So-net無料ブログ作成

4K動画に瞳AFに高速連写に・・・ソニーの最新技術を搭載した高倍率サイバーショット『DSC-HX99/WX800/WX700』登場! [サイバーショット関連]

世界最小のボディに24-720mmの高倍率ズームレンズを搭載し、一台で広角から超望遠までをカバーするデジタルスチルカメラ サイバーショット『DSC-HX99』、『DSC-WX800』、『DSC-WX700』の3機種が、ソニーより発表されました。

発売日は11月9日(金)で、ソニーストアでは 既に先行予約販売を開始  しています。


デジタルスチルカメラ“サイバーショット”『DSC-HX99』

 ソニーストア販売価格: 59,880円+税
  ⇒  商品詳細はこちら


デジタルスチルカメラ“サイバーショット”『DSC-WX800』

 ソニーストア販売価格: 49,880円+税
  ⇒  商品詳細はこちら


デジタルスチルカメラ“サイバーショット”『DSC-WX700』

 ソニーストア販売価格: 47,880円+税
  ⇒  商品詳細はこちら

主な特徴は以下の通り。

【特長 :コンパクトなボディに24-720mm高倍率ズームレンズ搭載】

  • 広角24mmから超望遠720mmまで幅広い領域をカバーするZEISS Vario-Sonnar (バリオ・ゾナー)T*の高倍率ズームレンズを搭載
  • 1440mmまで解像感を保ったまま被写体を拡大撮影可能な全画素超解像ズーム
  • 光学式手ブレ補正の搭載により、高倍率ズーム時に起こりやすい手ブレも高精度に検出して補正
  • 望遠時に動く被写体をフレーミングしてすばやく見つけ出せる ズームアシスト機能を搭載
  • 約0.09秒の高速オートフォーカスを実現した「ファストインテリジェントAF」搭載
  • ポートレート撮影にぴったりな 瞳AF機能搭載
  • 被写体が動いても、ピントを合わせ続けられる「ロックオンAF」を搭載
  • メカニカルシャッターで、 秒間最大10コマの高速連写を実現

【特長 :本格撮影機能を搭載】

  • コンパクトボディに、手動でポップアップできる内蔵フラッシュを搭載
  • 本格的なマニュアル撮影も楽しめる充実の撮影モード
  • よく使う機能をすぐに呼びだせるファンクションボタン
  • 撮影設定を一目で確認できる「クイックナビ」
  • 厳密なピント合わせをサポートする「MFアシスト」「ピーキング」機能
  • 撮影画像の水平出しをサポートする、電子水準器

【特長 :暗いシーンでも鮮やかに撮影】

  • 暗いシーンでも、とびきりキレイに撮れる「プレミアムおまかせオート」
  • 夜景や室内など暗いシーンでも、ひときわ美しい写真を撮影可能な裏面照射型CMOSセンサー Exmor R(エクスモア アール)搭載
  • さらなる高画質を実現する、画像処理エンジン BIONZ X(ビオンズ エックス)

【特長 :手ブレに強い高画質動画】

  • 画素加算のない全画素読み出しで、モアレやジャギーの少ない 高精細な4K動画記録に対応
  • フルハイビジョン動画の動きがさらになめらかに。1920×1080/60p動画記録に対応
  • 5軸手ブレ補正(インテリジェントアクティブモード搭載)で手ブレを大幅に低減
  • ハイビットレートの撮影が可能なXAVC S採用

【特長 :180度可動式液晶モニター&Wi-Fi・NFC機能】

  • 自分撮りも快適にできる、 180度可動式液晶モニター
  • 約92.1万ドットの3.0型「エクストラファイン液晶」
  • NFC対応なのでワンタッチで写真や動画を転送や、スマートフォンでのリモコン撮影が可能
  • スマートフォンからBluetooth経由で位置情報を取得可能

【特長 :『DSC-HX99』のみ搭載されている機能】

  • 約63.8万ドットの「OLED Tru-Finder(トゥルーファインダー)」を搭載
  • レンズ部にあるコントロールリングを操作することで、一眼カメラのようなこだわり設定が可能
  • 14段階の焦点距離をすぐに選べるステップズーム
  • 手にフィットする形状でカメラが持ちやすくなるグリップを搭載
  • ファインダーをのぞきながら簡単にフォーカス位置を移動できる タッチパッド機能搭載

【特長 :『DSC-HX99』『DSC-WX800』に搭載されている機能】

  • タッチシャッター対応の液晶モニター搭載

 

最大の特徴は、小型軽量ボディに24-720mm高倍率ズーム ツァイス バリオ・ゾナー T*レンズを搭載している事。

遙か向こうに見える被写体でも、ズームアップして大きく映し出すことが可能。広角側も24mmと、かなり広い範囲を撮影することが出来るので、旅先の1台としてはこれ以上にないほど使える機種となっています。

更に「全画素超解像ズーム」を使えば、解像感を保ったまま1440mmまでのズームアップも可能。

高性能ジャイロセンサーとアルゴリズムで高精度に加えて、画像処理エンジンBIONZ X(ビオンズ エックス)の搭載により、更に画質も向上しています。

超望遠での撮影でも手ブレもきっちり補正。

上位機種『RX10シリーズ』に搭載されていた「ズームアシスト機能」も搭載。

ズーム中にカスタムキーを押すだけで自動でズームアウト、超望遠撮影をしていると被写体も見失いがちですが、この機能を使うとすぐに再発見することが出来て、ホント便利なんです!!

他にもポートレート撮影で絶大な効果を発揮する、瞬時に瞳を検出することが可能な「瞳AF」や、

「ゆがみ」が発生することなく秒間10コマの高速連写を実現している点も見逃せません。

更に上位機種では

本体に収納可能な電子ファインダーや

様々な機能を割り当てすることが出来るコントロールリングに、ホールド感を向上させるグリップも搭載。

『DSC-HX99』『DSC-WX800』の上位2機種はタッチパネルも搭載。

タッチ操作でピントを合わせたりシャッターを切ることも可能。操作性も大幅に向上しそうですね!

より詳しい情報については、以下の公式ページにてご確認下さい。
 ⇒  サイバーショット『DSC-HX99』の商品詳細はこちらからどうぞ
 ⇒  サイバーショット『DSC-WX800』の商品詳細はこちらからどうぞ
 ⇒  サイバーショット『DSC-WX700』の商品詳細はこちらからどうぞ


センサーサイズは通常のコンパクトカメラと同等ながら、24mmから720mmまでの広範囲の撮影に対応しながらも、ソニーがαなどで培ってきた「4K動画撮影」「瞳AF」「高速連写」などにもしっかり対応、かなり使えるコンパクトカメラに進化しました。

これだけ性能が良くなると、一眼カメラの予備として持ち歩くってのもいいかもしれませんね。

なお対応メモリーカードは、通常サイズのSDカードやメモリースティックDuoではなく、「microSDカード」「メモリースティックマイクロ」となっていますので、購入の際はご注意下さい。


有機ELファインダー搭載。本格撮影機能を凝縮した24-720mmの世界最小高倍率ズームモデル


【ソニーストア】デジタルスチルカメラ“サイバーショット”『DSC-HX99』のご案内はこちらからどうぞ


世界最小・24-720mm高倍率ズーム


【ソニーストア】デジタルスチルカメラ“サイバーショット”『DSC-WX800』のご案内はこちらからどうぞ


世界最小・24-720mm高倍率ズーム


【ソニーストア】デジタルスチルカメラ“サイバーショット”『DSC-WX700』のご案内はこちらからどうぞ


一眼カメラのような写真が撮れる、ソニーのコンパクトカメラ「サイバーショット」を徹底レビュー!
興味のある方はぜひ、覗いてみて下さいね!

コンパクトも今や高画質の時代。「サイバーショット(Cyber-Shot)」徹底レビュー
⇒【サイバーショット レビュー】「実機を使って徹底解説!」はこちらからどうぞ


ソニーショップ店員による体験レビューが盛りだくさん!
ソニーのことなら「さとうち」におまかせ!!


⇒大阪都島区にある「ソニーショップさとうち」のホームページはこちら!


 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント