So-net無料ブログ作成

録画と視聴同時に楽しめる BS4K/CS4Kチューナー『DST-SHV1』登場! [テレビ・プロジェクター関係]

2018年12月1日から本放送が開始される、BS4K/CS4K放送を受信できる4Kチューナー『DST-SHV1』がソニーより発表されました。

発売日は11月10日(土)で、 ソニーストアでは既に 先行予約販売を開始 しております。


地上・BS4K・110度CS4Kチューナー『DST-SHV1』

ソニーストア販売価格: 54,880 円+税
⇒  商品詳細はこちら

地上・BS4K・110度CS4Kチューナー『DST-SHV1』 の主な特徴は以下の通り。

  • 地上・BS・110度CSチューナーをそれぞれ2基搭載し、さらにBS4K/CS4Kチューナーも2基搭載
  • ブラビアリンクに対応。付属のHDMIケーブル1本で4Kブラビアとつなげば、ブラビアのリモコン1つで本機の操作が可能
  • 人が親しみを感じる柔らかなディテール、触りたくなる素材や質感、温かみのある色味を同居させた「ソフトミニマリズム」に基づいたデザインを採用
  • 録画したい番組が簡単に見つかる「ジャンル検索」予約
  • 録画番組を6TBまでのUSB外付けハードディスク(別売)に保存可能

 質量:約1.7kg
 外形寸法(幅×高さ×奥行):約283×約50×約225 mm
 消費電力(待機時):約13(0.5)w

地上・BS・110度CSチューナー・BS4K/CS4Kチューナーそれぞれチューナーを2基搭載しているので、BS4K放送の番組を見ながらでも別番組を録画することも可能。

それにプラスして地上波放送なども録画できるので、様々なコンテンツを外付けのHDDに録画していくことも出来ます。

但し2番組同時の録画および視聴は出来ない点、ブルーレイディスクなどのメディアに録画データを書き出す機能はない点は注意が必要です。

ちなみに「BS4K/CS4K放送」とは、2018年12月1日から開始する BS・110度CSによる4K放送のことです。

従来の放送の4倍細かく表示可能になっているだけではなく、表現可能な色の範囲が拡大、表現できる明暗の差を大幅に拡大していたりと、アナログ放送から地上デジタル放送画になった時以上に、画質の面で大きなメリットを受けることが可能です。

基本的には今現在BS放送が視聴できている環境では、MHKと民放キー局(NHK/BS 朝日/BS TBS/BS テレ東/BSフジ/BS日テレ)の4K放送は受信可能ですが、

WOWOWなどを含めた全てのチャンネルを受信したいという方は、衛星アンテナや伝送機器(ブースターや分配器、壁面端子、分波器など)の交換が必要な場合が有ります。

より詳しい事は、 こちらのページで記載 されていますので、BS4Kの導入を検討されている方は1度確認いただけたらと思います。


BS4K/CS4Kチューナー単体ではなく、4K放送の録画も可能なのは有り難いですよね!

なお「AV10%OFF」クーポンや「長期保証 無料」クーポンの提供も可能ですので、お持ちの方は更におトクにオーダーいたく事も可能。

是非活用いただきお特に注文しちゃいましょう!


BS4K/CS4K放送の裏番組録画に対応した4Kダブルチューナー


【ソニーストア】地上・BS4K・110度CS4Kチューナー『DST-SHV1』のご案内はこちらからどうぞ


ソニーショップ店員による体験レビューが盛りだくさん!
ソニーのことらなら「さとうち」におまかせ!!


⇒大阪都島区にある「ソニーショップさとうち」のホームページはこちら!



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント