So-net無料ブログ作成

ソニーが初めて手掛けるインイヤーモニターヘッドホン『IER-M9』『IER-M7』登場! [ヘッドホン・スピーカー・ホームシアター関連]

ステージ上でのモニタリングに最適な音質と、演奏に不要な周囲の音をカットする遮音性能、激しいパフォーマンスでもずれにくい安定した装着性を実現した、ソニーが初めて手掛ける インイヤーモニターヘッドホン『IER-M9』『IER-M7』がソニーより発表されました。

発売日は10月6日(土) ソニーストアでは既に先行予約販売を開始 しております。


ステレオヘッドホン『IER-M9』

ソニーストア販売価格: 129,880 円+税
⇒  商品詳細はこちら


ステレオヘッドホン『IER-M7』

ソニーストア販売価格: 74,880 円+税
⇒  商品詳細はこちら

ステレオヘッドホン『IER-M9』 の主な特徴は以下の通り。

【特長 :新しいマルチBAシステムを搭載】

  • 搭載する全てのBAドライバーユニットがそれぞれを補完し合うことで、求められる音質を高いレベルで実現する「マルチBAシステム」
  • 高い遮音性を実現
  • インナーハウジング素材には高剛性と高内部損失のマグネシウム合金を使用、不要な振動をおさえ音の透明度を向上
  • 自然な高音をそのまま聞くことができるオプティマイズドサウンドパス構造
  • バランスド・アーマチュア・ドライバーを5基搭載
    (フルレンジ×2+ウーファー+トゥイーター+スーパートゥイーター)
  • トゥイーターの役割を担うBAドライバーユニットの振動板に、高い内部損失を誇るマグネシウム合金を採用


【特長 : 高音質を実現する細部へのこだわり】

  • OFC(OxygenFreeCopper:無酸素銅)の表面に純銀コートを施すことで、信号伝送ロスを最小限に抑え音の劣化を少なくし、なめらかな高音域の再生を実現
  • よりクリアな音質を実現する非磁性体のメッキを施したプラグを採用
  • Φ3.5mmのステレオミニプラグに加え、Φ4.4mmバランス標準プラグを採用したヘッドホンケーブルも付属
  • Φ4.4mmのバランス標準プラグを採用し、KIMBER(R)社と協力して開発したケーブルMUC-M12SB1にも対応
  • ネットワーク回路には音質に優れるフィルムコンデンサーを採用、繊細で伸びのある高音を実現
  • タッチノイズを軽減するシルク編組採用
  • 音声信号の伝送ロスを最小限に抑える事が可能なソニー専用の高音質はんだを採用


【特長 : アーティストのステージパフォーマンスを高める高い装着性と優れた装着安定性】

  • 周囲の騒音を抑制しながら同時に音漏れも低減する、進化したノイズブロック構造
  • 装着安定性を考慮し、ハウジングには超軽量金属であるマグネシウム合金を採用
  • より簡単に素早く装着することが可能な新開発プリフォームドイヤーハンガー採用


【特長 : 充実の付属アクセサリー】

  • 合計13種類のイヤーピースを付属
  • 持ち運び時の衝撃からヘッドホンを守る専用のハードケースを付属
  • ケーブルやハンガーへの負荷を軽減しつつ収納しやすいコンパクトなサイズにまとめることができる、独自設計のシリコン製ケーブルホルダー付属

ステレオヘッドホン 『IER-M7』 の主な特徴は以下の通り。

【特長 :新しいマルチBAシステムを搭載】

  • 搭載する全てのBAドライバーユニットがそれぞれを補完し合うことで、求められる音質を高いレベルで実現する「マルチBAシステム」
  • 高い遮音性を実現
  • インナーハウジング素材には高剛性と高内部損失のマグネシウム合金を使用、不要な振動をおさえ音の透明度を向上
  • 自然な高音をそのまま聞くことができるオプティマイズドサウンドパス構造
  • バランスド・アーマチュア・ドライバーを4基搭載
    (フルレンジ×2+ウーファー+トゥイーター)
  • 音導管に真鍮(しんちゅう)を採用、伸びのあるクリアな中高音を実現


【特長 : 高音質を実現する細部へのこだわり】

  • OFC(OxygenFreeCopper:無酸素銅)の表面に純銀コートを施すことで、信号伝送ロスを最小限に抑え音の劣化を少なくし、なめらかな高音域の再生を実現
  • Φ3.5mmのステレオミニプラグに加え、Φ4.4mmバランス標準プラグを採用したヘッドホンケーブルも付属
  • Φ4.4mmのバランス標準プラグを採用し、KIMBER(R)社と協力して開発したケーブルMUC-M12SB1にも対応
  • ネットワーク回路には音質に優れるフィルムコンデンサーを採用、繊細で伸びのある高音を実現
  • 音声信号の伝送ロスを最小限に抑える事が可能なソニー専用の高音質はんだを採用
  • タッチノイズを軽減するシルク編組採用


【特長 : アーティストのステージパフォーマンスを高める高い装着性と優れた装着安定性】

  • 周囲の騒音を抑制しながら同時に音漏れも低減する、進化したノイズブロック構造
  • より簡単に素早く装着することが可能な新開発プリフォームドイヤーハンガー採用


【特長 : 充実の付属アクセサリー】

  • 合計13種類のイヤーピースを付属
  • 持ち運び時の衝撃からヘッドホンを守る専用のハードケースを付属
  • ケーブルやハンガーへの負荷を軽減しつつ収納しやすいコンパクトなサイズにまとめることができる、独自設計のシリコン製ケーブルホルダー付属

『IER-9』『IER-7』の違いは、上記太字になっているところ。

ドライバーの数や素材の違い、強度の違い、見た目と、価格差が55,000円あるだけに、その差は大きいようです。

インイヤーモニターヘッドホン『IER-9』『IER-7』は、「アーティストの表現力を最大限に高めるためのツール」と定義し作成されてヘッドホンで、

 ・アーティストの出した音がしっかりと正確に、表現した通りに返ってくること
 ・楽器間バランスをしっかりと把握できること
 ・演奏のタイミングを合わせるために、ドラムやベースなどのリズム隊が
  出した音を、ギタリスト、ボーカリストがしっかりと把握できるようにすること

の3つの要素を達成する商品として開発されています。

両機種の大きな違いにバランスド・アーマチュア・ドライバーユニット(以下、BA)の数に違いがあり、「スーパートゥイーター」を搭載する『IER-9』のほうが、音の立ち上がりのアタックがはっきりわかり、かつ“グルーヴ感”を感じられるよう、こだわりを持って開発されているそうです。

また各BAから出た音が通る経路についてもこだわりの設計となっていて、BAを直接インナーハウジングに取り付ける手法を採用することで、音導経路を広くとることができ、BAドライバーユニットの持つ自然な高音をそのまま聞くことが可能となっています。(「オプティマイズドサウンドパス」)

付属品には、通常のΦ3.5mmのステレオミニプラグに加え、Φ4.4mmバランス標準プラグを採用したヘッドホンケーブルも付属。

別途コードを用意することなくバランス接続を楽しめるのは有り難いですよね!

装着感にも大きくこだわっているのも特徴の1つ。

従来のアジャストフリーイヤーハンガーの持つ快適で安定した装着性はそのまま、より簡単に素早く装着することが可能。

自分の耳のかたちに合わせて手動でハンガーの形状を調整する必要がなく、耳に引っ掛けるだけで様々な耳の形状に柔軟に追従、簡単に装着出来るように設計されています。

その他機能詳細については、下記公式ページいてご確認下さい。

 ⇒  ステレオヘッドホン『IER-M9 公式ページはこちら
 ⇒  ステレオヘッドホン『IER-M7 公式ページはこちら


『ソニーが初めて手掛けるインイヤーモニターヘッドホン』というフレーズだけでも非常に興味深い新製品ですよね!

価格的には『IER-7』の方が手を出しやすいのですが、仕様を見比べるとやはり『IER-9』が気になります、個人的には。

後は実際に試聴してどうなのかという所かと思いますが・・・。

こちらも早く実機を触って、「モニターヘッドホン」とはどういった製品なのか、をじっくり体験したいですね!


これが、ステージ上で求められる音 原音を正確かつ豊かに描き出す高音質


 【ソニーストア】ステレオヘッドホン『IER-M9』のご案内はこちらからどうぞ


これが、ステージ上で求められる音 原音を正確かつ豊かに描き出す高音質


 【ソニーストア】ステレオヘッドホン『IER-M7』のご案内はこちらからどうぞ



 『IER-M9』『IER-M7』スペシャルインタビュー はこちらからどうぞ


ソニーショップ店員による体験レビューが盛りだくさん!
ソニーのことらなら「さとうち」におまかせ!!


⇒大阪都島区にある「ソニーショップさとうち」のホームページはこちら!



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント