So-net無料ブログ作成

『α9/α7R III/α7 III』が動物への瞳AF、タイムラプスなど様々な機能を実装する神アップデートを予告! [一眼カメラ "α" 関連]

フルサイズミラーレス一眼カメラ『α9』の大幅なソフトウェアアップグレードと『α7 III』『α7R III』のアップデートなどが発表されました。

以前発表されて話題になった、動物に対しての瞳AFの実装も正式に発表されましたよ!

アップデート内容は以下の通り。

【『α9』ソフトウェアアップグレードの主な特長】

  • 新開発リアルタイムトラッキングの搭載など、被写体を瞬時に捉えるAF性能が進化
     ⇒ 狙った被写体を自動検出・追尾し続ける、新開発リアルタイムトラッキング搭載
     ⇒ 被写体が人物などでは、AIにより瞳の位置情報を並行してリアルタイムに認識
     ⇒ 狙ったタイミングで追尾を開始できる「押す間トラッキング」
     ⇒ タッチトラッキングでモニター上をタッチして追尾する被写体を選択可能
     ⇒ AF-C時もリアルタイムに被写体の瞳を検出し続け、高精度に追従
     ⇒ フォーカスする瞳を「オート」「右目」「左目」から任意で選択可能
     ⇒ 「右目/左目切替機能」で左右を切り替える設定も可能
     ⇒ リアルタイム瞳AFは一部の動物にも対応予定(Ver.6.0)
     ⇒ AF-Cかつ連写時にオートフォーカスが可能な絞り値をF11からF16に拡大
     ⇒ 動画撮影時、位相差検出システムをより効果的に活用、AFの精度・速度が向上
     ⇒ 被写体にタッチするだけで直感的にフォーカスを合わせるタッチフォーカス
     ⇒ 指でなぞることでスムーズにフォーカスの位置を変更できるタッチパッド機能
  • 階調表現の向上とホワイトバランスの安定性強化による画質の向上
     ⇒ オートホワイトバランスの正確性・安定性が向上
     ⇒ カメラ内のJPEG生成アルゴリズムを最適化し、より滑らかな階調表現を実現
  • 確実な記録と迅速な管理をサポートする機能群を強化
     ⇒ ダイヤルや背面ホイールの柔軟なカスタマイズに対応する「マイダイヤル」機能
     ⇒ メモリーカードの記録先を自動で切り替えるリレー記録
     ⇒ デュアルスロット記録メニューの静止画振り分け記録設定の選択方法を詳細化
     ⇒ 撮影した静止画に5段階で設定できるレーティング機能を追加
     ⇒ 再生時の一覧性が向上する連写グループ表示を追加
     ⇒ 再生画面上で迅速に誤消去を防止できるようプロテクト機能を強化
     ⇒ インターバル撮影機能に対応(Ver.6.0)
  • スポーツや報道の撮影現場において、転送や納品のプロのワークフローをサポートする機能群を強化
     ⇒ FTPバックグラウンド転送を使用したモバイル機器への画像転送
     ⇒ 画像の転送後にモバイル機器上でIPTCメタデータを付与可能

【『α7R III』、『α7 III』ソフトウェアアップグレードの主な特長】

  • リアルタイム瞳AFの進化
     ⇒ AIを活用した新技術により、リアルタイム瞳AF機能がさらに進化
     ⇒ AF-C時もリアルタイムに被写体の瞳を検出し続け、高精度に追従
     ⇒ 一部の動物にも対応予定、野生動物やペットの瞳も高速・高精度に追従可能
  • インターバル撮影機能に対応し、タイムラプス用の画像撮影をカメラだけで撮影可能に

【ソフトウェアソリューション「Imaging Edge」の進化点】

  • 静止画納品ワークフローを高速化するプロ向けモバイルアプリケーション「Transfer & Tagging add-on」を追加
     ⇒ 静止画の全画像または選択した画像を撮影中でもモバイル機器に転送可能
     ⇒ 転送した画像に音声やショートカットを用いてタグやキャプションを入力可能
  • モバイルアプリケーション「Imaging Edge Mobile」を追加
     ⇒ 撮影しながら静止画をモバイル機器に転送する自動バックグラウンド転送機能
     ⇒ 4K動画の転送に対応
     ⇒ 映像をモバイル機器で確認しながら撮影できるリモートコントロール機能
     ⇒ 撮影画像への位置情報付与
  • PCアプリケーション「Remote」「Viewer」「Edit」をアップデート
     ⇒ インターバル撮影した静止画からのタイムラプス動画生成に対応
     ⇒ 連続撮影時に前の画像を半透明化するオーバーレイ機能
     ⇒ 二つの画像の比較表示
     ⇒ 画像の入れ替えや表示位置の同期
     ⇒ 操作性が向上する新ユーザーインターフェイスを採用


『α9』のアップデート内容がすさまじいですね。『α7 IIIシリーズ』も、AF性能が向上、さらに動物対応の瞳AFもしっかり搭載してきた点は、個人的にもうれしすぎるサプライズです。

ちなみに各アップデートの実施日は以下の通り。

・『α9』ボディのソフトウェアアップデート(Ver.5.0) 3月頃予定
・『α9』ボディのソフトウェアアップデート(Ver.6.0) 夏頃予定
・『α7R III』、『α7 III』ボディのソフトウェアアップデート(Ver.3.0) 4月頃予定
・モバイルアプリケーション「Imaging Edge Mobile」(Ver.7.0) 3月頃予定
・モバイルアプリケーション「Transfer & Tagging add-on」(Ver.1.0) 3月頃予定
・PCアプリケーション 「Remote」「Viewer」「Edit」アップデート(Ver.1.4) 1月末予定

新型カメラ『α6400』の性能と価格にも驚かされましたが、こちらのアップデートのお知らせのほうが響いた・・そんな方も結構おられるのではないでしょうか^^

私の所有する『α7III』のアップデートは4月・・GWはタイムラプスや新しいAFを存分に楽しめるわけですね!今から楽しみです!!


ソニーのカメラ「αシリーズ」のレビューを当店のホームページでは公開中です!
興味のある方はぜひ、覗いてみて下さいね!

当店ではソニーのデジタル一眼カメラ 「α」 の実機を使用したレビュー記事を掲載しています。Eマウントを始め、Aマウントのカメラボディ、それぞれに使用出来るレンズ、ソニー純正アクセサリーなども紹介しています!
 ⇒【αレビュー】「実機を使って徹底解説!」はこちらからどうぞ


ソニーショップ店員による体験レビューが盛りだくさん!
ソニーのことなら「さとうち」におまかせ!!


⇒大阪都島区にある「ソニーショップさとうち」のホームページはこちら!



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント