So-net無料ブログ作成

気がつくとポチッとな・・・私が『VAIO A12』を買った理由 [VAIO・PC・タブレット関連]

いよいよ明日、待望の新型VAIO『VAIO A12』が発売となります。


  パーソナルコンピューターVAIO A12『VJA1211』

   ソニーストア販売価格: 132,800 円+税 ~
   ⇒  商品詳細はこちら

今までにない「2 in 1」を目指して作ったVAIOということで、通常のパソコン形状としてだけでなく、画面を切り離したタブレット形状でも使い勝手を損なわないスタイルを実現した、非常に注目度の高いパソコン。

久々にきた「新型VAIO」というだけでワクワク感が抑えられないのに、ギミック満載の本体に使い勝手の良さそうな設計・・・商品ページを読めば読むほど購入意欲が急上昇!

気がつけばポチッとしていました^^;

てことで、そんな私がズキュンときた、『VAIO A12』に惹かれたポイントはどこなのかを、簡単に綴らせていただきます。

ちなみに『VAIO A12』の詳細については、こちらの 当店コンテンツ「VAIO A12 レビュー 実機を使って徹底解説!」 でご確認下さい。

ポイント1 オールラウンダーを実現した本体設計

『VAIO A12』最大の特徴は、タブレット部(ディスプレイ部分)とキーボード部が分離するデタッチャブル構造を実現しながらも、快適な使い勝手を実現しているところ。

通常タブレット部が分離するタイプの「2 in 1」パソコンでは、タブレット部に重心がかかって、ドッキングした時に安定性が悪かったり、角度調整が出来なかったりするのですが、『VAIO A12』はひと味違います。

新開発した「スタビライザーフラップ」機構を採用したことで、

今まで懸案だったノートパソコンとしての使い勝手を損なうことなく、 クラムシェル型のパソコンとして、 不自由ない使い勝手を実現 しているんです。

搭載されているキーボードは、『VAIO S13』などと同じく、

 ・集中を阻害せずにタイプできる「静寂キーボード」
 ・キートップには専用開発したUV硬化塗装を実施
 ・キーボードバックライト標準搭載
 ・ピッチ19mmを確保

などを搭載しているのも大きな特徴。

心地よいタイピングで、作業もより一層はかどる事間違いなしですね!

更に キーボード部合体時でも約1.099kg タブレットのみなら607gという、大幅な軽量化を実現。

このくらい軽けりゃ普段の持ち歩きも苦にならないってものです!

バッテリーも 約8時間駆動可能なスタミナ性能 と文句なし。

持ち歩けるパソコンを探していた私にとっては、まさにうってつけのパソコンというわけです。

ポイント2 出先でも困ることのない、充実した拡張性

軽量・薄型を求めるあまり、極端なほど入力インターフェイスが乏しいパソコンって最近多いですよね?

以前アンバサダープログラムでお借りした、DELLの「XPS 13 2 in 1」パソコンもそうでしたが、

USBはType-C端子のみで、通常サイズのUSB端子が1つもなかったり、SDカードスロットはmicroSDしか使えなかったりすると、出先で困ることが多々あったんですよね。

その点『VAIO A12』は大丈夫。

 ・HDMI端子
 ・LAN端子
 ・VGA端子
 ・USB3.0端子 × 1
 ・USB2.0端子 × 2
 ・USB Type C端子 × 1
 ・SDカードスロット

と、出先ではほぼ困ることはない 充実のインターフェイスを搭載

タブレット側に搭載されているUSB Type-C端子は更に 、さまざまな周辺機器との接続や充電などを1本のケーブルで行える最新の マルチインターフェイスを搭載

ドッキングステーションを職場に置いておけば、 普段はタブレット部だけを持ち運び、家ではキーボードに、職場ではドッキングステーションに接続することで、充実の環境で作業をすることができます。

たった600gでこの環境が構築できるなんて、なんて素晴らしいんでしょう!!

そう、私が求めていたものはこれなんです!!

ポイント3 PCなのにどこでも充電/給電!

出先で一番泣けるのは、バッテリー切れでPCが使えない時。

ACアダプターがあればマクドに行けばなんとかなるかもしれませんが、ない場合はそこでツミ、終了です。

私も何度かそういう経験がありました。

『VAIO A12』はその点においても安心の設計となっています。

USB Power Delivery対応機器からの給電/充電に加え、スマートフォン向けの 5Vモバイルバッテリーや充電器を使った、 VAIO独自の「5Vアシスト充電」も可能。

つまり、いつも持ち歩いている スマホ用のモバイルバッテリーからでも、充電・給電が可能というわけです。

「ACアダプターを持ち歩かずともどこでも充電できる」、この安心感、たまりませんよね!

ポイント4 ただただカッコイイ

これは人によっては意見の分かれるところかもしれませんが、個人的にはメチャクチャツボなデザインなんです。

特に 「あえて全てを黒に染め上げた、 ALL BLACK EDITION」がたまらなくいい です。

見ているだけでごはん3杯はいけますね^^

やはり持ち歩くパソコンですから、デザイン性は大事なんですよ、はい。


他にも

 ・ファンレス仕様
 ・タッチ操作対応のディスプレイ
 ・紙の感覚を再現したペン入力
 ・徹底した品質試験で高剛性

など、気に入っているポイントは沢山ある一方、「Core i Yプロセッサー」を搭載している事での、処理性能がどれほど影響があるのかという不安要素があるのも事実。

ま、重い作業はデスクトップでするなど、そこは運用でカバーすれば問題ないかと考えています。

ってことで、私が『VAIO A12』を購入した理由を書き綴ってみました。

いよいよ明日、私の手元に『VAIO A12』が届くわけです。これほど到着が待ち遠しいパソコンも『(ソニー時代の)VAIO Z』以来ですかね。

もう今からワクテカが止まりません!!

以下、お店の宣伝です。

大阪都島にあるソニーショップさとうちでは、今週土曜日に「VAIO A12 デビューフェア」を開催します!

当日は「10分でわかるVAIO A12」と題したプチ講座もおこないますので、お時間のある方はぜひご参加ください!

イベントの詳細については、 こちらのページにてご確認下さい。


さまざまな働き方に対応する オールラウンダーPC


 【ソニーストア】パーソナルコンピューターVAIO A12『VJA1211』のご案内はこちらからどうぞ


当店では最新のVAIO株式会社製、パーソナルコンピューター「VAIO」の実機を使用したレビュー記事を掲載しています。ソニーストアで購入可能な「カスタマイズモデル(VAIO オーナーメードモデル)」を始め、各モデルごとに用意されたケースなども徹底解説しています。
是非こちらもご確認下さい!

分かりやすく徹底解説 VAIO徹底レビュー
  ⇒【VAIOレビュー】「実機を使って徹底解説!」はこちらからどうぞ


ソニーショップ店員による体験レビューが盛りだくさん!
ソニーのことなら「さとうち」におまかせ!!


⇒大阪都島区にある「ソニーショップさとうち」のホームページはこちら!



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント