So-net無料ブログ作成

サイバーショット『RX0 II(DSC-RX0M2)』と一緒に購入したいアクセサリー達 [サイバーショット関連]

堅牢性と防水性を小型ボディに凝縮し、更なる進化を果たした『RX0 II』。


 デジタルスチルカメラ RX0 II 『DSC-RX0M2』

  ソニーストア販売価格:84,880 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

アクションカム的な使い方が可能なのも特徴のひとつで、そうなってくると重要なのは、その時撮影をサポートしてくれるアクセサリーにどんなものが用意されているかということ。

そこで今回は、『RX0 II』に使えるアクセサリーを紹介していきたいと思います。

必ずセットで購入しておきたい、バッテリー関連アクセサリー


 アクセサリーキット『ACC-TRDCJ』

  ソニーストア販売価格:4,880 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

  • NP-BJ1専用のバッテリーチャージャーとバッテリーのキット
  • 約120分で満充電可能

 ※ USBケーブルは同梱していません

 リチャージャブルバッテリー『NP-BJ1』

  ソニーストア販売価格:3,750 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

  • 持ち運びに便利な薄型設計
  • 満充電で約60分の連続動画撮影と約240枚の静止画撮影が可能

『RX0 II』はボディが小さいのと同時に、バッテリーのサイズも大幅に小さく、容量も少なくなっています。

 静止画撮影時:約240枚
 実動画撮影時間:約35分

静止画撮影では約240枚と非常に心許ない数値ですよね。

USB充電・USB給電にも対応しているので、モバイルバッテリーを使用するという手もありますが、やはり追加でバッテリーは用意しておきたいところ。

追加で購入するならバッテリーチャージャーの付いている、アクセサリーキット『ACC-TRDCJ』を購入しておくべきでしょう。

価格差も1,000円くらいですしね。

充電方法はチャージャーにバッテリーをセットして、マイクロUSBケーブル(アクセサリーキットには同梱されていません)に接続するだけ、非常に簡単。
(コンセントに接続するタイプではないのでご注意ください)

充電時間は、1.5A給電対応USB ACアダプター使用時で約120分。

本体に接続して充電する場合は約135分かかるそうなので、少しですがチャージャーを使うほうが早いみたいです。

ちなみに持ち運ぶときはバッテリーケースにもなってくれる優れものでした。

グリップスタイルで長時間撮影も快適なリモコン機能付き三脚グリップ


 三脚機能付きシューティンググリップ『VCT-SGR1』

  ソニーストア販売価格:9,630 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

  • RX0、RX100シリーズと一体感のあるデザインと軽さ
  • 日常使いから旅行まで幅広いシーンで気軽に持ち運べるデザイン
  • グリップ、自撮り、三脚など、撮影者のさまざまな意図に合わせてスタイルを変えることが可能
  • 上方向に70度、下方向に100度まで角度を調整可能
  • 直感的で使いやすいカメラ操作
  • 右利き、左利きどちらでも使いやすいデザイン
  • シャッター、録画開始/停止、ズームボタンを装備

  大きさ:[グリップ]約 幅36.1×高さ108.3×奥行30.0mm
      [三脚]約 幅105.7×高さ82.5×奥行92.2mm
  質量:91g
  インターフェース:マルチUSB端子
  最大負荷:1kg
  付属品:ケーブルクランパー、ハンドストラップ、ポーチ
  対応機種RX0シリーズ/RX100シリーズ(一部除く)/HX90V/HX60V/WX500

グリップスタイル・自撮りスタイル・三脚スタイルと様々な方法での撮影に対応。

ズームボタンやシャッターボタンに録画ボタンも配置、使い勝手も非常に良さそうですよね。

ボタンの少ない『RX0 II』では、特にズームボタンがあるのがデカイ!これがあるだけで一気に操作性が良くなります。

一緒に買う価値大なアクセサリーと言えますね!

1回のレリーズ操作でメイン・サブ同時撮影出来るレリーズケーブル


 レリーズケーブル『VMC-MM2』

  ソニーストア販売価格:4,880 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

  • メインカメラとサブカメラ(RX0 II)のレリーズ操作を同時に行うことが可能、異なる画角・被写界深度・フレームレートの静止画や動画を、1人で同時に操作するデュアルカメラ撮影でのワークフローをサポート
  • メインカメラのシャッターボタンを押すだけで、メインカメラとサブカメラの静止画撮影や動画録画開始/停止の操作を2台同時に行うことが可能
  • カール形状の採用により、コンパクトで使いやすいケーブル形状
  • メインカメラのファインダーをのぞく際に邪魔にならないよう、サブカメラ接続用のマルチ/マイクロUSB端子の角度を最適化

  長さ:約220mm - 約500mm
  質量:約25g
  端子形状:マルチ端子 - マルチ端子

メインカメラのシャッターをリルだけで、メインカメラ・RX0 II 同時に静止画や動画を撮影することが出来るレリーズケーブル。

運動会なんかでメインカメラに望遠レンズで望遠撮影、RX0 II で24mm広角撮影なんて事が簡単にできますね!

カメラの向きを撮影者に向けて、動画同時撮影なんてのも面白そう。

アイデア次第で様々な撮影を可能にするアクセサリーです。

フィルターが装着可能なアクセサリー


 フィルターアダプターキット『VFA-305R1』

  ソニーストア販売価格:14,130 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

  • Φ30.5mmの汎用フィルターを装着できるアダプター
  • 余計な光をカットし、フレアやゴーストをおさえるフードを同梱
  • レンズを保護するMCプロテクターを同梱、フィルターが不要なシーンでも付け替えの手間が省け、持ち運びにも便利

フィルターアダプターキットを装着すれば、PLフィルターやNDフィルターを装着しての撮影が可能になります。

レンズを保護する「MCプロテクター」は標準で付属。

但し、フィルターキットを装着した際は、本体の防水性能はなくなり、水中非対応となります。

なかなかな価格のスペアレンズプロテクター


 スペアレンズプロテクター『VF-SPR1』

  ソニーストア販売価格:9,630 円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

  • 破損などに備えるための交換用のレンズプロテクター
  • DSC-RX0に付属のレンズプロテクターと同等品

こちらは本体に同梱されているプロテクターと同じものとなっています。

長時間撮影するなら持っておきたい、USBポータブル電源


 モバイルバッテリー『CP-VC10A』

  ソニーストア販売価格:10,880 円+税
    商品詳細はこちら

  • USB Type-Cポート搭載で入出力最大3.0Aに対応
  • USBスタンダードAの出力を搭載し、今までのUSB機器への充電も可能
  • 内蔵電池容量10,000mAhでスマートフォンに約4回充電が可能
  • 長く使える安全設計「Safe Charge(セーフチャージ)」搭載
  • 機器への給電完了後、自動的に本体への充電が可能な「チャージスルー機能」搭載
  • USBケーブル接続時、無負荷を検知して自動に停止
  • 出荷時は約50%に充電済みなので、すぐに使用可能
  • 放電特性が安定、フル充電した1年後でも電池残量がフル充電の約80%を維持
  • 電池の残量目安を4灯LEDで見やすく表示
  • USB Type-C 急速充電最大3.0Aに対応したUSBケーブルを同梱

『RX0 II』はUSB給電にも対応しているので、内蔵バッテリーだけの電力では撮影しきれない場合や予備用電源として、USBポータブル電源を一緒に持ち歩くのがおススメ。

今回紹介した製品以外にも、ソニーストアでは 3,400mAhの軽量タイプのモバイルバッテリーなど多数の製品を展開しています。

ご自身の使用環境にあった最適なバッテリーを選んでくださいね。
 ⇒ ソニーストア USBポータブル電源のラインナップはこちら

高画質4K動画撮影時に必須のmicroSDXCカード


 microSDXC/microSDHC UHS-I メモリーカード「SR-UX2Bシリーズ」

  ソニーストア販売価格:7,880円+税 ~
   ⇒ 商品詳細はこちら

4K動画やスローモーション動画撮影時に「XAVC S記録」をする場合は、Class10以上のSDXC/microSDXCメモリーカードが必要で、更に4K 100Mbps記録時にはUHS-I(U3)のSDXC/microSDXCメモリーカードが必要。

なので最高画質で4K映像を撮影されたい方は、U3対応の「SR-UX2Bシリーズ」を購入する必要があります。

補償の問題はありますが、Amazonならもう少し安い価格で購入することも可能。4K 100Mbpsで録画するなら、64GBは欲しいところですね。

水中のお供に最適なシューティンググリップ


 シューティンググリップ『VCT-STG1』

  ソニーストア販売価格:5,380円+税
   ⇒ 商品詳細はこちら

  • 手持ちとして、ミニ三脚として。幅広い用途で活躍できる2wayスタイルに対応

VCT-STG1_0002

VCT-STG1_0008

アクションカムのアクセサリーで商品的には、上で紹介した三脚機能付きシューティンググリップ『VCT-SGR1』と似ていますが、こちらはメカ的な要素がないので、そのまま水につけても使えるというのが利点。

水中撮影のお供に重宝しそうですよね。


いかがでしたか?個人的におススメのアクセサリー紹介でした。

注意すべき点として、本体の太さが若干増したことで『RX0』では使えるのに『RX0 II』では使えない、

 ・ハウジング『MPK-HSR1』
 ・ケージ『VCT-CGR1』

上記のようなアクセサリーがあるという事。

また何故か液晶保護シートがないのも気になります。

こちらはAmazonなどから他社製のものを用意する必要がありそうですね。

 ↑↑↑ これがよさそうかな? ↑↑↑

個人的には純正のスタビライザーなんて出るとめちゃくちゃハッピーなのですが、こちらはちょっと望み薄かな^^;


小型堅牢ボディに高画質性能を凝縮。写真・動画をさまざまなフィールドで


 【ソニーストア】デジタルスチルカメラ RX0 II 『DSC-RX0M2』のご案内はこちらからどうぞ


新バッテリー『NP-BJ1』専用のバッテリーチャージャーとバッテリーのキット


 【ソニーストア】アクセサリーキット『ACC-TRDCJ』のご案内はこちらからどうぞ


マルチ端子ケーブル搭載。グリップスタイルで長時間撮影も快適なリモコン機能付き三脚グリップ


 【ソニーストア】三脚機能付きシューティンググリップ『VCT-SGR1』のご案内はこちらからどうぞ


Φ30.5mmの汎用フィルターが装着できるアダプター


 【ソニーストア】フィルターアダプターキット『VFA-305R1』のご案内はこちらからどうぞ


破損などに備えるための交換用のレンズプロテクター


 【ソニーストア】スペアレンズプロテクター『VF-SPR1』のご案内はこちらからどうぞ


手持ちにもミニ三脚にも。1台2役の便利なグリップ


 【ソニーストア】シューティンググリップ『VCT-STG1』のご案内はこちらからどうぞ


一眼カメラのような写真が撮れる、ソニーのコンパクトカメラ「サイバーショット」を徹底レビュー!
興味のある方はぜひ、覗いてみて下さいね!

コンパクトも今や高画質の時代。「サイバーショット(Cyber-Shot)」徹底レビュー
 ⇒【サイバーショット レビュー】「実機を使って徹底解説!」はこちらからどうぞ


ソニーショップ店員による体験レビューが盛りだくさん!
ソニーのことなら「さとうち」におまかせ!!


⇒大阪都島区にある「ソニーショップさとうち」のホームページはこちら!



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント