So-net無料ブログ作成

【実機レビュー】『A1』ユーザーが思う新型4K有機ELブラビア『A9F』のいいなと思うところ [テレビ・プロジェクター関係]

まもなく発売される新型4K有機ELブラビア『A9Fシリーズ』。

私が購入した『A1シリーズ』の後継機種で、画質や音質以外にもいろいろ進化しているようです。

ソニーストア直営店では既に先行展示が始まっていて触ることが出来るのですが、『A1』ユーザーの私から見てちょっと羨ましいなぁと思うところがいくつかあったので、カンタンに紹介させて頂きます^^


  4K有機ELテレビ『A9Fシリーズ』

   ソニーストア販売価格: 449,880 円+税 ~
   ⇒  商品詳細はこちら


  4K有機ELテレビ『A1シリーズ』

   ソニーストア販売価格: 389,880 円+税 ~
   ⇒  商品詳細はこちら

※ ソニーストア大阪での商品のカメラ撮影は禁止されています。
 今回はストアさんのご好意で許可を頂いた上撮影しています。
 ご理解の程よろしくお願いいたします。

同じ有機ELブラビアなのかと思うほど進化した画質

次世代高画質プロセッサー「X1 Ultimate(エックスワン アルティメット)」とパネル制御技術「ピクセル コントラスト ブースター」による画質の向上はかなりのものでした。

圧倒的な漆黒を表現できる有機ELブラビアですが、『Z9Aシリーズ』では更に強化されています。

これは 次世代高画質プロセッサー「X1 Ultimate」によるノイズ処理を大幅に強化したことに起因しているようです。

今まで小さなノイズに反応して発光していた所まで制御できるようになったことで、 黒の沈みが段違いに向上しています。

ソニーの販売店用の提案会でその違いを見せて頂きましたが、今まで圧倒的と思われた黒の沈みが、白浮きしているように見えるのですからその違いは圧倒的です。

また「オブジェクト型超解像」の効果も絶大で、被写体毎に最適な超解像処理を施すことで、 映像の立体感がグッと出てきているのも確認できます。

画質にこだわる方なら、見比べればすぐに分かるレベルだと思いますので、是非実機で確認して欲しいところですね!

音質向上はもちろん、センタースピーカーとしても使用可能!

画面から音が出るという所は『A1シリーズ』と同じですが、

 ・アクチュエーターをセンターに追加
 ・サブウーファーも追加

し、「3.2ch/98W出力」したことで、音質が大きく向上しています。

左右への音のつながりがよりリアルに、低音もグッと締まった音になりました。

さらにAVアンプと直接接続できるセンタースピーカー入力端子を搭載したことで、 センタースピーカーとしても使用できるようになりました。

これが 非常に羨ましい!!

私のテレビ視聴環境では、テレビの音は普段からアンプを使ってスピーカーから音を出しているので、画面から音が出る特性が全く活かせてないんですよね。

それがセンタースピーカーとしても使用できるとなると、まるで映画館のようにセリフが画面からでてくるわけです、しかもアクチュエーターやサブウーファーを追加した事で、 より定位感のある迫力の音で映画などを楽しめるんですよね。

音質向上だけなら仕方ないと思えますが、こんな飛び道具的な機能をたった一年で搭載するなんて酷いよ、ソニーさん^^;

絶対ないですが、有料アップデートでセンタースピーカーモードを追加できるのなら、絶対お願いするレベルですよね・・『A9F』購入する方が非常に羨ましい!!

まるで別物、レスポンス大幅向上!

アップデートで随分良くなったリモコン操作時の反応ですが、内部基板の処理性能が大幅向上したことで、 サクサク動作するようになっています。

「ボリュームの変更」操作がまるで別物のような操作感に生まれ変わっています。

実機を確認される機会がありましたら、是非一度やってみて下さい、おおお!ッとなるくらい違いがありますので^^

またAndroid自体が進化し、「Android 8.0 Oreo」を搭載しています。

ホーム画面が進化し、各アプリにどんなコンテンツがあるのかがひと目で分かるビジュアル番組表のような表示になっただけでなく、レスポンス向上にも一役かっているようです。

「Netflix」や「YouTube」の起動時間も大幅に短縮されていて、待ち時間が随分減った感じですね。

『A1シリーズ』もそのうち「Android 8.0 Oreo」にアップデートされるようですが、残念ながらOSアップデートだけでな『A9Fシリーズ』のようなレスポンスにはならないとのこと。

この快適な操作感も非常に羨ましいところですね。

マイク内蔵で、リモコンを握らずとも「OK,Google」できる!

『A1シリーズ』でもその内、音声でテレビの電源を入れたり、チャンネルを変えたり、天気を調べてみたりすることが出来る「スマートスピーカー機能」を搭載するそうですが、『A9Fシリーズ』では、マイクをテレビに内蔵したことで、 ハンズフリーで行うことが出来ます。

スマートスピーカーと違って、結果を画面表示できるところも特徴の1つ。

一応リモコンにもマイクボタンはありますが、 ハンズフリーで出来るってのが、便利でわかりやすいんですよね!

ちなみに最近「OK、Google、○○探して」というTV CM がよく流れていますが、テレビにマイクを内蔵しちゃうと「このCMになる度にテレビが反応してしまうのでは?」と疑問に思いますが、そこはテレビ側で反応しないようになっているそうです。

我が家ではこのCMが流れると家じゅうのスピーカーが反応して、非常に困ったことになるんですけどね^^;

HDMI入力端子が側面に!

『A1シリーズ』で最も使いにくいと思ったのが、入力端子の位置、側面にHDMI端子が1つもなく、USB端子が1つだけな事。

HDMI端子が側面にないと、以外と不便なんですよね。

『A9Fシリーズ』ではしっかり側面にHDMI端子が1つあります。

反対側にはUSB端子もありますので、使い勝手は随分良くなっていますね、小さな事ですが、こういう細かい気配り大事ですよね!

ただ『A8Fシリーズ』ではUSB端子も2つあったので、更に使い勝手がいいんですけどね^^;


ムムム、これは予想以上に違いがありますね。

画質・音質の向上はまぁ仕方ないにしても、センタースピーカーモードやマイク内蔵、レスポンスの大幅向上など、『A1』ユーザーがあれば嬉しい、改善して欲しい所をしっかり取り込んできているのが素晴らしいですね!

下位モデル『A8Fシリーズ』との価格差は10万円ですが、 この性能差を考えると 『A9Fシリーズ』を購入しないと絶対に損 、私はそう思いました。
(『A1シリーズ』を購入した私の立場は少し微妙ですが)

以上、「『A1』ユーザーが思う新型4K有機ELブラビア『A9F』のいいなと思うところ」のご紹介でした^^


究極に迫る高画質と、画面そのものから生まれるサラウンド かつてない臨場感を実現した4K有機ELフラッグシップモデル


 【ソニーストア】4K有機ELテレビ『A9Fシリーズ』のご案内はこちらからどうぞ


漆黒の美しさと、画面そのものから生まれる高音質 空間に調和するスリムなデザインの4K有機ELテレビ


 【ソニーストア】4K有機ELテレビ ブラビア『A8Fシリーズ』のご案内はこちらからどうぞ


ソニーショップ店員による体験レビューが盛りだくさん!
ソニーのことらなら「さとうち」におまかせ!!


 ⇒大阪都島区にある「ソニーショップさとうち」のホームページはこちら!



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント