So-net無料ブログ作成

新開発プロセッサー「QN1」で音質とノイキャン性能が飛躍的に向上した、ワイヤレスノイキャンヘッドホン『WH-1000XM3』! [ヘッドホン・スピーカー・ホームシアター関連]

新開発の「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1」を搭載したことで、業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現したBluetooth対応ワイヤレスヘッドホン『WH-1000XM3』がソニーより発表されました。

発売日は10月6日(土) ソニーストアでは既に先行予約販売を開始 しております。


ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット『WH-1000XM3』

ソニーストア販売価格: 39,880円+税
⇒  商品詳細はこちら

ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット『WH-1000XM3』 の主な特徴は以下の通り。

【特長 :業界最高クラスのノイズキャンセリング性能】

  • ソニー独自開発の「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」を搭載
  • ノイズキャンセリング機能をユーザーの装着状態や環境に合わせて最適化する「NCオプティマイザー」
  • ヘッドホンの外側と内側に配置した2つのセンサー(マイク)で騒音を打ち消す効果のある逆位相の音を高精度に生成する「デュアルノイズセンサーテクノロジー」

【特長 : ワイヤレスでも上質な高音質を実現】

  • 新プロセッサー「QN1」に内蔵のDACとアンプによりワイヤレスでも高品質な音を表現
  • ハイレゾコンテンツを従来のBluetooth(R) Audioの最大約3倍の情報量で伝送できる「LDAC」対応
  • MP3音源やCD音源などの圧縮音源をハイレゾ相当にアップスケーリングする「DSEE HX」

【特長 : 周囲の音を取り込みながら音楽を楽しむことができる外音取り込み機能】

  • ヘッドホンを外さず瞬時に周囲の音を聞ける「クイックアテンションモード」
  • 音楽を聴きながら、周囲の音も聞ける「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」

【特長 : 専用アプリ「Headphones Connect」に対応】

  • 音場設定を自分好みに選択できる「サラウンド(VPT)」
  • お好みの音質にカスタマイズする事ができる「イコライザ-」
  • ノイズキャンセリングや外音の取り込み方のレベルを調整できる「外音コントロール」
  • ノイズキャンセリングや外音取り込みモードを自動で切り替える「アダプティブサウンドコントロール」
  • 音楽が聞こえてくる方向を指定できる「サウンドポジションコントロール」
  • Bluetooth未接続時の自動電源オフ設定をカスタマイズ

【特長 : 高音質を実現する本体設計】

  • 可聴帯域を超える40kHzまでの高域再生が可能な40mmHDドライバーユニットを専用開発
  • 振動板材料として理想的な特性を持つLCP(液晶ポリマー)にアルミニウム薄膜をコーティング」

【特長 : 便利なBluetooth機能】

  • スマートフォンやiPhone、携帯電話でのハンズフリー通話が可能、新たに採用した複数のマイクで、騒音下においてもユーザーの声のクリアな集音を実現
  • NFC搭載のスマートフォンや、おサイフケータイ対応Android搭載スマートフォンなら、ワンタッチでBluetooth接続が可能
  • ウォークマンなどの音楽再生機器とスマートフォンなどの通話機器、それぞれ1台ずつに同時接続できるマルチポイントにも対応
  • 8台までの機器とペアリングできるマルチペアリングに対応
  • ハウジング部のタッチセンサーコントロールパネルを使ってスマートフォンなどの音楽再生機をかんたん操作

【特長 : その他の機能】

  • 最大30時間のロングバッテリーライフ
  • 10分充電で5時間の再生が可能なクイック充電
  • ハウジング部のタッチセンサーコントロールパネルを使ってスマートフォンなどの音楽再生機をかんたん操作
  • 新たに低反撥ウレタン素材を採用、側頭部への追従性が高くなり、長時間の音楽視聴でも快適な装着性を実現
  • 低反撥ウレタンフォームを立体的に縫製したイヤーパッドと、イヤーパッドが内側に倒れ込む構造を採用し、耳を包みこむような快適な装着性と高い気密性を実現
  • 可動部のガタつきを低減するサイレントジョイント
  • 付属のケースにコンパクトに収納できるため、スペースを取らずに持ち運ぶことが可能

本機最大の特徴は、新開発した「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」を搭載したことでしょう。

このチップひとつで、

・プロセッサーの処理能力が前モデル比4倍
ノイズキャンセリング効果をさらに強化
・装着状態や環境に合わせて最適化する「NCオプティマイザー」の効果を強化
ポータブル向けとして最高クラスのS/N比と低歪な特性を持つD/A変換回路内蔵
・32bitのオーディオ信号処理を行うことで 音質の向上を実現

ノイズキャンセリング効果の強化だけでなく音質の向上も実現するなど、その 効果は絶大 というわけです。

もちろん前モデルに引き続き、 高音質ワイヤレスコーデック「LDAC」や、CD音源やMP3などの圧縮音源を ハイレゾ相当の「イイ音」に変換してくれる「DSEE HX」も搭載

右側のハウジングに搭載されたタッチセンサーコントロールパネルの全面を手で触れている間、一時的に音楽の音量を絞り、周囲の音を取り込んで聞きやすくする「クイックアテンションモード」や、

「タッチセンサーコントロールパネル」搭載で、楽曲操作や音量調整などの操作が簡単にできるのもいいんですよね!

最大30時間のロングバッテリーだけでなく、 10分充電で5時間の再生が可能 なクイック充電にも対応するなど、使い勝手についても大きく進化しているのもポイントのひとつ。

装着生に関しても、イヤーパッドの素材の変更、軽量化、イヤーカップ内の構造改善ほぼ全面見直しされていて、長時間装着していても快適なヘッドホンに生まれ変わっています。

これだけ性能UPを成し遂げながら、約20gの軽量化を実現しているのはスゴイですよね!

ケースも一つのケースの中にケーブル類が全部入るように設計されていて、ヘッドホン本体との世界感を合わせるために合皮はやめて、ファブリックするなどのこだわりも!

USBケーブルも「USB Type-C」へと地味に進化していますね^^

その他機能詳細については、 こちらの公式ページにてご確認 下さい。


ソニーの持つ技術をこれでもかと詰め込んだ、全部入りヘッドホンと言っていい商品に仕上がっています^^

この価格でこの性能・・結構バーゲンプライスかと思いますがどうでしょうか。

早く実機を触って、「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」の性能とやらを体験したいですね!


ノイキャン性能の新たな到達点 研ぎ澄まされた高音質に浸る


【ソニーストア】ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット『WH-1000XM3』のご案内はこちらからどうぞ


ソニーショップ店員による体験レビューが盛りだくさん!
ソニーのことらなら「さとうち」におまかせ!!


⇒大阪都島区にある「ソニーショップさとうち」のホームページはこちら!



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント