ ファインダー

 ※ 可動式チルト液晶

 ※ バッテリー/SDカードの交換、三脚

ご覧の通り、このブラケットのいいところは、装着してもカメラの使い勝手がほとんど変わらないというところ。

プレートを付ける前と同じように『RX100M6』を使用できます。

ただしNFCによるワンタッチ接続設定のみ、プレートに邪魔されて使用することが出来ません。

ただスマホ接続設定を1度しておけば、アプリ側の操作で転送やスマホでのモニタリングも問題なく出来るので、まぁ、問題ないかと思います。

「どうしてもNFCによるワンタッチ接続をしたい」って方は、最悪このプレートを外すという手もありますが、

あるとこんな感じに、床などに直置きして縦位置撮影も可能になるというメリットもあるので、私はそのまま外さず使用しています^^

ちなみにこちらのプレートもArca-Swiss標準対応ですので、こんな感じで装着することも可能。

縦位置撮影も横位置撮影もカンタンに三脚に設置できるのは助かりますよね^^

そしてこのブラケットの最大の特徴といえるのが、この大型グリップを搭載しているところでしょう。

純正のアタッチメントグリップ『AG-R2』と比較しても圧倒的にグリップしやすく、


 アタッチメントグリップ「AG-R2」

  ソニーストア販売価格:1,500 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

底部も若干底上げされたので、安定感がグッと増しますよね、これはいいですよ。

ちなみにこのプレートを使用する場合、アタッチメントグリップは剥がす必要があります、せっかく付けたんですけどね・・。

小型軽量が売りの『RX100シリーズ』なのに、ブラケットを装着して「大きく重くする」ってのは、少しナンセンスな話なのかもしれませんが、私的には全然アリです。

グリップ感がよくなって安定して撮影することが出来るというだけでなく、底面もサイド面もカメラをしっかり守ってくれますし、アルカスイス互換の三脚を持っているので、素早く三脚に装着出来るのも嬉しいですよね!


てことで、『RX100M6(RX100 VI)』にも装着可能なL型クイックリリースプレートブラケット『FIRST2SAVVV 』のご紹介でした。

中国から直送で送られてくるので、手元に届くまで10日ほどかかりますが、価格的には3,000円もしないので購入しやすいってのも有り難いところ。

しっかりとカメラを握って撮影したい方、アルカスイス互換の三脚を持っている方などにおススメのアクセサリーですね。


24-200mmズームレンズと世界最速AFで、躍動する瞬間をダイナミックに切り取る


 【ソニーストア】デジタルスチルカメラ“サイバーショット”『DSC-RX100M6』のご案内はこちらからどうぞ


コンパクトも今や高画質の時代。「サイバーショット(Cyber-Shot)」徹底レビュー

ソニーのカメラ「サイバーショット」のレビューを当店のホームページでは公開中です!

興味のある方はぜひ、覗いてみて下さいね!




nice!(4)  コメント(5) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 4

コメント 5

JUN

自分のRX100無印にも付かないかな、バッテリーカバーは開かなくてもいいんだけど。
by JUN (2018-07-26 11:49) 

shige

JUNさん、こんにちは!
無印RX100は手元にないので試せませんが、販売者の説明では

「ソニー Sony Cyber-shot DSC RX100VI/M6. RX100V/M5. RX100IV/M4. RX100III/M3. RX100II/M2. RX100/M1 専用設計のため、バッテリーの着脱、各種ボタンの操作や端子へのアクセスに支障はありません、非常に耐久性が持っています」

とあるので大丈夫そうな気がします。

購入される際は、中国からの発送となりますので、少し時間がかかる点、ご注意下さいね!
by shige (2018-07-26 11:55) 

JUN

早速の回答ありがとうございます。
ダメもとで挑戦してみます。
by JUN (2018-07-26 14:40) 

JUN

RX100無印でも使えました。フィットも問題なく(無印は厚みが薄いので前後にわずかな隙間はありますが取り付け後のぐらつきはありません)底面のバッテリーカバーも問題なく開閉できました。しっかりと握りこめるので落とす不安がなくなり安心感が違いますね、見た目も本体のマットな塗装とマッチしてカッコいいです。いい商品をご紹介いただきありがとうございました。
by JUN (2018-08-18 21:04) 

shige

JUNさん、こんにちは!

無事装着出来て良かったです。
昨日、不注意でM6を落としてしまったのですが、
全然問題なく使えています。

守備力もかなりのものですね^^
by shige (2018-08-18 22:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント