So-net無料ブログ作成

ソニーの Android TV 対応ブラビアに「Android OS 8.0 Oreo」バージョンアップの配信がスタート! [アップデート情報]

2018年度に実施するとされていた、Android TVの「Android OS 8.0 Oreo」へのバージョンアップですが、先程ソニー公式ページにて配信開始の告知があり、アップデート可能となっています。

アップデート対応の4Kブラビアは以下のとおり。

2018年モデル:A8F/X9000F/X8500F/X7500F シリーズ
2017年モデル:A1/X9500E/X9000E/X8500E/X8000E シリーズ
2016年モデル:Z9D/X8300D/X7000D シリーズ

2018年モデルだけでなく、2017年モデルに一部の2016年モデルも対応しています。

我が家の『KJ-55A1』も対応モデルに入っていてホッとしました^^

アップデート自体は昨日から開始になっていますが、まだ「放送波」を使ったダウンロード」には対応しておらず(「放送ダウンロード」は2月18日より順次開始)、また「ネットワーク」からのアップデートも、全てがいきなりアップデートできるわけではなく、順次アップデートが可能になるようです。

実際店頭にある『KJ-49X8500F』は、まだアップデートは来ていませんでした。

恐らく数日待っていれば自然にアップデートが開始されるかと思いますが、「いち早くアップデートしたい」という方は、「USBメモリー」からのアップデートで対応することが出来ます。

手順ですが、まずこちらのアップデートページから、PCにアップデートプログラムをダウンロードし、それを解凍後USBに転送、USBをテレビに接続しアップデートします。
 ⇒ 詳細な手順はこちらでご確認いただけます。

アップデート自体は20分ほどかかります。

アップデート完了。

新機能について簡単に説明してくれます。

より詳細に知りたい方は、こちらのページを一読していただければと思います。

新しいホーム画面。

以前のバージョンと比べると随分見やすいホーム画面になりました。

邪魔な項目も簡単に非表示にできるのがいいですね。

既に上位モデル『A9F/Z9F』には「Android OS 8.0 Oreo」が実装されていて、サクサク動作で「Android TV」を楽しめることが出来るのですが、今回のアップデート(OSのアップデートだけ)では、さすがにあのレベルのレスポンスに到達することは出来ませんでした。

やはり少し引っかかる場面がありますが、今までに比べると随分マシになったような気がします。

以上、Android TVの「Android OS 8.0 Oreo」へのバージョンアップのご案内でした。

家に帰り次第、我が家の『KJ-55A1』もアップデートしようっと♪



 Android TVの「Android OS 8.0 Oreo」へのバージョンアップのご案内はこちらからどうぞ


究極に迫る高画質と、画面そのものから生まれるサラウンド かつてない臨場感を実現した4K有機ELフラッグシップモデル


 【ソニーストア】4K有機ELテレビ『A9Fシリーズ』のご案内はこちらからどうぞ


いつも見ている映像が、明るく高コントラストな4K画質に 倍速駆動パネル搭載の高画質4K液晶テレビ


 【ソニーストア】4K液晶テレビ ブラビア『X8500Fシリーズ』のご案内はこちらからどうぞ


一瞬で引き込まれる、漆黒の美と、そのたたずまいから生まれる音 ソニー発、4K有機ELテレビ


 【ソニーストア】4K有機ELテレビ『A1シリーズ』のご案内はこちらからどうぞ


ソニーショップ店員による体験レビューが盛りだくさん!
ソニーのことなら「さとうち」におまかせ!!


⇒大阪都島区にある「ソニーショップさとうち」のホームページはこちら!



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント