So-net無料ブログ作成

更に高画質に、更に高音質に!有機ELパネルの可能性を最大限に引き出した4K有機ELブラビア『A9Fシリーズ』登場!! [テレビ・プロジェクター関係]

次世代高画質プロセッサー「X1 Ultimate」を搭載することで、有機ELパネルの可能性を最大限に引き出し、テレビ番組もネット動画など様々なコンテンツを新次元の高画質で再生することが可能になった、4K有機ELテレビ『A9Fシリーズ』2機種が国内でも正式に発表されました。

共に 発売日は10月13日(土)で、 ソニーストアでは既に 先行予約販売を開始 しております。


65型4K有機ELテレビ『KJ-65A9F』

ソニーストア販売価格: 649,880 円+税
  55型4K有機ELテレビ『KJ-55A9F』
ソニーストア販売価格:449,880 円+税

⇒  商品詳細はこちら

4K有機ELテレビ『A9Fシリーズ』は、クリエイターの制作意図を再現したいという究極の目的を追求して生まれた最高峰モデルの証「MASTER Series」を冠するテレビ。

有機ELの能力を最大限に引き出す次世代プロセッサーと新機能

最大の特徴は、従来の高画質プロセッサー「X1 Extreme(エックスワン エクストリーム)」からリアルタイム処理能力が約2倍になり、映像をより緻密に分析することで、高精細、高コントラストを実現することが可能になった 次世代高画質プロセッサー「X1 Ultimate(エックスワン アルティメット)」を搭載していること。

映像の中で、それぞれの被写体に応じて、最適に高精細化する超解像処理を実行し、従来の超解像処理では失われてしまうような質感も、現実に近い質感を再現する 「オブジェクト超解像」を新たに搭載。

「4K X-Reality PRO(4K エックス リアリティー プロ)」の持つ超解像処理用のデータベースに加え、ノイズ低減のデータベースを持つことで、より高精細かつノイズの少ない映像を実現する 「デュアルデータベース分析」や、

よりリアルな高コントラストを実現進化した 「HDRリマスター」も、大きく進化したことで、より高画質な表現が可能になりました。

画面全体が明るい映像や、画面の一部分だけが明るくなるようなシーンでも、忠実な色表現を可能にし、高コントラストな美しい映像を描き出す 「ピクセル コントラスト ブースター」も新たに搭載しています。

 

ソニー独自の画面そのものから音が出る技術が大幅進化!更に高音質に!

画面そのものを振動させて高音質を創出するアクチュエーターを画面背面左右に加えて新たに中央にも搭載、さらに背面スタンドに横向きサブウーファーを左右それぞれに設置することで、音の広がりや音声の明瞭感、音の定位感から音圧にいたるまですべてが大幅に進化し、 TV1台でかつてない臨場感を実現しました。

AVアンプと直接接続できるセンタースピーカー入力端子を搭載することで、テレビ画面がセンタースピーカーの役割を果たす 「センタースピーカーモード」にも対応

AVアンプやスピーカーなどのサラウンドシステムを併用することで、より高音質な環境で楽しむことが出来ます。

Bluetooth送信機能も搭載しているので、お持ちのBluetooth対応ヘッドホンを使うことで、ケーブルの煩わしさから解放されて、テレビの音を快適に楽しむことが可能です。

 

動作速度も大幅改善。「Android 8.0 Oreo 」にも対応

ホーム画面が進化し動作速度のパフォーマンスを大幅に改善した「Android 8.0 Oreo 」に対応。

ネット動画アプリの起動時間は最大1/4に、電源のオンは約1/3に高速化しています。

テレビ本体にマイクが搭載されたことで、ハンズフリーで音声検索/操作を置こうなうことが可能に(従来のブラビアではリモコンに搭載)。

Google アシスタントも搭載しているので、スマートスピーカーのように「OK Google, テレビの電源をつけて」のように、ソニーの機器や他社の対応機器の操作を行うことが出来ます。

後日アップデートで、Amazon EchoなどのAmazon Alexa搭載デバイスに話しかけることで、ブラビアのボリュームコントロールや電源のオン/オフなどの操作も可能になります。

 

その他の機能詳細については、 こちらの公式ページ にてご確認下さい。


さすがは自ら「マスターシリーズ」と銘打っただけのことはあって、画質も音質も使い勝手も大きく進化してきました。

画質面では、8K映像にも対応できるという『 X1 Ultimate』を搭載したことでテレビ番組だけでなくネット動画などあらゆるコンテンツを、限りなく美しい映像で表現することが可能に。

音質面では、画面そのものを振動させて音を出す「アコースティック サーフェース」が大幅進化で更に高音質に!

「センタースピーカーモード」の搭載も、AVアンプなどをお持ちの方には、嬉しいポイントといえそうですよね!

使い勝手の面においても、起動時間の大幅向上だけでなく、またマイクを本体に内蔵したことで、よりスマートスピーカーちっくに音声アシスタント機能を使えるようになりました。

テレビには当然ディスプレイがあるわけですから、スマートスピーカーとは少し違った使い方の提案も、今後あるかもしれませんね!

初代有機ELブラビアを持っている私としては、非常に複雑な気持ちになりますが、ソニーフラグシップモデルとしては、これくらいはして貰わないと困ります^^;

とにかく最高の画質で、映画やテレビ番組を楽しみたいという方に強くおススメ出来る機種なのではないでしょうか?

残価設定なら月々15,600円かぁ・・。
(実際にはクーポンを使うことでもう少しお安く購入頂くことも可能)


究極に迫る高画質と、画面そのものから生まれるサラウンド かつてない臨場感を実現した4K有機ELフラッグシップモデル


 【ソニーストア】4K有機ELテレビ『A9Fシリーズ』のご案内はこちらからどうぞ


ソニーショップ店員による体験レビューが盛りだくさん!
ソニーのことらなら「さとうち」におまかせ!!


  ⇒大阪都島区にある「ソニーショップさとうち」のホームページはこちら!



nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント