So-net無料ブログ作成

変幻自在!ディスプレイが回転するDellの「XPS 13 2-in-1」を使ってみた。#デルアンバサダー [VAIO・PC・タブレット関連]

昨年GWにDELLのデスクトップを購入した縁で加入した、「デル アンバサダープログラム」。

デルの最新情報をいち早く案内してくれるだけでなく、最新パソコンの体験モニターや限定イベントへの招待など、入っていると何かいいことのあるプログラム。

今回運よく、13インチ2-in-1ノートパソコン「XPS 13 2-in-1」のモニター体験に当選しましたので、しばらく使ってみた感想をレビューしたいと思います。

モニター機のスペックは以下の通り。

モニター機のスペック
モデル名XPS 13 2-in-1
プロセッサー第7世代 インテルCore i7-7Y75 プロセッサー
OSWindows 10 Home 64ビット 日本語
メモリー16GB LPDDR3 1866MHz
ストレージ512GB PCIe ソリッドステートドライブ
グラフィックスインテル HD グラフィックス 615
ディスプレイ13.3インチ QHD+ (3200 x 1800) InfinityEdge タッチ ディスプレイ
サイズ高さ:8~13.7mm 幅:304mm 奥行き:199mm
重量約1.24kg
カラーシルバー

CPUこそ第7世代の超低電圧タイプ「Yシリーズ」となっていますが、他のスペックははかなり高いモデル。

ゴリゴリ動画編集や写真現像をされる方には少し不向きなパソコンですが、それ以外の作業なら何の問題もないスペックといえます。

最大で15時間連続使用が可能な長時間接続バッテリーが搭載されているので、使用用途によっては、よりパワフルな「XPSシリーズ(ノートパソコン)」よりも使い勝手のいいモデルといえるのかも。

ちなみに最新モデルでは第8世代CPUが搭載されたモデルが展開されています。

使ってみて分かった、XPS 13 2-in-1 のいいところ

まずは本体のフットプリントが、通常の13インチPCと比較すると、明らかに小さいところでしょう!

何故そんなことが可能になったかというと、ベゼル幅が5.2mmと極端に狭い、デル独特の技術「フレームレスディスプレイ」を搭載したため。

この極端に狭いベゼルのお陰で、一般的な11インチノートパソコンと同等のフットプリントとなったというわけ。

実際に手持ちの13インチパソコン(今はなきソニー製パソコン『VAIO Duo 13』)と比較するとこんな感じ。

世代的にも随分違うので、比較対象としてはどうなのかという所もありますが、それでもこれだけ違います。

高さに関してもディスプレイ1枚分薄くなっている感じで、よりスマートに持ち運びすることができます。

実際にいつも持ち歩くケースに入れて通勤してみましたが、思っている以上にカバンの中がすっきりする感じで、窮屈だったケースも引っかかることなくスッと出し入れできます。

液晶サイズが同じなのになんか奇妙な感じですよね!

ディスプレイが360度回転させることが出来るのも大きな特徴の1つ。

クラムシェルPCとしてだけではなくタブレットのように使ったり、ディスプレイに接続してサブモニターとして活用したりと、シーンに合わせて様々な使い方が出来るのは魅力的ですよね。

アクディブペンを使えば繊細なグラフィック描写も可能です。

XPSシリーズといえば、洗練された外観も特徴の1つ。

高級感のある機会削り出しアルミフレームと、軽量で堅牢性の高いカーボンファイバ素材で構成されているので、見た目がかっこいいんですよね!

キーボードのキーピッチ幅も十分な大きさを確保しているので、素早いタイピングも可能、小さいパソコンにありがちなタイピングを犠牲にして小型化されている感じは微塵もありません。

ただ十字キーの位置が通常のキーボードと違うので、この点だけは少しだけ慣れが必要かも。

不満点も

使ってみてこれはちょっと・・・と思った点もいくつかありました。

まずは接続端子の少なさ。

USBはType-C端子のみで、通常サイズのUSB端子が1つもないのには困りました。

電源がThunderbolt 3対応なのは非常に素晴らしいのですが、1つでもいいので通常サイズのUSB端子もあればよかったなぁっと。

付属品で変換アダプターは同梱されているのですが、せっかく持ち運びがしやすいパソコンなのにわざわざこの手のアクセサリーが必要なのってやはり不便ですし、何よりかっこ悪くなるのが嫌、せっかくのスタイリッシュなボディが台無しです^^;

SDカードスロットがmicro用なのも個人的には×。

デジカメとの連携を考えると、ここは通常サイズのSDカードスロットを採用して欲しかったです。

後使っていると、本体が結構熱を持ちます。熱くて持てないというほどではないですが、個人的には少し不快感はあります。


以上、13インチ2-in-1ノートパソコン「XPS 13 2-in-1」のカンタンな使用レポートでした。

今回blogの更新やWeb閲覧など、通常使用の範囲で使ってみましたが、処理的には重くて使いにくいという事はなく、快適に使用することが出来ました。

何度か持ち運んで使ってもみましたが、やっぱり小さくなるってのは大きなメリットですね。普段持ち運ぶのを躊躇するような場面でも、積極的に持ち運ぶようになりますよね!

是非他のメーカーにも「フレームレスディスプレイ」を採用して、より小型にしていただけたらと思いました。

今までは圧倒的な性能も兼ね備えたパソコンを求めていましたが、実は性能そこそこで持ち運びが便利なパソコンの方が自分に合っているのがよく分かりました。

今回パソコンを無償で貸していただけるという貴重な体験をさせていただいた「デル アンバサダープログラム」に感謝ですね!

紹介させていただいた 13インチ2-in-1ノートパソコン「XPS 13 2-in-1」の詳細は、以下のバナー先よりご確認ください。

デル株式会社

デル株式会社


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント