So-net無料ブログ作成

『α9』譲りの性能を受け継いだAPS-Cサイズのエントリーミラーレスカメラ『α6400(ILCE-6400)』が登場! [一眼カメラ "α" 関連]

業界を牽引するフルサイズミラーレス一眼カメラの最先端技術を小型軽量ボディに凝縮したAPS-Cサイズの有効約2420万画素CMOSイメージセンサーExmor(エクスモア)を搭載するレンズ交換式デジタル一眼カメラ『α6400』が、ソニーより発表されました。

発売日は2月22日(金)で、ソニーストアでの先行予約販売は1月22日(火) 10:00より開始されます。


 デジタル一眼カメラ α6400シリーズ『ILCE-6400』

  市場推定価格:110,000円前後 + 税 ~
  カラーバリエーション:シルバー/ブラック
   ⇒ 商品詳細はこちら

海外で先行発表された『α6400シリーズ』が、日本でも正式に発表されました。


主な特徴は以下の通り。

【特長 :フルサイズミラーレス一眼カメラの最先端技術を継承した、高速・高精度・高追従AF性能】

  • 像面位相差検出AFとコントラスト検出AFを併用するファストハイブリッドAFシステムに加え、高速処理を実現する最新のBIONZ X、フルサイズミラーレス一眼カメラの動体予測アルゴリズムを本機に最適化し搭載することにより、世界最速0.02秒のAFを実現
  • 撮像エリアの約84%をカバーする高密度425点全面位相差AFセンサーの搭載に加えて、コントラストAF枠を425点に多分割化し、広範囲・高密度に測距点を配置
  • AF-Sモード設定時のAF検出輝度範囲の下限値としてEV-2を実現
  • AIによる物体認識により即時に瞳情報を検出するリアルタイム瞳AF機能の精度・速度が向上、振り向いた瞬間、逆光で顔が暗いシーンなど、フォーカス合わせが難しい状況でも、瞬時に瞳を検出し追従
  • フォーカスモードの設定を問わず、シャッターボタンを半押しすると同時に被写体の瞳を検出することが可能
  • フォーカスする瞳を任意で「オート」「右目」「左目」から選択することが可能
  • 2019年夏に予定しているソフトウェアアップデートにより、リアルタイム瞳AFは一部の動物の瞳にも対応する予定
  • 被写体との距離、模様、輝度などの空間情報を高速に検出し、複雑な動きやスピードに緩急のある動体を高精度に認識し追尾
  • 捉えたい被写体をモニター上でタッチするだけで追尾する被写体を選択可能に
  • AF/AE追従で最高約11コマ/秒のアフタービュー方式での高速連写を実現、JPEGスタンダート約116枚の連続撮影が可能

【特長 :『α9』や『α7R III』と同じ最新世代の画像処理エンジンBIONZ Xにより、高画質性能を実現】

  • 配線の採用と高効率な回路プロセスによる高い集光効率を実現した有効約2420万画素APS-Cセンサーに加え、フルサイズミラーレス一眼カメラと同じ最新世代の画像処理システムを採用
  • ISO100~102400(静止画時拡張)を実現し、暗所や薄暗い室内での高感度撮影時にも優れた低ノイズ性能を実現
  • システム内の16ビット画像処理や14ビットRAW出力にも対応

【特長 :動画対応の高性能AFや4K HDR動画記録など、プロの映像制作に対応する多彩な動画機能】

  • 被写体の手前を何かが横切った場合にも安定したフォーカス合わせを実現
  • 背面の液晶モニター上でフォーカスしたい被写体にタッチすれば、リアルタイムトラッキングにより、スムーズかつ高精度に追従可能
  • スーパー35mmフォーマットで高解像度4K動画の本体内記録ができ、4K(QFHD:3840×2160)映像に必要な画素数の約2.4倍(6K相当)の豊富な情報量を活用して4K映像を出力
  • 常用ISO感度は最高32000まで対応。暗所や薄暗い場所での高感度撮影時にもノイズを抑制し、高画質撮影が可能
  • 4K HDR対応のピクチャープロファイルとして、インスタントHDRワークフローを実現するHLG(Hybrid Log-Gamma)方式による4K HDR撮影に対応
  • 4K動画と低解像度Proxy動画の同時記録対応、最大5倍までのスローモーションと最大60倍までのクイックモーション撮影可能なスロー&クイックモーション、4K動画からの静止画ファイル切り出し保存機能などを搭載
  • モバイルアプリケーション「Imaging Edge Mobile(イメージングエッジモバイル)」を使用すると、4Kを含む高ビットレート動画をモバイル機器に転送することが可能に
  • インターバル撮影対応で、タイムラプス動画を作成可能に

【特長 :タッチパネルに対応した180度チルト可動式液晶モニターで、自由度の高い撮影をサポート】

  • 上下方向への可動に加え、180度反転するチルト可動式のモニターを搭載
  • 被写体にタッチするだけで直感的にフォーカスを合わせるタッチフォーカスを搭載
  • ファインダーを覗きながらでも、モニターをタッチパッドのように指でなぞるタッチパッド機能搭載
  • モニターをタッチすることで即時にフォーカスを合わせ、そのままシャッターを切れるタッチシャッター機能を搭載

【特長 :直観的で撮影の自由度を高める操作性と高い信頼性を堅牢な小型軽量ボディに凝縮】

  • 最大89種類のオプションから好みの機能を選択し、8個のボタンにアサイン可能
  • 高コントラスト・高解像度を実現する約236万画素のビューファインダー、XGA OLED Tru-Finderを搭載
  • 小型軽量約403gのボディには、堅牢性と軽量化を実現するマグネシウム合金ボディ(トップカバー、フロントカバー)と防塵・防滴に配慮したボディ設計、高剛性マウント構造を採用
  • 約20万回のレリーズ耐久性を実現した低振動・高耐久シャッターを採用
  • 撮影した静止画に5段階で設定できるレーティング機能、再生時の一覧性が向上する連写グループ表示に対応

『α9』譲りのAF性能に進化した瞳AF、タイムラプス機能を可能にするインターバル撮影機能など、これでもかというくらいの進化具合。

ホームページがまだ完成していませんので、より詳しい情報が出次第、改めてご紹介したいと思います。

それにしても、これだけの機能を搭載してこの価格は安い・・・と思うのは私だけ??

更に嬉しいことに、ソニーとしてはめずらしく先行予約販売開始後から、いきなりキャッシュバックキャンペーンが開始となります。

まだ正式な本体価格は表記されていませんが、参考価格では、

 ・『α6400』 ボディ ILCE-6400  110,000円前後
 ・『α6400』 パワーズームレンズキット ILCE-6400L  120,000円前後
 ・『α6400』 ダブルズームレンズキット ILCE-6400Y  140,000円前後
 ・『α6400』 高倍率ズームレンズキット ILCE-6400M  150,000円前後

と表記されています。

そこからキャッシュバックされることを考えると、これはかなりオトク感高いですよね!

既にαを使われている方は、ボディーのみの購入を検討される方もいらっしゃるかと思いますが、評判のいい高倍率ズームレンズ『SEL18135』が+40,000円、更にキャッシュバックが5,000円増量すること考えると、こちらを選択された方がおトクなような気がします。


 ズームレンズ(E 18-135mm F3.5-5.6 OSS)『SEL18135』

  ソニーストア販売価格:64,630 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

何せレンズ単体で購入すると65,000円(税別)ですから、約半額で購入出来る計算になりますからね^^

ソニーストアでは18日(金)より先行展示を開始、22日(火)10時より先行予約販売を開始します。

オーダーを検討されている方は、手帳に印を入れておきましょう!


世界最速0.02秒の高速AFを実現し、高速・高精度な「リアルタイム瞳AF」「リアルタイムトラッキング」機能搭載の小型・軽量一眼カメラ


 【ソニーストア】デジタル一眼カメラ α6400シリーズ『ILCE-6400』のご案内はこちらからどうぞ



ソニーのカメラ「αシリーズ」のレビューを当店のホームページでは公開中です!
興味のある方はぜひ、覗いてみて下さいね!

当店ではソニーのデジタル一眼カメラ 「α」 の実機を使用したレビュー記事を掲載しています。Eマウントを始め、Aマウントのカメラボディ、それぞれに使用出来るレンズ、ソニー純正アクセサリーなども紹介しています!
 ⇒【αレビュー】「実機を使って徹底解説!」はこちらからどうぞ


ソニーショップ店員による体験レビューが盛りだくさん!
ソニーのことなら「さとうち」におまかせ!!


⇒大阪都島区にある「ソニーショップさとうち」のホームページはこちら!



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント